逆質問で面接合格!最終面接で有効な逆質問まとめを公開中!!

面接というとどうしてもどうしても受け身な印象を持つと思います。 聞かれた事にいかに上手く答えるか、どう答えれば良い印象を持ってもらえるか、という事に気が行ってしまいがちです。 しかもこちらから質問をする、というのはとてもハードルが高く感じますよね。 まずは逆質問で面接官に「何を」感じてもらいたいのか?について確認しておきましょう。

他の誰かではなく、この人を採用したい!と思わせるには?

良く思われたいというのは当たり前の事ですし「面接のセオリー」を一般常識の一部として押さえておかなければならないというのも事実です。 ではどうすれば面接官に「他の人ではなく、この人を採用したい」と思わせる事が出来るのでしょうか。 面接官も試験と面接での受け答えだけであなたという人がわかるとは思ってはいません。しかし「希望を持たせてくれる人であるかどうかはわかる」のです。 大勢の中であなたこそが「社員として迎えるに値するだけの希望を持たせてくれる人」である事を面接官に伝える為には「逆質問」を上手く使う必要があるのです。

新卒の方は特に注意!最終面接で逆質問をする時の注意点

新卒の方は慣れない面接に備えて逆質問を考えなければなりません。 逆質問は確かにあなたを印象付ける有効な手段ではありますが、相応しい内容とそうでない内容があります。 逆質問に相応しくない質問をしてしまうと「すべてが台無し!」という事も起こりえてしまうのです。

何でも質問すれば良いというものではない!

面接の最後の決まり文句「最後に何か質問はありませんか」「最後に一言お願いします」この言葉を聞いてからが本当の勝負と思って良いです。 しっかりと面接官の目を見て質問をしましょう。 しかし何でも聞けば良いというものではありません。 ・事前にHP等で調べればわかる事 ・退職時の申請の仕方などネガティブな事 ・経営に係る具体的なプロジェクトについての事 これらは最後にする逆質問には相応しくありません。 もちろん知っておきたい事もあると思いますが、そのタイミングは少なくとも最後の質問ではありませんし、新卒の方は特に勝手がわからず戸惑う事が多いと思います。事前のOB面談などを利用して確認をするようにしてください。

面接の前に念の為確認!基本的な質問のコツ

具体的な逆質問の話に入る前に念のために基本的な質問のコツを確認しておきましょう。 特に新卒の方は面接を受けるだけでガチガチに緊張してしまう、という事も考えられるので基本は今のうちに頭に入れてしまってくださいね。

会話が成立する逆質問をする為には?

逆質問をする事に意識が集中してしいまいがちですが、質問の仕方によっては思いもよらぬ肩透かしを食う可能性があります。 オープンクエスチョン、クローズドクエスチョンという言葉を聞いた事があると思いますが、逆質問は「オープンクエスチョン(相手が自由に答えられる質問)」でなければなりません。 クローズドクエスチョン(相手がハイ、イイエでしか答えない質問)ではせっかく勇気を出して質問しても面接官の「はい、そうです」などの答えで会話は終わってしまいます。 最後に一言いわせてもらえる逆質問のチャンスをそのようなミスでふいにしては勿体無いです。 逆質問はオープンクエスチョン!これを徹底しましょう。

最終面接の「最後に一言」では逆質問をしよう!

面接の終わりの「最後に一言お願い出来ますか?」という問いかけは無駄にしてはいけません。 しっかりとした逆質問で面接官の印象を独り占めしましょう! 特に新卒の方は、質問に受け答えするだけで精一杯!という気持ちが強いと思いますが、ここがライバルに差を付ける大事なところです。 緊張してしまって面接の中で伝えきれなかった事がある、という場合は「最後に一言」を利用して逆質問で一発逆転を狙いましょう。 実際にはどのような逆質問が効果的なのか例を交えて見てみましょう。

①長所をさらに印象付ける為の逆質問

面接と言えば「長所と短所」とすぐにイメージ出来るほどいわゆる鉄板の質問事項です。 一生懸命に考えた長所も言い方によっては周りに埋もれてしまう事もあります。そこで逆質問で保険をかけましょう。 あなたの「長所」をさらに印象付ける為に、その「長所」を使った逆質問をするのです。 例えばあなたの長所が「自分がわからない事はその都度調べて次の機会に生かす事が出来る」だとします。 その場合、逆質問で「私は、自分がわからない事はその都度調べるという性質があるのですが、先輩のみなさんは業務の中でわからない事が出て来た場合はどのようにして解決しておられるのでしょうか。」など実際の業務風景を面接官にイメージしてもらえる事を聞いてみましょう。 そうすれば面接官はそのイメージの中にあなたが居るところも自然とイメージしやすくなります。 人はイメージ出来た事に無意識に気持ちが寄っていくものです。 あなた自身も自分がそのイメージの中に入っている事を前提に逆質問を考えましょう。

②熱意を伝える為の逆質問

熱意ややる気というのは、いざ相手に伝えようとすると案外難しいものです。「がんばります」「努力します」など月並みな言葉で表現する事が多いのではないでしょうか。 しかし「逆質問」を使えば言葉以上の熱意を伝える事も出来ます。 例えば「私は○○という部署に大変興味があるのですが、○○という部署では主にどのような業務が目の前の達成目標とされているのでしょうか。」など案に「自分は配属されたらまずは何に注力する事になるのか」という事を聞いてみましょう。 ここでのコツは”何をすれば良いのか”ではなく”何に注力する事になるのか”と考えておく事です。”何をすれば良いのか”と頭の中で考えているとつい言葉に出てしまって積極性を疑われかねません。 加えて面接官の回答の後に「ありがとうございました、では入社に備えて○○の勉強をしておきます。」などただ聞いただけでは無く次のアクションの予告まで出来れば尚良いです。 これが出来れば言葉で1000回「頑張ります!」と言うよりよほど相手に伝わります。 熱意ややる気は具体的な言葉で伝えましょう。

③どこでも良かったのでは無く、御社でなければならないという事を伝える為の逆質問

あなたは「他の人ではなく、あなたが良かった」と言って採用されたいと思いますが、それは企業側も同じです。 「どこの企業でも良かったのではなく、この会社を選んで来てくれた」と思いたいのです。 そんな時は「御社でなくてはならないと強く思っている」という事を伝える逆質問をしてみましょう。 例えば「御社のHPを隅々まで拝見しました。その中でも私は特に経営理念の○○という部分に強く共感をいたしました。私も社会人として就業する上で○○は非常に大切にしたいと常々考えております。そこでお伺いをしたいのですが○○という理念は実際の現場ではどのように生かされているのでしょうか。」など、予めしっかりと調べている事やその内容がただの飾りではなく実際の業務に生かされている事を想定して話をしているという事を伝えましょう。 面接官は事前勉強をしただけでなく、そこから現場へイメージを飛ばす事が出来ているあなたに新鮮さと将来の可能性を感じてくれるはずです。

最終面接の逆質問でその企業の実態を知る

実際に入社をしてみると、想像や聞いていた話しと違った・・という落胆は避けたいですよね。 面接では逆質問を使ってその企業の実態を知る、ということも意識をしましょう。質問の仕方や内容によってその企業の本質を垣間見ることは十分に可能なんです。

見極められているのはこちらだけではない

逆質問はもちろん「採用されたい」と思っているからこそします。しかしその事ばかりに気を取られるのではなく、逆質問をした時の面接官の反応や答えにも注目しましょう。 回答が曖昧だったり、少しでも面倒な様子が見えたら要注意です。 新卒の方にとっては最初の就職活動で「何とかして決めたい!」という思いから大事な部分が見えなくなっている事があります。 もちろん「採用してもらう」のですが、入社後は同じ仲間として働いていくという事を忘れずに、あなた自身の言葉と目で企業を見極めましょう。

逆質問はあなたの可能性を信じてもらうとっておきのワザ!

いかがでしたか?あなたの中にとっておきの逆質問は浮かびましたか? 人に何かを質問するというのはとても難しい事です。 質問をするからには答えを想定して会話をシミュレーションしなくてはなりません。すなわちその質問についての勉強が必要だと言う事です。 しっかりと準備をすれば逆質問はあなたの中で「純粋な疑問」へと変わります。そうすればきっとあなたの持つ可能性を面接官はしっかりと受け止めてくれますよ。