【30歳の平均年収】みんなが気になる平均年収を徹底調査!

さあ、今回の記事では社会人として仕事も覚え、後輩や部下もでき社会人として脂が乗り始める年齢30歳の平均年収について調査し、解説していきたいと思います。 皆さんは、30際の平均年収はいくらぐらいだと思いますか!?新卒の年収が毎月の給料20万円、ボーナスが3ヵ月分で60万円として、合計で360万円ぐらいでしょうか。 6月のボーナスがもらえない会社も多いので、300万円ぐらいかもしれません。それでは、そこからどれぐらいの開きが出ていくのか見てみましょう。

30歳の平均年収はズバリ○○!

それでは、いよいよ30歳の平均年収について解説していきたいと思います。調査方法はいろいろあります。転職サイトが独自に行ったものや、厚生労働省が行う賃金構造基本統計調査の結果より算出するものなど。 各調査の結果はほぼ同じです。それらの調査結果によると、30歳の平均年収は430万円です。ちなみに男性は30歳で450万円、女性は30歳で380万円となっています。 女性の皆さんは、いきなりガッカリされたかもしれませんが、男女で30歳になると70万円ほどの差が出てきます。しかし、女性には一般採用という雇用形態があるため、総合職で比べると同じくらいになっているという見方もできます。

30代の年収はどう変化するの!?35歳の平均年収を調査!

さあ、30歳の平均年収がわかったところで、30代の年収がどう変化していくのかも興味ありますよね。では、もう少しだけ30代の年収を見ていきましょう。真ん中の35歳の平均年収はいかがでしょうか!? 35歳の平均年収は480万円です。男性が35歳で510万円、女性が35歳で400万円となっています。いよいよ男女の差が100万円を突破しました。

30代の年収はどう変化するの!?40歳の平均年収を調査!

さあ、これが最後です。35歳の平均年収がわかったところで、30代の年収がどう変化していくのかも引き続き興味ありますよね。では、もう最後に40歳の年収を見ていきましょう。40歳の平均年収はいかがでしょうか!? 40歳の平均年収は530万円です。男性が40歳で580万円、女性が40歳で420万円となっています。全体としては、30代の10年間で150万円ほど上がっていることがわかります。 10年で年収が150万円上がるという感覚はいかがでしょうか!?月給になおすと、10万円ぐらいとなります。私的には、もっと上がってくれるのかと思っていたのですが、平均にするとこれぐらいなのでしょうね。 もちろん、高給取りの会社ほど、昇給率はすごく、会社自体の最終到達年収が低いところは、上がりようがないのは事実のようです。

30歳の年収が高いランキング!

東洋経済オンライン編集部が30歳年収「全国トップ500社」ランキングというものを公表しているので、参考にしながら解説していきたいと思います。

・【1位】M&Aキャピタルパートナーズ M&Aキャピタルパートナーズの30歳年収は2222万円です。名前にM&Aを冠しているように、M&Aに特化した会社となっています。 顧客は主に中堅・中小企業です。2005年10月にできた比較的新しい会社となっています。 ・【2位】GCAサヴィアン GCAサヴィアンの30歳年収は1832万円です。日本と米国と欧州を中心に活動するグローバルM&Aアドバイザリー会社です。最初はGCAという商号で業務をスタートし、途中でサヴィアンと経営統合し、GCAサヴィアンとなり、2016年8月のAltiumとの経営統合により、またGCAと商号を変更しています。 ・【3位】キーエンス キーエンスの30歳年収は1546万円です。超高級企業の代名詞のような会社です。工場に設置するセンサーによるオペレーションの自動化をコンサルティングを交えながら実施しています。FAセンサーと呼んでおり、FAはファクトリーオートメーションの略です。 ・【4位】日本商業開発 日本商業開発の30歳年収は1233万円です。名前の通り商業施設開発をメイン事業としています。大阪に本社があります。 ・【5位】ファナック ファナックの30歳年収は1176万円です。この会社も最近、中部圏での成功会社としてよく取り上げられています。ファナックはFA、ロボット、ロボマシンの3事業を展開しています。 ・【6位】日本M&Aセンター 日本M&Aセンターの30歳年収は1104万円です。またもや1位、2位と同じ業種でまたもやM&Aの会社が出てきました。M&Aは1件で動く金額が大きいので、件数を重ねれば非常に儲けることができるのですね。 ・【7位】ドリームインキュベータ ドリームインキュベータの30歳年収は1089万円です。日本発の戦略コンサルティング会社です。戦略コンサルで有名なBCGを退社後、堀さんが作った会社としてコンサル業界では有名です。出身も東大生が多くエリート集団となっています。 ・【8位】三菱商事 三菱商事の30歳年収は1048万円です。いよいよ高給取りの代表的存在である商社が出てきました。商社はこの時点では8位ですが、定年まで働く人も多く、一概にこの時点の年収で優劣をつけることはできないでしょう。 ・【9位】伊藤忠商事 伊藤忠商事の30歳年収は1030万円です。連続で商社です。伊藤忠は、昨年資源安で他の商社が苦しむ中、念願の利益トップを手にしました。トップのリーダーシップがあり、早朝残業制度などユニークな制度も先陣をきって取り入れています。 ・【10位】朝日放送 朝日放送の30歳年収は1021万円です。キー局ではない、関西のテレビ局が先に出てきました。いずれにしてもテレビ業界の年収はすごいです。

【30歳の平均年収】みんなが気になる平均年収を徹底調査!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は、30歳の平均年収を調査しながら、その中で気になった30代の年収の推移および、30歳で高給をとれる会社についても調べました。 現在、30歳の皆さん、また30歳に近い方は、今の自分と比べていかがでしたか!?あくまで、他人は他人です。年収以外で、高給取りの会社はストレスが多いなど、悩みも持っているのも事実です。 年収は1つの参考にして、総合的に今の会社と上位の会社を比較してみてもらえればと思います。