【ストレス耐性】を強くするための実践方法を徹底調査!!

ストレス耐性を強くするには大きく分けて以下の2つが重要です。 ・ストレス感じにくくすること ・受けたストレスを解消すること 「ストレスを感じにくくする」とは、ストレスを受けるような状況をストレスと取らないようにしたり、ストレスを受けたとしてもその度合いを弱いものにしたりする方法です。 「受けたストレスを解消する」とは、ストレスを受けてしまった場合、そのストレスを可能な限り早く解消して、正常な状態に戻す方法です。

ストレスを感じにくくしてストレス耐性を強くする

一つの物事を取ってみてもその人によって、それに対する考え方や感じ方は違います。 それはその人が今まで生きてきた中で培ってきた経験、知識や癖などが 大きく影響しているからです。 ストレスを感じにくくする方法とは、ストレスを感じる状況に対して 自分の考え方の”クセ”をチェックして、ストレスのある状況をやんわりと受け止められるようにものの見方を変えていくものです。 それでは実践方法で自分のストレスの感じ方をチェックしてみましょう。

ストレスを感じた状況を書く

簡潔にストレスを感じた状況について書きましょう。 (たとえば、車を運転中に無理な追い越しをされた。など)

ストレスを感じた状況に対して、感じた気持ちを書き出してみる

ストレスを感じた状況に対して、何を感じたかを書いてみましょう。そのときどんな気持ちだったかを思い出して単語単位でどんな感情を感じたかを書きます。 (たとえば、「怒り」、「焦り」、「恐怖」など)

感情が生まれたとき浮かんできた考えや思考について書き出してみる

何かを感じたときにふっと頭をよぎった考えを書いてみましょう。 (たとえば、「この運転手は運転マナーが良くない。どうせ非常識なろくな人ではないだろう」など)

浮かんできた考えや思考に対して、別の見方を書き出してみる

ここでは状況や考えを客観的に捉えて、別の見方を書き出してみましょう。 なるべくストレスを感じにくくするような考え方を挙げます。 (たとえば、「あの運転手はおなかが弱いのでトイレにいきたくて急いでいただけなのかもしれない」など)

客観的な見方をした後で感情が変わったかを書いてみる

ここでは客観的に状況や考え方を見返して、当初の感情がどのように変化したかを書いてみます。 (たとえば、「相手にも事情があったかもしれないので少し怒りが収まった」など)

ストレス耐性を高めるための振り返り

一通り書き終えたら、いったん一連の出来事について振り返りましょう。 特に、何かを感じたときに頭をよぎった考えについては、以下のパターンになっていないか確認してみてください。頻繁に出てくるようなことがあれば、考え方にストレスの溜まりやすいクセが付いてしまっているのかもしれません。

悲観的な考え : 悲観的に考えてしまう 「もうこれ以上何をやってもうまくいくことなんかない」 考えの決めつけ : 事実はないのに決めつける 「あの人は自分のことが嫌いに違いない」 べき思考(○○すべき) : 正論など特定の基準をもとにした思考 「管理職なのだから弱い態度はしないようにすべき」 偏見やレッテル貼り : マイナスの偏見を持つこと 「あの部署の人間なら陰で○○してそうだ」 白黒思考 : 悲観的な考え : 100か0かの極端な考え方 「1カ所ミスしてしまった。もうダメだ……。」

ストレスを素早く解消してストレス耐性を強くする

いったん溜まってしまったストレスは早めに解消しなければ、精神や肉体の健康を損なってしまいます。 受けてしまったストレスは素早く解消してしまいましょう。

自分専用の気晴らしリストを作る

気晴らしの方法は人によって違います。自分にあった気晴らし方法をリストにしましょう。 ・趣味や運動、旅行など ・誰か信頼出来る人に話す ・マッサージやヨガ、瞑想など

ストレスとストレス解消の手段を結びつける

気晴らしのリストが作れたら、今度は実際にその気晴らしの方法を試してみて、 どのぐらい気が晴れたかをチェックしてみてください。 特定のストレスに対して気が晴れたというストレス解消法がリストの中から見つかれば、 次回から同じストレスを受けても素早く解消が出来るようになります。

まとめ

ストレス耐性は、受けるストレスを減らすこと、 溜まってしまったストレスを素早く発散することで高めることが出来ます。 日々、自分が受けているストレスをチェックし、ストレス耐性を強くしてストレスに負けないようにしましょう。