【マネジメントの意味】ドラッカーのマネジメント術など徹底調査!

皆さん、マネジメントって最近どの企業でも当たり前のように使われていますよね!?そんな、よく使われているマネジメントですが、皆さんは正確な意味をご存知でしょうか? 最近では、ピーター・ドラッカーのマネジメントが流行し、改めてマネジメントの意味について問われるようになっています。今回は、知っているようで知らなかったマネジメントの意味からマネジメント術までを調査し、解説していきたいと思います。

マネジメントの意味

それでは、マネジメントとはについてお話しするうえで、まずはマネジメントの意味から整理していきます。マネジメントは英語でmanagementと書きます。 その意味は、「経営」、「管理」、「経営力」、「経営の方法」、「経営学」、「経営陣」、「取り扱い」、「操縦」と多岐に渡ります。それにも関わらず、マネジメントというと私たちは「管理」と自動で変換する癖がついています。 そのため、英語の文献を読んでいても、managementの意味が正確にとらえられず、話が食い違ってしまうのです。マネジメント力をただただ、管理能力と訳してしまうと陳腐なものになってしまいます。 まずは、マネジメントをすぐに管理と訳してしまう癖を直しましょう。部下や品質、期日を管理するだけがマネジメントではないからです。

マネジメントの意味を定義づけたドラッカーとは!?

マネジメントについて、話しているとドラッカーについてもよく話題に出てきます。ドラッカーという名前は皆さんも耳にされたことがあると思いますが、その詳細については、私同様あまりご存知ない方が多いと思いますので、一緒に理解していきましょう。 ドラッカーはフルネームでピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)と言います。1909年にオーストリアのウィーンで生まれました。2005年アメリカのカリフォルニアで亡くなっています。95歳まで生きていて、つい10年前までは生きていらっしゃったんですね。そんなピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)は、ずばり、「マネジメント」という本を書いており、マネジメントの第一人者であります。 彼は本当に多くの書籍を出版し、様々な会社に影響を与えてきたと言われています。 1939: The End of Economic Man (経済人の終わり) 1942: The Future of Industrial Man (産業人の未来) 1946: Concept of the Corporation (会社の概念) 1950: The New Society (新しい社会) 1954: The Practice of Management (マネジメントの実践) 1957: America’s Next Twenty Years (アメリカの次の20年) 1959: Landmarks of Tomorrow (明日のための思想) 1964: Managing for Results (結果を導く方法) 1967: The Effective Executive (効率的経営者) 1969: The Age of Discontinuity (断絶の時代) 1970: Technology, Management and Society (テクノロジー、マネジメントそして社会) 1971: The New Markets and Other Essays (新しいマーケットと新しい試み) 1971: Men, Ideas and Politics (人間、アイデアそして政治) 1971: Drucker on Management (ドラッカーのマネジメント) 1973: Management: Tasks, Responsibilities, Practices’ (マネジメント、務め・責任・実践) 1976: The Unseen Revolution: How Pension Fund Socialism Came to America (見えざる革命、来るべき高齢化社会の衝撃) 1977: People and Performance: The Best of Peter Drucker on Management (ピープル・アンド・パフォーマンス)) 1978: Adventures of a Bystander (傍観者の冒険) 1980: Managing in Turbulent Times (激動の時代のマネジメント) 1981: Toward the Next Economics and Other Essays (次の経済と新しい試み) 1982: The Changing World of Executive (経営者の世界の変化) 1982: The Last of All Possible Worlds (全ての世界における終わり) 1984: The Temptation to Do Good (良いことをする心がけ) 1985: Innovation and Entrepreneurship (革命と起業家精神) 1986: The Frontiers of Management: Where Tomorrow’s Decisions are Being Shaped Today (マネジメントの先駆者、明日決断することが今日を形作っている) 1989: The New Realities: in Government and Politics, in Economics and Business, in Society and World View (新たな現実、政府と政治、経済とビジネス、社会と世界の視点) 1990: Managing the Nonprofit Organization: Practices and Principles (非営利組織の経営、原理と実践) 1992: Managing for the Future (未来へのマネジメント) 1993: The Ecological Vision (環境にやさしいビジョン) 1993: Post-Capitalist Society (ポスト資本主義社会) 1995: Managing in a Time of Great Change (大転換期のマネジメント) 1998: Peter Drucker on the Profession of Management (ピーター・ドラッカーのプロフェッショナルマネジメント) 1999: Management Challenges for 21st Century (21世紀のマネジメンチャレンジ) 1999: Managing Oneself (自分自身のマネジメント) 2001: The Essential Drucker (ドラッカーの本質) 2002: Managing in the Next Society (次の社会におけるマネジメント) 2002: A Functioning Society (機能的な社会) 2004: The Daily Drucker (毎日ドラッカー) 2008: The Five Most Important Questions (5つの最も重要な質問 ※死後出版) いかがでしょうか!?本の題名を見ただけで、ドラッカーという人がどれだけ凄い人物かわかってきますね。そして、ドラッカーが言うマネジメントはただの「管理」ではないのです! マネジメントを適切に行えば、「今を生き抜き、新しい未来まで創造できる」。それが、ドラッカーの言うマネジメントなのです。

ドラッカーのマネジメント

それでは、いよいよマネジメントのドラッカーについて、解説していきます。まずは、日本人がピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)のマネジメントを読んだと言うとこの本のことを指していると言って間違いありません。 「マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則」<出版:ダイアモンド社> それでは、どのようなことが書いてあるのでしょうか!?本の中身を知るには、各章の題名を見ていくのが一番です。 1章 企業の成果 2章 公的機関の成果 3章 仕事と人間 4章 社会的責任 5章 マネジャー 6章 マネジメントの技能 7章 マネジメントの組織 8章 トップマネジメント 9章 マネジメントの戦略 この本で言っているマネジメントとは「人と組織をうまく連動させ、最大の成果を上げることです。」 どうですか!?マネジメントをただ、単に「管理」と訳すと、ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)に怒られそうですよね! また、マンネジメントの役割は3つあると彼は言っています。 ・マネジメントは、自らの組織に特有の目的と使命を果たす。 ・マネジメントは、仕事を生産的なものにし、労働者に成果を上げさせる。 ・マネジメントは、自らが社会に与える影響をコントロールしながら、社会の問題解決に寄与する。

【マネジメントの意味】ドラッカーのマネジメント術など徹底調査!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は、ビジネス界でよく使われるマネジメントについて解説しました。 1つ覚えておいていただきたいことは、マネジメントを「管理」と訳してはいけないということです。これだけ、覚えて頂くだけでも、マネジメントの本質に近づいていただけるのではないかと思います。