【早期退職って得する?損する?】早期退職制度を利用した人の事例をまとめてみました

今の日本では、ますます少子高齢化が進んでいます。高齢化を最初に迎える国として、他諸国も日本を参考にしようとしています。日本で言えば、他に学ぶべき事例がないので、自らいろいろ考えて制度を盛り込んでいく必要があります。 その1つが定年に関する考え方です。日本では、これまで定年といえば一律60歳でした。最近では、少子高齢化に伴い、定年を65歳に延ばしたり、定年再雇用のような制度を設けている会社がたくさん出てきました。 それでは、早期退職制度は、それに合わせて出てきたのでしょうか!?実は、早期退職制度は、もう少し前です。リーマンショックで、日本の大企業でもリストラという言葉が飛び交っている中で、解雇ではなく、もっと従業員側に優しい制度として「早期退職制度」は生まれています。 もしかしたら、バブル崩壊後あたりからも、取り入れている企業は多いのかもしれません。

早期退職制度って何!?

早期退職制度は、「早期退職優遇制度」とも呼ばれたりしています。日本では、まだ60歳が定年の会社が多いですが、60歳以前で退職を希望する人を優遇するというものです。 早期退職優遇制度を利用した人には、退職金を制度を利用せずに退職する人より、多くすることや、年金は通常通りに支払われるなど、会社によって優遇施策を設けています。 会社側のメリットとしては、年功序列の中で定年間際の従業員は得てして高給取りになりがちなので、それらの人件費を削減し、若い人への充当や、他の経営資源への再配分に利用することができます。

早期退職制度とリストラの違い

早期退職制度とリストラについて混乱される方もいるかもしれません。早期退職制度はリストラの中に含まれます。 リストラとはリストラクチャリングの略語で会社の再構築を意味します。そのため、会社の再構築のために行われることがリストラです。そのため、早期退職制度であっても、大量解雇であっても、どちらもリストラの一環であると言えます。 それでは、早期退職制度と解雇の違いはなんでしょうか!? 早期退職制度は通常、社内の掲示板やメールなどで、「早期退職希望者の受付」などの案内があって、本人も周りもしっかり計画しながら退職に進めます。 この掲示板での通知では、各種優遇条件などが書かれており、従業員はそれを見ながら、家族と相談しながら、今後の人生設計を立てることができます。 一方で、解雇は会社の経営が困難になる、または事業の見直しなどで、従業員に給料を払えないときや、人員を再配置するときなどに、一部の方に申し訳ないがやめてほしい。と強制的に会社を去ってもらうというものです。

公務員の早期退職制度

さあ、あまり会社の早期退職制度というものは、その詳細がわかりませんが、実は公務員でも早期退職が実施されています。公務員の早期退職制度を参考に、早期退職についての理解を深めていければと思います。 公務員と言いましたが正式には、国家公務員向けに内閣官房からアナウンスされています。その制度の正式名称は「早期退職募集制度」です。再就職のあっせんに対して、世間の目が厳しくなる中、出向や再就職のあっせん以外の手段として、平成25年11月1日から適用されました。 対象は45歳以上の職員となっています。プロセスとしては、以下のようになっています。 1.早期退職希望者の募集 まず、各省庁で早期退職希望者を募集します。その際に、募集実施要項等を周知します。要項の中には、対象の年齢、部署、募集人数、募集の期間、退職の期日などが記載されています。 2.応募 応募は自発的な意思を尊重されるもので、強制をしてはいけないことになっています。 3.認定 応募者は基本的には早期退職を認定されます。 4.通知 応募者に対し、認定通知書を交付します。万が一、不認定の場合は不認定通知書が交付されます。 5.退職 指定された日に退職します。退職手当が支給されます。 <国家公務員の早期退職の実績> 平成28年度分:1,455人 平成27年度分:1,528人 平成26年度分:1,605人 平成25年度分:1,035人 いかがでしょうか!?さすが、公務員というところで、なかなか詳細に情報を開示してくれているのではないでしょうか!?さらに、各省庁の募集内容についても、公表されているので、実際に募集要項を確認したい方は見てみてはいかがでしょうか!?

早期退職制度利用者のその後

早期退職制度利用者のその後はいったいどうされているのでしょうか!?やめる時期にも大きく関わってくるとは思います。例えば、定年間際の58歳で利用した場合は、そのまま引退生活に入られる方が多いでしょう。 また、国家公務員では45歳から募集が開始されているように40代で早期退職制度を利用する場合は、まだ働く必要があります。もしくは、起業や転職を理由にこの制度を利用されるという方も多いのかもしれません。 それでは、早期退職される方のその後について、以下のようにまとめてみました。 ・独立、起業 自分でビジネスをやりたいという方が早期退職制度を利用されることがあります。よく言われる、定年後の夢である飲食店の経営などについて、早期退職制度を利用すれば、もっと早くに実現することが可能です。 また、ずっと起業したいと考えていたけれども、なかなか踏ん切りがつかず始められなかった人が、この早期退職制度によって背中を押してもらえるというケースです。 経済的にも、普通に会社を辞めるより優遇されますし、前の職場もきちんと制度を利用して辞める人には、とても暖かく見送ってくれます。独立や起業は、前の職場とのつながりが大事になることがあります。このケースでは、それが最大限活用できるということですね。

・転職 転職して、自分のやりたいことをやるために、早期退職制度を活用する人もいます。早期退職制度の利用者は、高齢のため、通常の転職は難しくなっています。自分の縁を頼ったり、制度の利用前に次の転職先を決めておくなどは有効なリスクヘッジの手段になります。正攻法で、早期退職制度で退社してから、転職サイトに登録するというやり方では、なかなかハードルが高いことでしょう。 ・リタイア生活 これまでにしっかり貯金して、年金がどれぐらいもらえて、早期退職制度による優遇がこれぐらいで、と計算しているうちに、もう働かなくても、食べていけるという状態になる人もいます。リタイア後に、働かなくても、何か自分の趣味みたいなものがある人は、その後も楽しい人生が待っていることでしょう。

【早期退職って得する?損する?】早期退職制度を利用した人の事例をまとめてみました

いかがでしたでしょうか!?早期退職制度について理解していただけましたか!? 早期退職制度が一概に得か?損か?という答えはありません。経済的な面で言うと、ただ解雇されるよりは、もちろん得です。純粋に定年まで働くことと比較すると損です。 ただ、この経済的な面については、時間との見合いで考える必要があります。我々は自分の時間を会社に与える、その対価によってお金をもらっています。 早期退職制度利用後に自分の時間が最大限活用できるように計画していれば、得をするという考え方もできます。ニュースなどでも、早期退職制度について取り上げられているので、それらの記事も参考になることでしょう。