【ハローワークの職業訓練】意外と知らない職業訓練の種類をご紹介!

ハローワークの職業訓練は、正式には求職者支援訓練と呼ばれています。求職者支援訓練とは、国が支援する受講料無料の職業訓練のことです。 職業訓練は、厚生労働大臣の認定を受けた民間の教育訓練機関が求職者支援制度に基づいて実施します。

ハローワークの職業訓練における2種類のコース

職業訓練のコースには、基礎コースと実践コースの2種類があります。 基礎コースは、会社で働くための基本的能力を身につけるためのコースです。期間は2ヵ月から4ヵ月となっています。 実践コースは、基本的能力と特定の職種に向けた実践的能力を合わせて習得することを目標としたコースです。期間は3ヵ月から6ヵ月となっています。 訓練の受講申し込みは、最寄りのハローワークで行います。

求職者支援制度とは!?

それでは、職業訓練を実施するもとの制度である、求職者支援制度とは何でしょうか!? 求職者支援制度とは、雇用保険を受給していない人に向けた、早期就職を支援するための制度です。 対象者の方は、求職者支援訓練または、公共職業訓練を無料で受けることができます。また、訓練終了後もハローワークが就職のサポートをしてくれます。条件を満たす対象者は、職業訓練受講給付金をもらうことができます。

求職者支援制度の対象者は!?

求職者支援制度の対象者はいったいどんな人でしょうか!?求職者支援制度の対象者は、特定求職者と呼ばれ、以下の要件を満たす人のことを言います。 ・ハローワークの窓口で求職の申込をしていること ・雇用保険被保険者および雇用保険受給資格者ではないこと ・労働の意思とその能力があること ・ハローワークが職業訓練などの支援の必要があると認めていること

職業訓練受講給付金はどうすればもらえるの!?

職業訓練受講給付金を受給するにはどうすればいいのでしょうか!?職業訓練受給給付金を受給するためには、特定求職者がハローワークの指示により、求職者訓練または、公共職業訓練を受講し、支給要件を満たす必要があります。 給付金の内容としては、職業訓練受講手当と通所手当からなります。職業訓練受講手当は月額10万円、通所手当は、自宅から職業訓練実施施設までの経路に応じた金額が支払われます。

職業訓練給付金の支給要件

職業訓練給付金の支給要件としては、以下の通りです。 ・本人の収入が月額8万円以下であること ・世帯全体の収入が月額25万円以下であること ・世帯全体の金融資産額が300万円以下であること ・現住所の自宅以外に不動産を所有していないこと ・全訓練日に出席していること ・同世帯の中に職業訓練給付金を現在受給している者がいないこと ・過去に不正受給を行っていないこと

ハローワークの職業訓練で実際に行われている講座

それでは、職業訓練にどのようなコースがあるのかという解説に入っていきます。

求職者支援訓練 基礎コース

職業訓練の基礎コースは、就職に必要な基礎的な技能及びこれに関する知識を習得するためのコースです。 コースとしては以下のようなものがあります。 パソコン基礎科(3か月) あらゆる職種のためのパソコンスキル基礎科(3か月) 初歩から始めるパソコン基礎科(4か月) ビジネスパソコン実務基礎科(4か月) ビジネスパソコン・Web基礎科(4か月) 初心者からのビジネスパソコン基礎科(3か月) はじめてのパソコン事務・経理基礎科(4か月) 医療・調剤・パソコン事務科(4か月) ブライダルコーディネーター実務科(4か月) 初心者からのビジネスパソコン基礎科(3か月) ビジネススキル基礎科(4か月) 基礎から始めるプログラミング科(3か月) 初歩から学ぶパソコン・ホームページスキル基礎科(3か月) ビジネスPC・WEB基礎科(4か月)

求職者支援訓練 実践コース

職業訓練の実践コースは、基礎的技能等並びに実践的な技能及びこれに関する知識を習得するためのコースです。 Webプログラミング科(6か月) Javaアプリケーション開発(夜間)科(5か月) 初心者からのJavaプログラマ養成科(3か月) 簿記会計と事務業務、会計ソフトの習得科(5か月) 総務経理事務・パソコン会計・オフィスソフト実践科(5か月) 経理・総務事務実践科(4か月) ビジネスパソコン実践科(3か月) スマートフォン(Android)アプリ・Web開発(夜間)科(5か月) Javaプログラミング実践科(5か月) 経理・総務事務養成科(4か月) 不動産・FP実践科(3か月) 医療・調剤事務・パソコン科(3か月) 医療事務・調剤・介護事務養成科(3か月) 介護福祉士実務者研修総合福祉実践科(6か月) 介護福祉士実務者研修・総合福祉科(6か月) 介護福祉士実務者研修科(6か月) 介護福祉士実務者研修複合福祉科(6か月) 介護職員実務者研修科(6か月) 初歩から学ぶグラフィック・Webデザイン実践科(6か月) 初歩から学ぶWebデザイナー養成科(6か月) ネットショップ・Web制作スタッフ養成科(5か月) 洋服ファッションリフォーム科(4か月) 建築CAD実践科(3か月) トータルビューティ科(6か月) ネイリスト養成科(4か月) ネイリスト総合スキル修得科(5か月) マンション管理科(3か月) 設備メンテナンス技術者養成科(4か月)

職業訓練でネイリストになれるって本当!?

職業訓練を受講してネイリストになれるって話を聞いたことがあるでしょうか!? 実は、職業訓練には、ネイリストを養成するための講座が実際に用意されています。 以下、ネイリスト養成講座の例をご紹介します。

<訓練概要> ケア・カラー、ネイルアート、フット、ジェルネイル、ジェルアート、イクステンション等、ネイリストとして就業するうえで必要な知識・技能の習得及び就職支援 <訓練目標> ネイルの基礎知識、ジェルネイル・スカルプチュアの基礎知識からストーンアートなどの応用技術、サロン接客・カウンセリング術を学び、サロンワークで即戦力として活躍できる人材を目指す <学科> ネイル理論、色彩学、接客メイク理論、接客メイクマナー、アロマテラピー理論、安全衛生、就職支援、サロン接客理論 <実技> ケア・カラー、アート 、フット 、ジェルネイル、ジェルアート、ジェルベースアート 、イクステンション 、接客メイク実習、トータルテクニック演習 、サロンワーク演習 どうでしょうか!?結構、本格的な訓練内容となっていますね。ネイリストをこれから目指そうという方はこの講座を受けてみることを検討する価値はありそうです。

【ハローワークの職業訓練】意外と知らない職業訓練の種類をご紹介!のまとめ

いかがでしたでしょうか!? ハローワークの職業訓練について、制度の内容から、給付金の対象、また実際に行われている訓練の種類までを紹介いたしました。現在、求職中の方で、スキルを習得されたい方、これから会社を退職した後の予定が立っていない方は、職業訓練という選択肢を一度考えてみて下さい。