タスク管理ツール|厳選紹介!自分に合うタスク管理ツールを見つけよう。

紙のタスク管理ツールといえば、To Doリストを思い浮かべますよね。これをWeb上で行えるようにし、さらにスケジュール管理の点では、期限が近付くとアラートを発生させたり、チーム間でタスクやスケジュールを共有したり、チームメンバーに仕事をお願いする、といったことまで、できるようにしたのがタスク管理ツールの特徴となっています。 iPhoneやandroidのアプリからWebでのログインまで、いつでもどこでも最新の管理状況を確認できるというとても便利なツールがたくさんあります。 さあ、この記事では、どんどんオススメのタスク管理ツールをご紹介していきたいと思います。

【タスク管理ツール】Todoist(トゥードゥーイスト)

Todoist(トゥードゥーイスト)は、世界中で500万人以上に使われているタスク管理ツールです。Todoist(トゥードゥーイスト)は、 スマホのアプリやChromeの拡張機能などを利用することにより、10以上のプラットフォームからツールを利用することができます。 また、タスクやプロジェクトはプロジェクトメンバーで共有することが可能です。そのため、プロジェクトの進捗が一目でわかります。画面はシンプルで、タスク管理をストレスフリーで行うことができます。 このタスク管理ツールは、無料でほとんどの機能を利用することができます。タスクやプロジェクトは、子タスクや子プロジェクトと階層化し、分割することで効率的に管理が可能です。プロジェクトの共有、タスクの割り当て、詳細の連絡などを一元管理することができます。 アプリの利用者には、自分に関連するお知らせをスマートフォンに通知させる通知機能や、優先度の設定、生産性・効率性・成果をグラフで表示するといったことまで無料で可能です。 一方で、有料の機能では、リマインダー機能、コメント機能、ラベルとフィルターといったものがあります。

【タスク管理ツール】Trello(トレロ)

Trello(トレロ)は、Trello ボードという独自のボードを使ったタスク管理を提供するツールです。使い方はシンプルで、タスクの数だけカードを作成し、進行状況に合わせてリスト間を移動するだけです。 ボードでは、「進行中」や「完了」といったわかりやすいリストが用意されているので、カードをリストからリストへ移動することによりタスクの進捗が確認できます。また、ボードの内容は、リアルタイムでアップデートされるので、チーム間の共有でも便利に活用できます。機能も充実しており、コメントを追加したり、PC、Dropboxなどからファイルをアップロードすることも可能です。 重要なアップデートを見逃さないように、スケジュールを忘れないように、アプリによって通知を受け取ることもできます。Trelloの無料アプリをインストールすれば、様々なデバイスで利用可能です。Trelloボードの情報はもちろん、リアルタイムでアップデートされます。カレンダー(スケジュール)や外部サービスとの連携も行っています。

【タスク管理ツール】Wunderlist(ワンダーリスト)

Wunderlist(ワンダーリスト)は、To Doリストを共有し、タスクを整理・可視化することができるタスク管理ツールです。計画の内容や、その大小にかかわらず、Wunderlist(ワンダーリスト)をタスク管理をシンプルにすることを手伝ってくれます。 Wunderlist(ワンダーリスト)には締め切り(スケジュール)の設定やリマインダー、To Doの割り当て機能があります。これにより期限を忘れることを防ぐことが可能です。もちろん、リストは共有可能で、プロジェクトメンバーとタスクを共有することができます。 iPhoneアプリやAndroidアプリなど様々なデバイスにも対応しています。 Wunderlist(ワンダーリスト)の機能としては、タスクをフォルダ化して管理をしやすくする機能や、リマインダー、通知およびハッシュタグといったものがあります。また、ユニークな機能として、Wunderlistが提供する該当のアドレスにメールを転送するだけでTo Doを作成できるといったものもあります。

【タスク管理ツール】Wrike(ライク)

Wrike(ライク)も優秀なタスク管理ツールの1つです。全てのタスクをリアルタイムで見ることができ、プロジェクトメンバーの稼働状況・スケジュールも一目でわかります。そのため、タスクの割り振りの計画も非常にスムーズに行うことができます。 Webサービスを開発する企業で人気が高く、タスクの割り込みを行うといったことが可能です。Wrike(ライク)はこれまでに、マーケティングチームや、クリエイティブチーム、プロジェクト管理チーム、商品開発チームといった様々なチームで生産成功率に貢献してきています。

【タスク管理ツール】Backlog(バックログ)

Backlog(バックログ)は使いやすさを特徴としたタスク管理ツールです。今まで、タスク管理ツールを利用したことがないユーザでも簡単に使い始めることができます。絵文字やスターなどの楽しい機能も盛り込んでいます。 その他、ガントチャート機能、バーンダウンチャート機能では、ガントチャートやバーンタウンチャートをお手軽に作成することができます。ドキュメントなどのバージョンを管理するバージョン管理機能などもあります。

【タスク管理ツール】Microsoft Planner(マイクロソフトプランナー)

Microsoft Planner(マイクロソフトプランナー)は、マイクロソフトがOffice 365 のために開発した Planner です。タスク管理、ファイルの共有、作業中のコミュニケーション、スケジュールの管理など、全てこのタスク管理ツールで行うことができます。 このツールはOffice 365 アプリを起動すれば簡単に利用できます。 タスクの更新などもマウスを利用して視覚的に操作することが可能です。[マイ タスク] ビューでは、全てのプランと全ての状況(スケジュール等)を確認することができます。このプランには、ファイルをアップロードし、チームで共同作業することもできます。 通知機能も備わっており、自分に新しいタスクが課されたときなどには、メールで連絡が来るようになっています。

【タスク管理ツール】Redmine(レッドマイン)

Redmineはオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。システム開発のプロジェクト管理において非常に有名です。オープンソースのため、自社用にアレンジが可能な一方、そういったことを可能にするためには、ある程度のシステム開発スキルが要求されます。 Redmineでは、「チケット」という機能によりタスクを管理します。作業や修正が必要なバグなどをプロジェクトにチケットとして登録します。チケットの担当者を決めて、スケジュールを登録し、チケットを更新していくという管理方法をとります。 チケットが持つ情報としては、チケットの大分類を表す「トラッカー」、チケットの進捗を示す「ステータス」、その他「優先度」、「担当者」、「対象バージョン」、「開始日」、「期日」などがあります。

【タスク管理ツール】Jooto(ジョートー)

Jooto(ジョートー)はかんばん方式でプロジェクト管理を行うタスク管理ツールです。いきなり「かんばん方式」と出てきましたが、トヨタ自動車が開発した生産方式で世界でも有名なものです。英語では「ジャストインタイム」とも呼ばれ、「必要なものを必要なだけ作る」ことを目的に開発されました。 なぜ、「かんばん」かというと、トヨタ自動車の工場内で前工程から後工程に引き渡すときに、部品箱に作業に関する情報が書いてある「かんばん」をつけて引き渡したことから名づけられました。 このJooto(ジョートー)も、同じようにホワイトボードに付箋を貼っていくような視覚的にわかりやすい方法でプロジェクトを管理します。 タスクの状況はカード形式で管理します。ドラッグ&ドロップで、リストの並べ替え、ファイルのアップロードも可能で、初心者にも優しいユーザーインターフェースとなっています。

【タスク管理ツール】ToDous(トゥドゥス)

ToDous(トゥドゥス)は2012年度にグッドデザイン賞を受賞しています。使いやすさにこだわって作られたタスク管理ツールです。 ToDous(トゥドゥス)は用途に合わせてたくさんのグループを作成できます。例えば「会社」、「趣味」、「プライベート」と別々に運用していても「グループ横断ビュー」機能により、ひとつの画面で異なるグループのタスクを確認することができます。

【タスク管理ツール】JIRA(ジラ)

JIRA(ジラ)はアジャイル開発を行う際のタスク管理ツールとして非常にすぐれています。アジャイル(agile)とは、機敏な、回転の速いといった意味を持ちます。スピードを求められたシステムの開発であったり、途中で仕様が何度も変更するようなシステムの開発に強みを持つ開発手法です。

【タスク管理ツール】GTD(Getting Things Done)とは!?

GTDというこの言葉は、タスク管理でよく見かけますので解説しておきます。 GTDとは、Getting Things Doneの頭文字をとったものです。これは、直訳すると、「仕事を成し遂げる」です。 やらなければいけないこと、思いついたこと、やりたいこと、など全てをインボックスに入れて、そこから、その項目を、5分以内にできることであれば今すぐやる、そうでなければそのタスクに必要なアクションを記載する。また、連絡を待つ必要があるものや、いつかやるものなど、分類して管理するという方法です。

タスク管理ツール|厳選紹介!自分に合うタスク管理ツールを見つけよう。のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回はタスク管理で評判の高いタスク管理ツールを紹介しました。 これまでの紙やEcxelでの管理と比べて、タスク管理ツールのよい点といえば、「グループでの共有」という点でしょう。さらにタスク管理ツールは進捗管理だけにとどまらず、「タスクの依頼」、「タスクへのコメント」、「タスクの期限の修正」、「タスクのアラート」と言った、システム化したことによる素晴らしい機能をたくさん持っています。 今回紹介したタスク管理ツール以外にもたくさんのツールが公表されています。オープンソースのものから、無料、有料、さまざまです。日本人向けでも、これほどのタスク管理ツールが出回っているのですから、英語が得意な人は、それこそいくらでも、タスク管理ツールを調べて試してみることができるでしょう。 まだ、タスク管理ツールを使ったことのない方は、今回紹介したものの中から、既にタスク管理ツールを使ったことのある方は、上記を参考にしながら、独自で探されてもいいかもしれません。 ぜひ、自分に最適なタスク管理ツールを見つけ、快適な毎日を過ごしていただければと思います。