ノマドとは?|フリーランスやノマドワーカーの仕事の実態を徹底調査!!

【ノマドとは?】ノマドっていったいどういう意味!?

ここ数年かと思いますが、ニュースやブログ等でノマドという言葉をよく目にするようになりました。フリーランスといった言葉と合わせて用いられるこの言葉ですが、一体どういう意味を持つのでしょうか!? それでは、ここから「ノマドとは?」について説明していきたいと思います。 まず、ノマドという言葉は何語か?ということですが、ノマドは実は英語なのです。アルファベットではnomadと表記します。この言葉は遊牧民、放浪者といった意味を表します。 それでは、次にnomadを使った英語の例文を見ていきましょう。

【ノマドとは?】nomadを使った英語の例文

<例文1> One obvious advantage of working nomad is that you are released from daily stressful commuting. ノマドワーキングの明らかな利点の一つは、毎日の通勤地獄から解放されることです。 この例文では、「working nomad」とし、ノマドワーキングというように使われています。 <例文2> The nomad life is rough and hazardous. 遊牧民の人生は、荒くて、危険です。 この例文では、nomadは遊牧民として使われています。

【ノマドとは?】ノマドとは実際にどういう意味なの!?

さあ、「ノマド」は英語で「nomad」と表記し、遊牧民、放浪者を意味することがわかり、実際に英語の例文も確認しました。それでは、本題ですが、日本ではどういう意味でノマドという言葉が使われているのでしょうか。 実は、日本では、ノマドはワーキングスタイルの1つとして使われています。ノマドとは、ITの発展により様々な場所で仕事ができるようになったことから、オフィスを持たずにインターネットを接続できる様々なスペースをオフィス代わりに使用する言葉として使われています。このような働き方を「ノマドワーキング」と呼び、このような働き方をしている人を「ノマドワーカー」というように呼びます。

【ノマドとは?】ノマドはフランス語!?

先ほど、ノマドは英語で「nomad」を由来としていると説明しましたが、フランス語の「nomade」も由来としています。英語においてフランス語を由来とする語彙は、およそ1万語に上るとされています。 11世紀にイングランドはフランス語およびフランス文化を使う支配者層の下に置かれていたことに起因するものです。日本では、どちらを由来しているかということはさておき、意味は同じです。

【ノマドとは?】ノマドが誕生したきっかけ

さて、ノマドが誕生したきっかけについて説明していきたいと思います。ノマドの特徴「場所を選ばない働き方」を可能にするのは、快適なインターネット環境がなせる技です。 そして、ノマドワーカーはLANケーブルなんてダサイものは、持ち歩きません。軽いノートPCやタブレット、スマートホンで仕事を行います。つまり、それを可能にするのは、無線LANの技術なのです。 スマホが発達した現在は、Wifiと皆さん呼んでいることでしょう。厳密には、意味が異なるので、ここで簡単に説明しておきます。

【ノマドとは?】ノマドを可能にした技術「無線LAN」とは!?

それでは、ノマドを可能にした技術「無線LAN」および「Wifi」とは!?について説明していきます。 まず、「無線LAN」ですが、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことを言います。LANケーブルが不要なことから「ワイヤレスLAN」と呼ばれることもあります。 つまり、線がいらないLANのことを無線LANと呼ぶのですね。それでは、「LAN」とは一体なんでしょうか。 「LAN」は、Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の頭文字をつづったものです。ローカルという意味には、地方や地域といった意味があり、「狭いエリアでのネットーワーク」と理解してもらえれば大丈夫です。家庭や、企業の一施設などで用いられるネットワークを意味します。 対となる言葉として、「WAN」があります。Wide Area Network(ワイド・エリア・ネットワーク)の略です。遠く離れた場所とつながったネットワークのことで、だれもが自由に接続できるネットワークです。インターネットもWANというように見ることができます。

【ノマドとは?】ノマドを可能にした技術「Wifi」とは!?

また、「Wifi」という言葉についても、最近よく耳にします。「無線LAN」とほぼ同義で使われるこの言葉ですが、一旦この意味についても整理しておきたいと思います。 「Wifi」とは、パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のことです。Wi-Fiと書き、ワイファイと呼びます。 自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。Wi-Fiルーターとは、Wi-Fi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器で、無線LAN親機とも呼ばれています。 Wi-Fi(無線LAN)を利用すれば、スマホやタブレットに保存した写真をプリンターで印刷したり、リビングのレコーダーで録画した番組やパソコンに保存した音楽を別の部屋で視聴したり、さまざまなWi-Fi対応家電と連携してスイッチのON/OFFや運転状況などを確認できるようになります。

【ノマドとは?】フリーランスとは!?

ノマドや、ノマドを可能とする技術、無線LANやWifiについてもだいぶ理解してきました。それでは、ここで、ノマドとよく一緒に利用される言葉、「フリーランス」の意味についても確認していきたいと思います。 「フリーランス」とは、英語でfreelanceと書きます。自由契約の、フリーで働いている人といった意味を持ちます。

【ノマドとは?】freelanceを使った英語の例文

<例文1> He became a freelance in 1967. 彼は1967年フリーとなりました。 この例文では、フリーと使われていますが、自由契約のという意味です。 <例文2> I’m thinking about not working in a company and working freelance. 私は会社に勤めないでフリーランスで働こうと思っています。 この例文では、そのままフリーランスとして翻訳されています。会社に勤めず自分で働くことをフリーランスの意味として使っています。

【ノマドとは?】フリーランスとは実際にどういう意味なの!?

さあ、「フリーランス」は英語で「freelance」と表記し、自由契約の、フリーで働いている人を意味することがわかり、実際に英語の例文も確認しました。それでは、本題ですが、日本ではどういう意味でフリーランスという言葉が使われているのでしょうか!? 実は、日本では、フリーランスもノマドと同じくワーキングスタイルの1つとして使われています。フリーランスとは、会社や組織に専従しておらず、自らの才能や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主として働くワーキングスタイルのことを表します。 企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼びます。略してフリーとも呼びます。

【ノマドとは?】ノマドとフリーランスの関係性について!

ここまで、「ノマド」についてと、「フリーランス」についての意味や使われ方を説明しました。もう一度、簡単にまとめておくと、『ノマド』とは、「オフィスを持たずにインターネットを接続できる様々なスペースをオフィス代わりに使用すること」、『フリーランス』とは、「会社や組織に専従しておらず、自らの才能や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主として働くこと」を表します。 どちらも、ワーキングスタイルのことです。『ノマド』はオフィスを持たない働き方で、「場所」についての概念です。『フリーランス』は会社に専従しない働き方で、「雇用形態」についての概念です。 それぞれの働き方を採用している人のことを『ノマドワーカー』、『フリーランサー』と呼びます。つまり、「場所」と「雇用形態」に関する概念のため両社は共存することが可能です。 もっと言えば、共存というよりは密接に関係していると言えるでしょう。「フリーランス」を起点に考えますが、会社に専従していないということは、会社のオフィスに勤務する必要はない。または、会社のオフィスが使えないということを意味します。 自分で、オフィスを契約するには、経費がけっこうかかるので、お金のない「フリーランサー」はお金のかからない、無料のワーキングスペースを探すことになります。 そう!それがつまり、『ノマド』なのです。つまり、『フリーランス』が先か、『ノマド』が先かはさておき、お互いがお互いを強く支えあっている概念なのです。

【ノマドとは?】ノマド、ノマドワーカーの実態について!

言葉の意味について理解できたところで、いよいよ「ノマド」、「ノマドワーカー」の実態について紹介していきたいと思います。 「ノマド」とは、場所に関する概念でしたが、実際にどのような場所が「ノマドワーカー」に利用されているのでしょうか!?

【ノマドとは?】カフェについて

ノマドと言えば「カフェ!」というくらい有名です。Wifi環境を整えているカフェも多くなってきました。コーヒー一杯で長時間粘るノマドワーカーがたくさんいます。それでは、ここからは、有名なカフェチェーンとWifi環境について紹介していきます。

【ノマドとは?】カフェ紹介(スターバックス)

スターバックスは英語でStarbucks Corporationと書きます。1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業しました。世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で皆さんもお馴染みかと思います。 1986年に、エスプレッソをメイン商品としてテイクアウトと歩き飲みが可能なスタイル(シアトルスタイル)でのドリンク販売を始め、後に北米地区全土に広がったシアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役となりました。 スターバックスは、スタバと呼ばれ人気があります。Wifi環境は、非常に充実しており、ノマドワーカーからも人気が高いです。

【ノマドとは?】カフェ紹介(タリーズコーヒー)

タリーズコーヒーは英語でTully’s Coffee Corporationと書きます。アメリカ・ワシントン州シアトルを本拠とするコーヒーのチェーン店です。アメリカ国外では、ブランドライセンス供与の形で日本と韓国に出店しています。 日本における営業は、伊藤園の子会社タリーズコーヒージャパンが行っています。若い女性を日本での主なターゲットとしているスターバックスよりも、やや上の、コーヒーの味へのこだわりが強い25歳以上に客層ターゲットを設定しているそうです。 タリーズコーヒーは、タリーズと呼ばれ人気があります。Wifi環境も非常に充実しています。

【ノマドとは?】カフェ紹介(ドトールコーヒー)

ドトールコーヒーは英語で、Doutor Coffee Co., Ltd.と書きます。1980年にドトールコーヒーショップを出店しました。「ドトール(doutor)」とはポルトガル語で、「医者」「博士」という意味で、英語でいう「doctor」とほぼ同じ意味になります。 創業者の鳥羽博道がブラジルのコーヒー農園で働いていたころ、下宿していた場所が「ドトールピントフェライス通り85番地」であったことから、その後日本に帰り会社を設立した際にそのころの気持ちを忘れないために名づけました。 ドトールコーヒーは、ドトールと呼ばれ人気があります。Wifi環境もそこそこの評判です。

【ノマドとは?】カフェ紹介(エクセルシオール カフェ)

エクセルシオール カフェは英語で、EXCELSIOR CAFFEと書きます。1999年7月に株式会社ドトールコーヒーから誕生した、イタリアンエスプレッソを中心とした日本生まれのカフェのチェーン店です。 ドトールコーヒー社は、低価格で人気を博していた「ドトールコーヒーショップ」とは別に、新たな事業を模索していました。その最大のテーマは日本人の嗜好にフィットするような店があったらとの思いで、その思いから誕生させたのがエスプレッソコーヒーや、カフェラテ、カプチーノなどのスペシャリティコーヒーをドリンクメニューのメインとしたイタリア流の店舗でした。 エクセルシオール カフェのWifi環境はそこそこと言った評判のようです。

【ノマドとは?】カフェ紹介(その他)

その他にも多数のカフェチェーンが日本に出店しています。ここでは、名前だけ紹介しておきます。 <日本に出店しているその他の有名カフェチェーン> ・カフェ・ベローチェ ・サンマルクカフェ ・珈琲館上島 ・珈琲喫茶室ルノアール ・喫茶所コメダ珈琲店 ・ブルーボトルコーヒー ・星乃珈琲店

【ノマドとは?】その他の働く場所

ノマドワーカーはその他どのようなところで働いているのでしょうか!?ここでは、簡単に紹介しておきます。 コワーキングスペース…シェアオフィスとも呼ばれ、独立した仕事を持つ人々が作業空間を共有し、情報交換などのコミュニケーションを取りつつ仕事をするワーキングスペースのことです。 ファミレス…ドリンクバーが豊富で、長居するのにはうってつけです。 マクドナルド…100円マック等が用意されており、安く済ませることができます。 都会の駅…時間制限があったりしますが、ちょっとした作業ならベンチや、待合所で行うことができます。

ノマドとは?|フリーランスやノマドワーカーの仕事の実態を徹底調査!!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?ノマドとは?について、その言葉自体の意味や、よく一緒に使われる言葉、フリーランスについても紹介しました。また、ノマドに利用される仕事スペースもカフェを中心に紹介しました。 これからは、ノマドという言葉が出てきても、すんなり理解して頂けることかと思います。