【住民税決定通知書】いつ届く?内容や用途を徹底調査!

今回は、知っていそうであまりよく知らない住民税決定通知書について解説したいと思います。 「住民税って何でしょうか?」、「住民税決定通知書って何でしょうか?」、「住民税決定通知書と源泉徴収票との違いは何でしょうか?」、「住民税決定通知書って、いつどこから送られてくるのでしょうか?」、「住民税はどうやって計算されているのでしょうか?」、「住民税の計算式はどのようになっているのでしょうか?」 今回は、これら住民税決定通知書に関する様々な疑問を解決すべく、住民税決定通知書について調査いたしました。この記事を読んで一緒に住民税決定通知書について理解していきましょう。

住民税と住民税決定通知書について

それでは、まず住民税って何かについて解説します。住民税とは、都道府県や市区町村などの地方自治体が徴収する税金のことです。都道府県民税と市町村民税を合わせたものを住民税といいます。 住民税決定通知書とは、皆さんが支払わなければいけない住民税の金額を知らせる書類です。

住民税決定通知書と源泉徴収票の違い

住民税決定通知書とは何かをご理解いただけたかと思います。それでは、住民税決定通知書とよく比較で取り上げられる源泉徴収票についてはご存知でしょうか? 頭を整理するために、源泉徴収票についても説明しておきます。源泉徴収票は所得税を会社が天引きで、支払っている場合に、毎年年末に受け取ります。 1月1日から12月31日までの給与の額面および賞与の額面が記載されています。年末調整がどのように行われているのかを確認することができます。

住民税決定通知書の発送元と発想時期について

それでは、住民税決定通知書って、いつどこから送られてくるのでしょうか!?それを説明するために、まず「普通徴収」と「特別徴収」について説明します。その中で、いつどこからについてもお答えします。 住民税は、普通徴収と特別徴収という2つの徴収形態があります。「普通徴収」は、毎年6月に市区町村から納税義務者に発送されます。 この住民税決定通知書をもとに、納税者は自ら金融機関で1年間の住民税を納めます。 「特別徴収」は、主に会社員に適用されます。毎年、給与所得から12回に分けて源泉徴収にて住民税が支払われます。特別徴収の場合は、住民税決定通知書は会社から5月の給与支給時に社員に手渡されます。 また、住民税は、1月1日に住んでいる場所で課税されます。途中で引っ越した場合でも、1月1日に住んでいた地方公共団体に税金を納めます。引っ越した先から二重で徴収されるようなことはありません。

住民税の計算について

それでは、いよいよ住民税の計算に入っていきます。住民税の課税においては、「所得割」と「均等割」というものが適用されます。 「所得割」とは、所得が多い人ほどたくさんの住民税を支払ってください、というものです。「均等割」は、みな一律に定められた額で計算されるものです。 現在、所得割は市区町村民税は「課税額×6%」、と都道府県民税は「課税額×4%」となっています。均等割は自治体により異なりますが、市区町村民税では「3,500円」、都道府県民税では「1,500円」が標準となっています。 計算のためにこれらを合わせると、住民税の所得割は「10%」、均等割は「5,000円」として計算することができます。

住民税の計算方法について

住民税は、所得からいろいろなものを控除した金額に対して課税されます。今回はわかりやすく1000万円で計算してみましょう。 <課税対象額の計算> ①給与所得控除 給与所得の控除額は給与所得によって異なります。年収が660から1,000万円の場合には所得の10%に120万円を加えた金額です。実際の計算式は以下の通りです。 1000万円×10%+120万円=220万円 ②社会保険料 社会保険料(健康保険料、雇用保険料、厚生年金)なども控除の対象となります。社会保険料は年収の14.22%で計算できます。計算式は以下の通りです。 1,000万円×14.22%=142万円 ③住民税の基礎控除 基礎控除額は収入によらず33万円一律です。 ④課税対象となる額面 年収1000万円から①~③を差し引きします。計算式は以下の通りです。 1000万円-220万円-142万円-33万円=605万円 課税対象は605万円となることが分かりました。 そして、住民税を実際に求めてみましょう。 <住民税の計算> 年収1,000万円に対する住民税の計算式は以下のようになります。 課税対象の605万円に税率10%を掛けて均等割5000円を足し、調整割2500円を差し引きます。計算式は以下の通りです。 605万円×10%+5000円-2500円=約61万円 よって、年収が1,000万円のときの住民税は61万円ぐらいであることがわかりました。

【住民税決定通知書】いつ届く?内容や用途を徹底調査!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回、住民税決定通知書について徹底調査しました。 「住民税って何でしょうか?」、「住民税決定通知書って何でしょうか?」、「住民税決定通知書と源泉徴収票との違いは何でしょうか?」、「住民税決定通知書って、いつどこから送られてくるのでしょうか?」、「住民税はどうやって計算されているのでしょうか?」、「住民税の計算式はどのようになっているのでしょうか?」という疑問に全てお答えできたかと思います。 もう一度おさらいしておくと、住民税というのは、その年の1月1日に住んでいる自治体から徴収される税金です。住民税は都道府県民税と市町村民税からなります。 住民税には一般徴収と特別徴収があり、一般徴収では6月ごろに自治体より住民税決定通知書が送付され、特別徴収では勤務先より5月の給与支給時に手渡されます。 住民税を計算する際には、課税対象額を計算し、所得割10%、均等割5,000円で算出します。年収が1,000万円の場合の住民税は約61万円となりました。 皆さんも、住民税決定通知書で分からないことがあれば、この記事をまた振り返ってもらえたらと思います。