【面接自己PR】好印象な自己PR、印象の悪い自己PRの例文をご紹介。

まず初めに、自己PRとはどんな意味があるのか考えてみましょう。 就活、転職での面接の場合、人材を求めている企業側からすると、まだ一緒に仕事もしていない人間を採用するわけです。 どんな能力があって、どんな経験をし、どんな性格で、どんな長所・短所があるのか、会社にとってどんなメリットを与えることができるのか、今働いている職場の人間との相性はどうなのか、など様々な視点で応募者を見て、一緒に仕事ができるのかを見抜こうとしています。 一番大きなポイントは、その企業でどれだけ利益を生み出すことができるか、という点です。 このポイントから考えると、求人企業や職種、求人内容によって、自己PRの内容を変える必要があります。 例えば、営業職と技術職で同じ自己PRをしても、的外れな自己PRとなってしまいます。 自己分析をして、企業の求めているものを理解し、上手く伝える工夫をしましょう。

自己PR・志望動機・逆質問に一貫性を

面接で非常に大切な項目として、自己PR・志望動機・逆質問があります。 この3つの項目には一貫性を持たせることが重要です。 簡単な例ですが、 自分には〇〇という長所があって(自己PR) その長所を活かせると思い志望し(志望動機) この長所を伸ばすために事前に勉強しておくことはないか(逆質問) といった具合に一貫性を持たせた内容を考えておきましょう。 先ほども説明した通り、求人内容によって自己PRの内容を変える必要があるため、必然的に志望動機と逆質問の内容も変わってきます。

相性もあることを忘れない

あなたの能力や経験、長所・短所が求人内容と合致しないこともあります。 人間ですので、面接官との相性ももちろんあります。 もし面接で落ちてしまったとしても落ち込む必要はありません。単純に相性が合わなかったと考え、次に進んでいきましょう。 もちろん面接内容の反省や改善は毎回行っておきましょう。

面接の自己PRはなるべく正直に

どうしても入りたい企業だったり、なかなか仕事が決まらない時、少し大げさな内容で自己PRをしてしまったりすることもあるかもしれませんが、なるべく正直に自分をPRするようにしましょう。 取り繕って入社しても、後で苦しくなってしまいます。 自分の性格や長所・短所をしっかりと受け止めて自己PRをしましょう。

1分で答えるための面接対策と例文

まず、なぜ1分で答えさせようとしているか考えてみましょう。 ビジネスの場では、限られた時間の中で、商品の魅力などを伝える必要があります。 場合によっては1分も時間をもらえない場合もあります。 いかに要点をまとめ、相手に伝わるような言い方ができているかを見ています。 考えた自己PRの中から、伝えたいことに優先順位をつけて、1分でしっかり答えられるように整理しておきましょう。 1分間での自己PRとなると、だいたい300〜400文字程度になります。 【例文】(323文字) 私の長所はコツコツと物事を積み上げていける所です。すぐには結果が出なくても、積み上げていくことでデータを蓄積し、次の行動に活かすことができます。前職の営業業務でも、顧客データを細かく蓄積・分析することで、営業をかけるタイミングやお客様のニーズを明確にすることができ、売上という結果に繋げてきました。 短所についてですが、慎重派で几帳面すぎる所だと思っています。少し考え過ぎてしまう部分があり、事前準備に時間をかけてしまい、思い切りのある動きができない時があります。この性格については、良い結果を出せる時もありますが、うまくいかない時もあるので、お客様や案件内容に合わせて臨機応変に状況判断できるように意識をしています。また、周りに相談することで客観的な意見をもらうように心がけています。 面接時は焦って早口になりがちなので、1分間の中でゆっくりはっきりと話す練習をしておきましょう。 ストップウォッチで1分を計りながら練習することも忘れないようにしましょう。

転職面接での自己PR【良い例文】

【例文】 私は負けず嫌いな性格です。それを強みに変え、前職の営業業務では結果を出してきました。入社初年度は同期入社組に負けぬように誰よりも新規営業の件数を回り、同期の中で新規獲得件数で年間1位を獲得しました。2年目以降は先輩にも負けぬように粗利意識を持った営業を意識しました。具体的には、提案商材の見直しを行い、より利益率の高い商材の案内を徹底しました。結果的には先輩に勝つことはできませんでしたが、次に繋がる経験ができました。 短所は突っ走ってしまう所です。頭より体が先に動いてしまいます。営業ではそれが良い方向に転がり案件獲得数月間1位を獲得することができましたが、事前に考えることでもっと良い提案ができたのではないかと考えています。今は一呼吸おいてから行動することを心がけています。 自己PRをする際は、必ず具体的な結果などを合わせてPRしましょう。 また、短所についてもうまくプラスになる部分を説明し、改善点も併せてPRしましょう。

転職面接での自己PR【悪い例文】

【例文】 私はアパレルショップでの販売職の経験があり、仲間とのチームワークを大切にして日々取り組んできました。常に周りの状況に気を配りお客様第一で行動してきました。また、3年目には店長という経験をすることができ、とても貴重な経験ができました。今までは販売することに集中してきましたが、店長になり、売り場全体のことを考えて行動することができました。 短所は、少し頑固なところです。アパレルショップ店長時代には自分のこだわりを通した売り場作りをしていた部分がありました。その後、仲間とのコミュニケーションを取るように意識し、皆の意見を取り入れた売り場を作っていくことができました。 この例文では具体的な結果や数字が出てきていません。「周りの状況に気を配りお客様第一で行動」とありますが、具体的にどんな施策を行い、どんな結果が出たかをPRしましょう。 全体的にぼんやりとした自己PRとなっており、採用した時のメリットが企業に伝わりません。

大学生の就活面接の自己PR対策

大学生の就活面接の場合は、上記に挙げたような転職者とは違い、正社員としての社会経験がありません。大学時代のアルバイトやサークル活動、部活動を中心に自己PRする必要があります。 どのような経験が応募内容と合致するのかを見極める必要があります。

大学生の就活面接での自己PR【良い例文】

【例文】 私は進んで周りを引っ張っていくことができる人間です。食品販売のアルバイトでは進んでバイト長を務めシフト管理を行い、グループ単位でのスケジュール管理に自信があります。 サークル活動においても会長を務めました。毎月ミーティングを実施することを徹底し、自分の意見を伝えるだけでなく、周りの意見にも耳を傾けるとこの大切さを学びました。人を引っ張っていくことの難しさをあらためて痛感しました。この経験は仕事をする上でのコミュニケーションの部分で活かしていきたいです。 大学時代の経験と、その経験から今の自分に何ができるのかを具体的にPRしています。 ネガティブな言葉もないので、好印象を与えられるのではないでしょうか。

大学生の就活面接での自己PR【悪い例文】

【例文】 私の長所は気配りができる所です。大学のサークル活動では副会長を務め、会長のサポートをしてきました。接客業のアルバイトに関しても、周りへの気配りを意識してきました。高校時代は野球部に所属し、厳しい練習にも3年間集中して頑張りました。この経験を活かし御社でも頑張って結果を出していきたいと思います。 短所はマイペースな所です。アルバイトでもマイペースな自分が出てしまい、周りに迷惑をかけてしまった経験があります。短所はしっかり直したいと思います。 具体例と自分は何ができるかがPRできていません。また、「頑張って結果を出していきたいと思います。」など抽象的な表現は良くありません。 また短所でもネガティブな表現になっておりマイナスな印象を受けます。言わなくても良いこともあるので、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 企業によって自己PR内容を変える。具体性と結果をPRする。自分にできることと企業にとってメリットになることをPRする。 以上のようなことを意識して、相手の立場になって一度考えてみましょう。 しっかりと考え抜いた自己PRをしていけば、好印象を与えることができるのではないでしょうか。