内定辞退の電話の正解とは?適切な時間や実際の事例を紹介!

就職・転職活動での内定辞退はよくあることですが、相手先の企業には迷惑がかかります。 ただ、採用側も内定辞退についてはある程度想定しています。 内定辞退と決めたら速やかに連絡を入れましょう。雇用開始直前の内定辞退はNGです。企業に多大な迷惑をかけてしまうので、迅速に判断し連絡を入れましょう。

転職活動中に内定を複数社から頂いた場合は別として、それ以外の理由で何度も内定辞退を繰り返すのは、自分の中で応募する企業や希望の条件が明確にまとまっていないとも言えます。 まずは自分の中で基準をしっかり決めてから、あらためて就職・転職活動をするようにしてください。

企業側も内定辞退をされると、またイチから採用を検討しなければなりませんし、一度内定を断った応募者に連絡を取ったり、かなりの手間がかかります。 内定を断った応募者が、まだ転職活動中であれば良いですが、そんなに都合よく人材を確保できるものでもありません。 時間やコストがかかり、企業に迷惑がかかるということも肝に銘じておいてください。 相手の立場で考えることが、社会人としてのマナーです。

内定辞退の連絡方法は必ず電話で

内定辞退の連絡方法ですが、必ず電話で伝えるようにしてください。 メールでも良いのでは?とお考えの方もいるかもしれませんが、メールで内定辞退を伝えるのはとても失礼な行為だということを覚えておいてください。 まずは電話で連絡を取り、繋がらない場合など、止むを得ない理由の場合は取り急ぎメールで連絡を取り、後日きちんと電話で直接伝えてください。 メールだけで済ませることのないように注意してください。

電話での連絡は確実に伝えることができますし、双方の認識の違いなどを少なくすることができます。 メールの場合、文字だけでの連絡となるため、相手の取り方によっては間違った内容で伝わってしまう可能性もあります。

また、直接電話をすることで誠意を伝えることもできます。 相手は自分を採用してくれた企業です。 自己中心的な内定辞退にならぬよう、お詫びと感謝の気持ちを伝えるように心がけてください。

相手の企業や採用担当者とは、この先どのような関係になるかわかりません。 転職先での取引先になるかもしれませんし、どこかで繋がっているかもしれません。 マナーを守って、誠意のある姿勢で内定辞退を伝えましょう。

内定辞退の電話では理由を正直に伝えるべき?

内定辞退の電話をした際、必ず理由を聞かれるかと思います。 ここで内定辞退の理由を正直に伝えるかどうか悩む方もいるかと思います。 理由によっては正直に伝えても良いと思いますが、ネガティブな理由の場合は悪い印象を与えないように工夫して伝えるようにしましょう。

理由として考えられるのは、 ・他社での内定が決まった ・業務内容がイメージと違った ・ブラック企業のような雰囲気を感じた ・最終面接で自分のイメージとのギャップがあった ・まだ転職活動を続けたい ・配属先が遠方だった ・家庭の事情 などがあるかと思います。

他社の内定が決まったり、家庭の事情という理由の場合は、正直に伝えても問題ありません。 その他の理由の場合は、正直に伝えてしまうと角が立つことも考えられますので、「検討させて頂きましたが、誠に勝手ながら辞退をさせていただきます」と、少し言葉を濁して伝えるのもひとつの方法です。 もう少し突っ込まれて理由を聞かれる場合もありますが、その時は「他社で内定を頂けそうで、そちらに進もうと考えております。」と伝えておくと、それ以上は聞かれないのではないでしょうか。

内定辞退の電話をする時間帯は?

内定辞退の電話をする際に注意して頂きたいのが、連絡を入れる時間帯です。 一般的な企業の就業開始時間は9:00頃が多いかと思います。就業終了時間は18:00頃が多いでしょうか。

始業時間直後の場合は朝礼をしていることも考えられます。 朝は前日のメールチェックや、1日の行動を計画する時間でもあります。 ですので、就業開始直後の電話は避けましょう。

終業時間直前も1日の残務処理や明日の準備、終礼をする企業もあります。 もしくは、残業でバタバタしていることも考えられます。 終業時間直前や終業時間後の連絡も適切ではありません。

昼食の時間も連絡をするべきではありません。 12:00〜13:00がお昼休みという企業が多いかと思いますが、ずれて13:00〜14:00にお昼に出る方もおりますので、この時間帯も電話は避けましょう。

では、どの時間帯が適切かというと、始業開始後、お昼休み前後、終業時間前後を避けた下記のような時間帯が適切ではないでしょうか。 ・10:00〜11:30 ・14:30〜17:00

採用担当者が外出している場合

採用担当者が外出している場合は、電話で対応してくださった方に、簡単に用件を伝えておき、あらためて電話をする旨を伝えておきましょう。 その時、採用担当者が戻る時間も確認しておくと良いでしょう。

用件を伝えるときは、 「先日、御社の採用試験を受けさせて頂きました○○と申します。 内定辞退の件でご連絡させて頂きました。 またお戻りの頃にあらためてご連絡させて頂きます。」 と伝えておくと良いでしょう。

内定辞退の電話の例文1(他社内定が決まっている場合の例文)

相手先企業(受付): お電話ありがとうございます。株式会社○○でございます。 応募者: 先日、御社の採用試験を受けさせて頂きました○○と申します。 採用ご担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか? 相手先企業(受付): ○○ですね。少々お待ち下さいませ。 採用担当者: お電話代わりました。採用担当の○○です。 応募者: 御社の採用試験を受けさせて頂きました○○と申します。 お忙しいところ、突然のご連絡申し訳ございません。 今お時間よろしいでしょうか? 採用担当者: はい、大丈夫ですよ。どうされましたか? 応募者: この度は採用内定のご連絡を頂きまして、誠にありがとうございます。 せっかく内定を頂いたのですが、身勝手なお願いで大変申し訳ないのですが、御社の内定を辞退させて頂きたく、ご連絡を差し上げました。 採用担当者: そうですか。残念です。辞退の理由を伺ってもよろしいでしょうか? 応募者: 御社の他にも応募しておりました会社がございまして、そちらからも先日内定を頂きました。悩みに悩んだ末、そちらの会社の方でお世話になろうと決断いたしました。 採用担当者: そうだったんですか。承知いたしました。 応募者: 申し訳ございません。 本来であれば直接お伺いしましてお詫びをさせて頂くべきですが、お電話でのご連絡となり申し訳ございません。 採用担当者: いえ、ご連絡ありがとうございます。 応募者: この度は私のために貴重なお時間を割いてくださったにも関わらず、このような結果となり本当に申し訳ございませんでした。 色々とお世話になりありがとうございました。 それでは失礼いたします。

内定辞退の電話の例文2(本当の理由は言わずに切り抜ける場合の例文)

(採用担当者の辞退理由の質問までは省略します) 応募者: 実は他社の採用試験も受けておりまして、そちらで内定を頂けそうなので、そちらの会社に進もうかと思っております。申し訳ございません。 採用担当者: そうだったんですか。内定は決定しているのですか? 応募者: いえ、まだ正式に内定は頂いていないのですが、ほぼ決定しております。 採用担当者: そうでしたか。残念です。 もし、そちらの会社の内定が決定しないようでしたら、またご連絡ください。 応募者: 申し訳ございません。そのようなお言葉を頂けて大変光栄です。 本来であれば直接お伺いしましてお詫びをさせて頂くべきですが、お電話でのご連絡となり申し訳ございません。 (以下省略)

内定辞退の電話の例文3(家庭の事情の場合の例文)

(採用担当者の辞退理由の質問までは省略します) 応募者: 申し上げづらいのですが、家庭の事情で実家に戻ることとなりました。 採用担当者: そうだったんですか。そのような事情なら仕方ないですね。 (以下省略)

内定辞退の電話の例文4(自分の適性に合わないと感じた場合の例文)

(採用担当者の辞退理由の質問までは省略します) 応募者: 今回の転職活動で、あらためて自分と向き合うことができました。その結果、やはり今の自分の能力では御社の業務内容に対応できないと思いました。 採用担当者: そうですか。ですが、実際に働いてみないとわからない部分もあると思いますが。 応募者: おっしゃる通りだと思います。しかし、今回のお言葉に甘えて御社でお世話になったとしても、今の気持ちのままですとご迷惑をかける形となってしまいます。ですので、誠に恐縮ではありますが、今回は辞退をさせて頂くという決断をさせて頂きました。 採用担当者: そうですか。残念です。そこまで気持ちが決まっているなら仕方ないですね。 (以下省略)

内定保留をお願いしても大丈夫?

複数の企業に応募し、複数の企業から内定を頂ける場合もあります。 同時に内定を頂ければ比較的スムーズに判断して、内定辞退の連絡をすれば済むと思いますが、そんなに都合よく内定は頂けるものでもありません。

A社から内定は頂いているけれど、本命のB社は来週の返答なんてこともあります。 B社が無理ならA社に進もうと決めていても、A社への返事は今日までという場合、判断に困りますよね。 可能であれば来週まで返事を待って欲しいと考えます。 そんな時、内定保留をお願いしたいと考えます。

内定保留にはリスクがつきもの

しかし、内定保留にはリスクがあります。 採用担当者によっては、保留するなら不採用で他の応募者を採用する、となることも大いに考えられます。 よほどあなたの能力が高く、企業がどうしても欲しい人材だと評価してくれていれば話は別ですが、そうとも限りません。

仮に内定保留を受け入れてくれたとしても、印象が悪くなることも想定されます。 悪い印象のまま入社するのも、長い目で見るとストレスになるでしょう。

本当に内定保留をお願いする場合は、内定取消しも視野に入れた覚悟が必要です。

誠意を持って正直に説明する

企業によっては内定保留のお願いをすれば、多少の期間なら待ってくれる場合もあります。 しかし、内定保留のお願いをする場合はきちんとした説明が必要です。 メールではなく、電話で直接伝えましょう。

例文

内定のご連絡、誠にありがとうございます。 すぐにお返事をしたいのですが、実は他の企業の選考が進んでおり、返事を待っている状況です。 その結果を待ってから慎重に判断をしたいと思っております。 大変恐縮ですが、来週の○日まで返事を待って頂くことは可能でしょうか?

うまく時間を稼ぐ

内定保留のお願いが厳しそうであれば、うまく時間を稼ぐことを考えましょう。 まずは、家庭の事情や、もし転職であれば現在在籍している会社との調整など、何か理由をつけて入社日を少し先に調整できるように交渉してみましょう。 その間に他の企業からの返事を頂き、どちらの企業にするのか判断するのも手です。

または、内定保留をお願いしたい企業に、面接では聞き足りなかったことを確認したいと伝えて、再度打ち合わせをしてから入社を検討したいとお願いしてみましょう。 時間稼ぎという意味もありますが、何よりこれから働く会社のことですから、後悔のないようにしっかり把握しておきたいところです。 もし、この打ち合わせで自分のイメージと相違がある場合は、内定辞退をすれば良いのです。

内定辞退の電話は誠意を持って慎重に

内定辞退の電話の方法、メールはNG、適切な時間帯、電話での例文、内定辞退の理由の伝え方、内定保留のリスクなど説明してきました。 内定辞退の電話はとても緊張しますが、きちんと誠意を持って伝えることが大切です。 理由はどうあれ、相手先に迷惑をかけてしまうことに違いはありません。 それを自覚した上で、本当に内定辞退をするのかを考えて行動してください。