お悔やみメール|意外と知らないお悔やみのメール文例をご紹介

社会における環境変化から一般的に

社会における環境変化から一般的に

突然の訃報を受けた場合、通常はお通夜や葬儀に参列して故人を悼むことになります。しかし距離が遠かったり関係性が薄かったりして参列を辞退する場合は、故人の死を悲しむ気持ちをお悔やみの言葉として、電報での弔電や手紙で送ることが一般的なマナーでした。 ですが、プライベートではなくビジネス上で付き合いのある人の親族がご不幸にあわれた場合など、対応をどうすればいいか悩んでしまう事もあるでしょう。特に普段からメールを使って仕事をしていると、昔と違って様々人の情報も同報的に送られてくる事が多くなります。 そこで最近では、相手との関係性や状況により、電報での弔電や電話に代わり、お悔やみをメールで伝えてもマナー違反とは言われないようになって来ました。ただメールでのお悔やみはまだ正式なもとはされておらず、あくまで「略儀」とされますので、使用には一定の条件が必要です。

お悔やみメールを送っても良い相手

メールでお悔やみを伝えても問題ないのは、次のような人となります。まず、メールで訃報の連絡が来た場合です。これはメールで連絡が来た相手に対し、その返事としてメールでお悔やみを述べることを指します。一般に訃報の連絡は手間でも電話を使って行われます。ですからその連絡自体がメールで来たなら、こちらも電報での弔電や電話ではなく、メールでお悔やみを述べてもマナー違反にはなりません。 また、送ってきた相手が親しい友人や、仕事上の関係(取引先の担当者や会社の上司、同僚など)などの場合も、許容されるとされています。ただしあくまでメールは正式なものとはなりませんので、相手との関係性が深い場合は、お通夜や葬儀に参加するか電報でお悔みを伝えましょう。

お悔やみメールの書き方

お悔やみメールの件名

お悔やみのメールを出す時、最初に大切になるのがタイトルです。メールは電話よりは手間を取られないとは言え、忙しい中でそうそうメールチェックをしている余裕もありません。そのため、メールの件名も余計な情報は入れず、誰からどんな内容を送ったものなのかを明確に示すことが必要です。 具体的には、「お悔やみを申し上げます ◯◯より」「株式会社◯◯ ◯◯より お悔やみを申し上げます」と、自分の名前を入れた簡潔なものとします。それによって相手は、そのメールを送って来たのは誰で、その用件がお悔やみであるということが、すぐに分かるようになります。通常のメールでは自分の名前は本文の中に入れるのみですが、お悔やみメールの場合は、件名にも名前を入れておくことが重要となります。

お悔やみメールの文面の書き方①簡潔に書く

・すぐに本題に入る お悔みメールでは、葬儀の手配などで余裕のない相手に余計な時間をかけさせないよう、余計な情報は省いて、簡潔にお悔やみの気持ちを伝えます。例えば、時候の挨拶などの前置き部分も不要です。すぐに本題に入って下さい。 ・本題もだらだらと書かない タイトルと同様、お悔やみメールの本文も簡潔にして、読みやすさを意識して伝わりやすい文章書きましょう。文章全体を短くする事に加え、さらに一行を短くして数行ずつでブロックを作り、間に空白行を入れると読みやすさが増します。実際に読みやすいかどうか、送る前に第三者の視点で読んでみることも必要です。 ただメールによるお悔やみは、電報での弔電に比べ、ある程度余裕を持って書けることも事実です。気持ちを伝える一言があると、なお良いでしょう。

お悔やみメールの文面の書き方②故人に対しては敬称を用いる

お悔やみの言葉を送る場合、故人に対する名称は、遺族の方との関係に応じた敬称を用いることがマナーです。この敬称は電報での弔電に準じたものとなります。 代表的な敬称(言い換え)は以下になります。 お父さん→「お父様」「お父上」「ご尊父(そんぷ)様」 お母さん→「お母様」「お母様」「ご母堂(ぼどう)様」 おじいさん→「お祖父様」 おばあさん→「お祖母様」 夫→「ご主人様」「ご夫君様」 妻→「ご令室様」「ご令閨様」 息子→「ご子息様」「ご令息様」 娘→「ご息女様」「ご令息様」

お悔やみメールの文面の書き方③「忌み言葉」を避ける

忌み言葉とは、不吉なことを連想させる言葉です。「まだまだ」「重ね重ね」「重々」、「引き続き」「これからも」、さらに「切れる」「消す」「失う」などの言葉は、不幸が続くことを連想をさせることから、使用を避けることが賢明です。 また「死」や「亡」という言葉(漢字)を文面に使うことはNGです。お悔やみを送る時は「ご逝去」に言い換えて下さい。「ご存命の頃」や「生きていた頃」という表現も、現在との落差を遺族に与えてしまう棘を含んでいます。言い換えとしては、「ご生前」とするのが一般的です。

お悔やみメールの文例

お悔やみのメールは相手に余計な負荷をかけないよう、簡潔で分かりやすい文面にする事が求められます。実際にどんな文章にしたら良いか、ケースごとに例文を紹介しますので、参考にして下さい。

一般的なお悔やみメールの文例

件名:〇〇より お悔やみ申し上げます 本文:ご逝去の報に接し、弔問かなわぬ非礼をお詫びするとともに、謹んでお悔やみを申し上げます。 ご家族のお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。○○(故人名や尊称)様のご冥福を、心よりお祈りいたします。 この例文は、誰にでも使える標準的なものとなります。電報での弔電を元に、一言、気持ちを追加した体裁となっています。亡くなった方の名前や尊称を入れるだけで、そのまま使えます。 ただ、できれば関係性によって言葉を少し変えた方が気持ちが伝わりますので、以下の例文も参考にして下さい。

取引先などビジネス相手へのお悔やみのメール

・明らかに葬儀に行くほどの関係性ではない場合の文例 件名:株式会社○○ ○○より お悔やみを申し上げます 本文:○○株式会社 ○○様 このたびは○○(故人名や尊称)様のご逝去の報に際し、大変驚いております。 ご家族の皆様のご傷心を拝察いたし、心よりお悔やみ申し上げます。 本来であれば直接お目にかかりお悔やみを申し上げるべきところではございますが、略儀ながらメールにて失礼いたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ・場合によっては葬儀に駆けつけてもおかしくはない関係性の場合の文例 件名:株式会社○○ ○○より お悔やみを申し上げます 本文:○○株式会社 ○○様 このたびは○○(故人名や尊称)様のご逝去の報に際し、大変驚いております。 都合によりご葬儀に伺うことができず、誠に申し訳ございません。 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変と存じますが、ご無理をなさいませんように。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

会社の上司・部下・同僚などが身内を亡くされた場合

・一般的な場合の文例 件名:○○より お悔やみ申し上げます 本文:○○(故人名や尊称)様のご逝去に際し、心よりお悔やみを申し上げます。 心身ともに大変だと思いますが、どうかご無理をなさいませんようご自愛ください。 メールでのお悔やみとなりましたこと、改めてお詫び申し上げます。何かお手伝いできることがありましたらいつでもご連絡下さい。 ・勤務地が遠く行けない場合の文例 件名:○○支社の○○より お悔やみ申し上げます ○○(故人名や尊称)様のご逝去の報に際し、心よりお悔やみを申し上げます。 遠方のためメールでのお悔やみとなりましたこと、改めてお詫び申し上げます。 どうか、気を落とさず、お身体に気をつけてください。 安らかなご永眠をお祈りいたします。 社員の身内が亡くなった場合、会社が電報で弔電を打つ事もありますし、席が近ければ直接お悔やみを言えますが、忌引明けを待たずにメールでお悔やみを伝えることも大事といえます。

知人が身内を亡くされた場合

・配偶者や子供など、極めて近い人が亡くなった場合の文例 件名:○○です お悔やみ申し上げます 本文:この度の○○(故人名や尊称)様のご不幸に際し、胸がつぶれる思いでございます。どんなにお辛いことか、申し上げる言葉もございません。 私に出来る事がありましたら、なんでもおっしゃってください。また何卒お身体はご自愛ください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ・親戚や非血縁者など、少し距離がある人が亡くなった場合の文例 件名:〇〇より お悔やみ申し上げます 本文:ご身内にご不幸がおありだったと伺い、とても驚いております。略儀ながらメールにてお悔やみを申し上げます。故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

直接の知人が亡くなった場合

・遺族の方とも知り合いの場合の文例 件名:○○より お悔やみ申し上げます 本文:○○(会社・学校)の○○です。この度は、ご逝去の報に際し、突然の事で本当に驚いております。○○(故人名)さんには日頃からお世話になりまして、これから恩返しをするべきところ、大変無念でなりません。 謹んでお悔やみを申し上げます。 ・遺族の方とは知り合いでない場合は故人との関係性も明記します 件名:お悔やみ申し上げます ○○(会社・学校)○○ 本文:ご遺族さま ○○(故人名や尊称)様に、○○(会社・学校)でお世話になりました○○と申します。この度は、ご逝去の報に際し、突然の事で本当に驚いております。 ○○(故人名や尊称)様に、ご指導を受けた日々がつい先日のように思われます。 謹んでお悔やみを申し上げます。

お悔やみメールは気持ちを表す手段です

いかがだったでしょうか?お悔やみの言葉を伝える手段としてメールは電報での弔電と違い、必ずしも正式な方法ではありませんが、簡潔で丁寧に書くというマナーを守れば、相手に迅速かつ負荷を書けずに気持ちを伝えることのできる、便利な連絡手段です。 思いやりにあふれたお悔みメールを心がけるようにしてください。