【人と関わらない仕事】人と関わりなくできる仕事を徹底調査!

さあ、今回の記事は、ずばり「人と関わりなくできる仕事を徹底調査!」です。普段、会社勤めをしていると、人間関係に悩まされることって、よくありますよね。 特に日本人は仕事になると、普段の穏やかな様子から一変して、鬼のようになる人もいます。それだけ、日本人がまじめであるということなんですが、これはどういうことかと言うと、一緒に働く人はそれだけストレスを受ける可能性が高くなるということです。 日本では、「過労死」や「ストレスによる鬱」が世界でも有名です。一見、終身雇用の守られた仕組の中で素晴らしい毎日を送っているように見えますが、実際に働いている人たちは、毎日大変な思いをしながら働いています。

日本は国民の幸福度が低いことでも有名です

日本は世界第3位の経済大国と言われていますが、国民の幸福度が低いことでも有名です。だいたい、幸福度が低いという人は会社から多くのストレスを受けていたり、働かされすぎてプライベートな時間が全くないような人かと思います。 人間の幸せが「お金」や「安定」だけではないことをよく示している結果かと思います。また、日本人の多くが受けているストレスの原因は「人間関係」ということが、多々あります。 そのようなときには、「人と関わらない仕事」に就きたい!と考えるわけです。それでは、実際に「人と関わらない仕事」には、どのようなものがあるか、今回はお話ししていきたいと思います。

人と関わらない仕事1「Webライター」

さあ、それでは、早速ですが、「人と関わらない仕事」を紹介していきたいと思います。1つ目は「Webライター」です。 私も「Webライター」のお仕事をさせてもらっているので、この仕事については、それなりに知っています。まず、「人と関わらない仕事」という面は満たしています。 作業は、自宅でできます。基本的には、指示された「キーワード」、「タイトル」で記事を書いて提出するだけです。 執筆した記事が問題なければ、それでお金をもらうことができます。いたってシンプルな仕事です。

人と関わらない仕事1「Webライター」の実際の仕事について

思うのですが、文字数制限の壁を最初は簡単に超えることができないのです。 最初は、1,000文字の記事を書くのに、1日がかりで書くこともありました。また、1,000文字の記事というのは、最低文字数の記事で、一般的な記事の長さというのは2,000字から4,000字となっています。 無名のWebライターが担当する記事の単価はだいたい1文字0.5円~0.8円です。2,000文字なら1,000円から1,600円となります。先ほどは1日で1,000文字の記事を1つと言いましたが、少し慣れてきて1日2,000文字の記事を1つ書けるようになったとしても、1日1,000円から1,600円しか稼ぐことができないのです。 インターネットでできる仕事として、まっさきに出てくる仕事が「Webライター」です。誰でも始めることができます。 ただ、誰でも続けることができるわけではありません。典型的な「始めるは易し、続けるは難し」の仕事の1つだと思います。

人と関わらない仕事2「小説家」

こちらも典型的な「人と関わらない仕事」の1つです。完全に自分と向き合いながら、言葉をひねり出し作品を完成させます。 自分の好きなものを自分の好きなように書きます。もちろん、読者や賞を意識したハイレベルな作家もいます。また、読者や賞を意識した作品は「本当の小説」ではないと言う人もいます。 それでは、小説家の仕事はどうやってお金になるのでしょうか。1つはAmazon(アマゾン)などを利用した個人での販売です。 Amazon(アマゾン)には、「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)」というサービスがあります。「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)」では、小説家のセルフ出版を支援してくれます。 基本的には、Kindleにあなたが書いた小説を販売してもらい、最大で販売価格の70%のロイヤルティをもらうことができます。また、小説の権利はあなた自身が保有し続けることができ、出版後も内容の修正が可能です。 プリント本を出版したいという人にもAmazonはサポートしています。最大で60%のロイヤルティをもらうことができます。 これは、インターネットやAmazonの規模拡大により、個人が社会とダイレクトでビジネスができるようになったいい例だと思います。 また、昔ながらのやり方としては、書いた小説を出版社に送ったり、〇〇賞に応募したリするという方法もあります。 収入は、本の売り上げによりますので、恐ろしいほどの歩合制の職業と言うことができるでしょう。

人と関わらない仕事3「漫画家」

日本が世界に誇る文化「漫画」を世に生み出すのが「漫画家」です。私も、少年ジャンプ、少年マガジン、少年サンデーなどを愛読していました。私の愛する作家は「あだち充」先生です。 話が逸れすぎてはいけないので、もとに戻しますが、これほど漫画家が活躍する社会は日本ぐらいでしょう。多くの漫画雑誌が刊行されており、少年漫画、少女漫画、青年漫画、女性漫画、TL(ティーンズラブ)漫画、オトナ(大人)漫画など多数のジャンルが存在します。 この職業も紙と漫画セットを用意すれば始めることができます。最近ではデジタル漫画キットなるものもあり、漫画をデジタルで描くことができるようにもなっています。 仕事のやり方としては、作品を書き、漫画雑誌を発行する出版社に送りデビューを目指すか、最近では、無料の漫画アプリが多数作られており、そちらに作品を掲載することで世に作品を送ることができます。 漫画を描くには、小説の才能と絵の才能の両方が要求されるため、とてもハードルの高い職業かと思います。また、片方の才能に突出しており、どうしても漫画に活かしたいという人は、誰かとパートナーを組んで作品を生み出すという方法があります。 1人は物語を作り、1人が絵を描くです。このやり方で、漫画を生み出している人たちもたくさんいます。ただ、このやり方はパートナーと深く関わっているため、「人と関わらない仕事」と言えなくなってしまいますが。

人と関わらない仕事(女性編)

それでは、女性にもできる「人と関わらない仕事」について、お話しします。まず、結論から言うと「人と関わらない仕事」は、ほとんどがWeb上の仕事であり、作品を生み出すものです。 そのため、男性・女性の性別は問われません。どの仕事においても、女性でも行うことができます。出産直前や出産直後の女性、子育て中の女性であろうと、好きなときに好きな場所でできるというものがほとんどです。 先ほど、紹介した仕事の3つ、「Webライター」、「小説家」、「漫画家」のいずれも人と関わらない仕事であり、男女問わずできます。一部例外として、Webライターのライター募集で性別を問われることがあります。 それは、男性または女性の目線で記事を執筆してほしいというクライアントがいるためです。ただ、それは当然のことであり、仕事は依頼主があり、依頼主のニーズを満たして初めて、仕事をしたと言えるためです。 ただ、これに関しては、男女どちらの案件が多いということでもなく、ほとんどの記事は男性・女性が不問となっていますので、気にしなくてもいいでしょう。

人と関わらない仕事(バイト編)

人と関わらない仕事(バイト編)ということで、人と関わらないバイトには、どんなものがあるでしょうか。まずは、工場の流れ作業のバイトです。 年末のおせちバイトなどが、有名ですが、ベルトコンベアで流れてきた重箱にひたすら自分が担当するおせちを並べていくというものです。研究員のように完全殺菌状態で作業を行います。 年末の時期限定のバイトのため、非常に儲けることができます。また、郵便局の年賀状配達も、有名です。 数年前、あるバイトの男子が年賀状を大量に廃棄したといって大問題になったことがありました。あのバイトです。 ひたすら、年賀状を各家庭の郵便ポストに配達していきます。効率をあげようと急いで運転すると事故のもとになるので、バイクの運転には最新の注意が必要です。

人と関わらない仕事(正社員編)

人と関わらない仕事(正社員編)ということで、正社員として会社に勤めながら人と関わらないなんていう天国のような仕事はあるのでしょうか!?実はあります。 まず、Webライターの仕事も正社員で募集しているところがあります。最初の研修期間だけは、正社員として会社に出社が必要ですが、ある一定期間が過ぎると出社しなくても好きな場所で仕事をしていい会社が多くあります。 いい記事を執筆し、ノルマをきちんとこなしていれば、文句を言う人は誰もいません。また、警備員の仕事なども人と関わることがない正社員の仕事と言えるでしょう。 特に夜間警備で一人体制の場合、人と会話するのは仕事を始めるときと、仕事を終わるときの引継時のみとなります。正社員でも人と関わらない仕事って探してみたらあるものですね。正社員の待遇を維持しながら、正社員ではあまりない、人と関わらない仕事ができるなんて、とてもうらやましい限りです。

【人と関わらない仕事】人と関わりなくできる仕事を徹底調査!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?「仕事の人間関係に疲れた!」という人のために今回は、「人と関わらない仕事」について、お話しし解説しました。 人と関わらない仕事は、人間関係におけるストレスは少なくなりますが、決して楽ではないかもしれません。もし、あなたが人と関わらない仕事をやるときには、新たに発生するストレス、「寂しさ」、「収入面の不安」、「将来の不安」などもしっかりと検討しながら始められることをオススメします。