【転職の失敗事例まとめ】失敗談から後悔しないためのテクニック!

目次

2chにもある転職の失敗談から辞めたい理由をチェック!後悔しないためのテクニック1:転職準備不足

2chにも多くの不平不満が掲載されています。「辞めたい!」そう考えたときに、即転職をすればいいのですが、失敗して後悔するケースもあります。社会人としての常識である転職準備が不足している場合です。 社会人としては「辞めたい!」という思いをどう会社に話していくかが重要なポイントになります。次に、保育士さんの幼稚園の転職の体験談(失敗談)をご紹介します。転職の難しさ、失敗して後悔しないためにはどうすればいいかを考えてみてください。

2ch等にもある転職での失敗談1

保育士さんのお話です 『私は、A幼稚園での新卒2年目の冬場に転職を決意しました。子どもが大好きで、高校生の頃から、幼児の甥っ子や姪っ子と遊ぶことが大好きで、子ども目線で遊んだり、勉強したりするのが好きでした。そして、大学卒業と同時に、A幼稚園でお世話になることになりました。1年目は無我夢中で園児とふれあったり、保護者の方とのお話をしたりなど充実していました。 しかし、2年目に入り園の雰囲気がだんだんわかってくると、人間関係でいろいろな問題が起こりました。初めは私の周りで起こっていることだから関係ないかと、思っていたのですが、「これ今日中にやっといてね。」と勤務終了時間ぎりぎりに言われたり、「○○先生(私)は怖いね。」と園児に言いまわったりして私の居場所が徐々になくなってきたのです。 そんな2年目の冬の生活発表会で、園児の出番を間違えるという大失敗をしてしまい、人間関係(いじめ)もあったのでうつ症状になってしまったのです。「もうこの園で続けることはできない!」と決心し、園長先生にいろいろな退職理由を説明して3月末で退職を願い出ました。「それぐらいのことで辞めていたらどこへ行っても同じことになるよ。」と言われましたが、決心は固く次の園を探すことにしました。 3月、次の園に応募しましたが不採用でした。その次も…なぜなんだろうという疑問がわいてきました。3園目の幼稚園でその理由がわかりました。なんとA幼稚園からの情報で「○○という人は、人間関係がうまくいかないからだめだよ」というものでした。どうやらA園の園長先生の顔が広く、そこからの情報だったようでした。 ここで感じたことは、辞めたいと思ったときに中途半端な辞め方をしてはいけなかったという後悔でした。2chにもいろいろな思いが載っていますが、辞めたい思いを後悔しないように転職に結び付けないといけないということです。2chを見ていても、転職に失敗する人はなんだかの後悔があるようです。今、B保育園で働いていますが、私の転職の失敗は私を強くしてくれたと思っています。』

ポイント解説1:失敗談から学ぶ転職で後悔しないために

この方のような転職での失敗をされた方も多いでしょう。転職先の社長同士が知り合いだったとあとでわかったという例は結構多いです。それを防ぐためには、辞めたいと思った時から後悔しないように、お互いが気持ちのいい退職をしておくことと、転職の準備をしっかりとしておくことです。 2chにも辞めたいけどがまんして続けている方や、辞めたい理由を上司にどう説明しようかと悩んでいる方がおられます。がまんして続ける根性のある方は、もう少しがんばってみるのもいいでしょう。しかし、この方のように、うつ症状になるぐらいなら転職すべきです。その時に、あまりにも正直に転職理由を言う必要はありません。 しかし、すぐに転職をする、あるいはもう転職先が決まっている場合には、体調不良や家族の介護や病気などを理由にしてはいけません。同業の場合などには会社同士がどこかでつながっているものですから、それが知れてしまうとあなたの悪評が立ちます。後悔して失敗しないように、十分計画を立てて上司が理解してくれるように転職理由を説明しましょう。 では、転職で後悔しないための辞めたい理由を、どう会社に説明すればいいかを考えましょう。会社の上司や人事担当者は、あなたからの退職の申し出を社長に伝えます。ですから、上司や人事担当者とのやりとりが大切になります。上司が社長に対して「○○さんは、○○の理由で退職を申し出てきました。十分話をしましたが、3ヶ月も先の退職ということで会社にも配慮してくれていますし、やむを得ない理由だと思います。」と言わせるようにもって行くことが重要なのです。上記の保育士さんの例ですと、以下のような話をするのがいいでしょう。 『私は、ここで2年働かせていただきました。途中しんどいと思うこともありましたが、○○副園長(上司)をはじめ多くの方のご指導、ご助言で乗り切ってきました。このたび、私の勝手な思いで申し訳ないのですが、大規模園に行きたいと思います。この園の少人数のきめ細かい保育でも、園児一人一人の個性がよく見えてよかったのですが、私の友人から、大規模園での年中行事の取組みの話を聞いて、どうしても行きたくなったのです。 保育士不足の折、微力でしたが私が抜けることで、園にご迷惑をかけると思っています。ですから、年度末の3月までは働かせていただきたく思っています。あと3ヶ月、全力で取り組ませていただきますので、私のわがままを聞いていただきたいと思います。』

2chにもある転職の失敗談から辞めたい理由をチェック!後悔しないためのテクニック2:働き続けるという失敗

お給料のために合わない仕事を続けるか、きっぱりと辞めたい思い通りに退職するか迷っている方がおられます。これに対する回答は二つあります。 ・今の仕事で考え方を変えて続ける ・辞めたい思いを重視して退職する 2chにも多くの転職の悩みや職場への不満が掲載されていますが、上記の二つの選択肢について、失敗事例を参考にして、失敗しない転職テクニックをご紹介します。

2ch等にもある転職での失敗談2

『私は、製造業のA社で働いています。取引先との交渉や契約を任されています。実は私はパソコンが得意で、自分の強みとして入社しました。しかし、今の仕事内容が取引先とのやりとりが主で、顧客情報の入力や費用の計算ぐらいで私の持っているスキルが生かされていないので、転職を考えるようになりました。 物足りなさを考える毎日でしたが、なかなか退職を申し出ることができず、ずるずると毎日が過ぎていきました。ある日、先輩に相談をする機会があり「転職を考えている」ことを話してみました。先輩は「今の会社は給料もまあまあだし、転職となると捜すのもたいへんだから続けたほうがいいよ。2chにも載ってるけど、辞めたいと思う人が後悔している例も多いし。」と言い、転職に踏み出せない私にいろいろな転職の失敗の話をしてくれたのです。しかし、満足のいかない日々が続き、困っています。』

ポイント解説2:失敗談から学ぶ転職で後悔しないために

会社は、採用段階で、こんなスキルを持っているからそれを生かしてやろうという意識は持っています。しかし、実際に部署に配置してしまうと、その業務がその人に合っているかどうかまでみてくれません。これは、特に大きな会社では顕著です。専門スキルを持って入社したのに、全く考慮してくれない、物足りなさを感じるという2ch等の声はたいへん多くあります。いずれも転職に踏み切れない「満足のいかない日々が続き困っている」というものです。 ですから、2chにもあるように、辞めたい理由はある程度決まっているのに、後悔しないようにしたいと悩んでいる方は、思い切った決断が必要でしょう。日々の不満や悩みを持ち続けているという転職の失敗を払拭するためにも転職に踏み切りましょう。 今の仕事内容に満足せず、自分の持っているスキルが生かされていないのなら、躊躇することはありません。信頼のおける上司に一度相談をしてみることです。今の会社ではそのスキルが生かされなくても、ひょっとしたら会社の取引先などにあなたを求めているところがあるかもしれません。現にそういう例は数多く2chなどに紹介されています。

2chにもある転職の失敗談から辞めたい理由をチェック!後悔しないためのテクニック3:給料のことだけを考えた失敗

こういう例もあります。会社組織で、給与面のことも考えて、上(昇進)を目指しておられる方の例です。10年も働いているのに、なかなか管理職の話が上がってこない、今の職場では、上が退職しない限りその道はないというケースです。

2ch等にもある転職での失敗談3

『私は○○商事で11年目を迎えます。遅くに入社しましたのでもう40歳になります。なかなか給料が上がらず、管理職の道を目指してはいるのですが、最近、役職者が退職しない限り管理職はないということに気付きました。ということは、あと7年後にわずか1つのポストが空くということになります。 そこで、退職願を3ヶ月前に提出し、転職活動を始めました。他の会社でなんとか給料のいいところを望みました。ちょうど退職1ヶ月前に内定が決まり、年齢と経験を優遇され、早々とマネジメントできるポストを与えられました。しかし、それが甘かったのです。 単なる支店長でした。支店長といいながらも、仕事内容は雑用が多く、管理職というよりは、苦情処理係なのです。当てにしていた給料も前より少し多いだけで、サービス残業もあり、しんどい日々が続きます。2chにあるような悩みを私も共有している日々を送っています。』

ポイント解説3:失敗談から学ぶ転職で後悔しないために

2chでもよく載っているケースです。少しでも給料のいいところへと転職をしたが、思っていたようにはいかなかったというものです。転職の失敗で後悔する事例です。中堅あるいはベテランの域に入ったのに、給料が伸びず、せめて管理職を目指したいのに、空きがないという不満足から転職を決心します。 うまくいく事例もあります。取引先からその人の実力が認められて、「給料も今の1,5倍出すからうちに来ないか。」という引き抜きです。この場合ですと、取引先社長と今の社長が良好な関係を築いているからこそ、そういう話がくるものです。3ヶ月という期間があったとしてもなかなか転職先探しはたいへんです。

2chにもある転職の失敗談から辞めたい理由をチェック!後悔しないためのテクニック4:キャリア目標を持つということ

キャリア目標は必要なのでしょうか。管理職を目指すというキャリア目標を立てるよりも、結果として管理職になっていたというケースが多いと言われています。新卒から管理職を目指す人はおそらくいないでしょう。将来設計として管理職を目指すことにしても意識しすぎると視野が狭くなるからです。次に2人の英語を得意とする人の転職経験をご紹介します。

2ch等にもある転職での失敗談4

Aさん『私は大学の英文科で英語についてかなり深く学びました。通訳の仕事や塾講師などを経験してきましたが、周りに英語の得意な人が多くいますので、なかなか転職もうまくいきませんでした。今塾講師で頑張っていますが、将来がなかなか見えず不安です。』 Bさん『私は大学で英語を学び英語を必要とする外資系企業に就職しました。入社後、英語には自信があったにも関わらず、周りにいる方の英語力には及ばないことがわかり、給与面や自分自身の将来性を考えて転職を決意しました。転職で考えたことは「自分の英語力を生かせるところならどんな職種でもよい」ということです。 求人をじっくりと見ていますと、英語力を求めているところが多いことに気づきました。例えば幼稚園でも、園の特徴を出すために英語力を求めているのです。私はその中でも興味を持っていたファッションの世界を選択しました。さっそくファッションデザイナーの資格取得の勉強を始め、半年で資格を取得することができました。 英語力と資格…応募人数も少なく(競争率がかなり低い)自信を持って応募し採用していただきました。ファッションの世界では、海外との取引きも多く、私の英語力が生かされています。会社のニーズと私のスキルが一致したものだと思っています。』

ポイント解説4-1:転職では強みを広く生かす

転職に失敗したAさんは、自分の英語力を英語に特化した会社で生かそうとしました。しかし、現実は厳しく、自分よりも英語力に優れた人材が多く会社の中で埋もれてしまったということです。もちろん塾講師も立派な職業ですから、今後はカリスマ講師を目指せばよいのです。それで満足しないのならBさんのような転職を考えることです。 Bさんは、英語力を生かすためには多くの職種で可能だということを知り、積極的に転職活動を始めました。しかも、デザイナーという仕事で英語力を生かすために、ファッションデザイナーの資格取得までしておられます。このように、転職で失敗して後悔しないためには、辞めたいと思ったときに、2chなどの失敗談や成功談を見たり、計画的に探したりすることです。 Aさんのような場合の転職の失敗理由でよくあるのが、次のような例です。 ・大学で鍛えた体を強みとしている → 引越しセンター ・小さいころから習っていたピアノが強み → 保育士 ・パソコンが得意という強み → 事務・経理 このような例では、強みを極めるだけのスキルがあれば、転職成功するでしょう。しかし、例えば引越しセンターでも、荷物を運ぶだけではないということも考えておかなければなりません。顧客対応や見積り計算まで任されるようになることも視野に入れておくことを忘れてはいけません。鍛えた体の強みは、外食産業でも生かせますし、ピアノは、結婚式場やレストランでも生かすことができます。

ポイント解説4-2:転職ではやり切る経験と資格取得も必要

転職に失敗した人の多くは、経験不足ということを失敗理由に挙げています。もちろん経験は大きいです。履歴書や面接で「経理経験あり」や「接客経験あり」などをアピールすると有利になります。しかし、採用担当者は転職者の転職理由には敏感で、いくら経験や実績があっても転職理由がはっきりしないと採用にしません。 そこで、重要なのが「やりきったという経験」です。これは、面接でよくわかるようです。採用担当者は、その人の自信を感じられるようです。一度就職をして成功した経験は、その人に自信を与えるのです。また、転職先を探す間に、資格取得をした方も、その資格を武器にして応募するのですから、自信となるでしょう。 いかがでしょうか。「仕事を辞めたい」と感じたときに、成功経験があるか、資格を武器にすることができるかということを考えなければならないということです。2ch等にもあるように、転職で失敗して後悔する方は、辞めたい理由ばかりを考えて、どうすれば転職で成功できるかを考えていないのです。

2chにもある転職の失敗談から辞めたい理由をチェック!後悔しないためのテクニック5:最悪の事態を想定する

最後になりますが、仕事を辞めたい時には、ある程度最悪の事態を想定しておくことも必要です。転職で失敗して後悔をしている方には、2ch等にもあるように、共通して「なんとかなるだろう」という思いでいるようです。転職で失敗して後悔する方は、転職はしんどいことだという意識が薄いともいえます。

2ch等にもある転職での失敗談5

『私は外食産業で接客をしていました。店長と勤務態度のことでうまくいかず、転職を決意しました。退職して2ヶ月…新たな職場が見つかり、店長さんも温かい感じの方で1ヶ月の研修期間は夢中で働きました。2ヶ月目を過ぎたとき「今日Aさんが代わって欲しいと言うので何とかならないか。」という電話がありました。 しぶしぶ引き受けましたが、その後それが週に1回もあり、私自身の予定がばらばらになってきたのです。店長さんの申し訳なさそうな態度に負けてしまう自分も情けないのですが、これでは転職をした意味がないと思う日々です。前の職場のほうが良かったと思います。』

ポイント解説5:後悔しないように

転職なんて何とかなるものだという安易な考えでいると後悔することになります。転職ではよくあることです。転職してみて初めて前の職場のよさがわかってくるということです。仕事を辞めたいという思いを持ったら、こうか最悪の事態を想定して後悔しないようにしたいものです。

【転職の失敗事例まとめ】失敗談から後悔しないためのテクニック!まとめ

転職の失敗談から後悔しないためのテクニックをご紹介しました。2ch等にも多くの掲載がありますが、転職する場合には会社への不満もあるでしょう。しかし、自分自身が辞めたい理由をはっきりと持って、退職の日を想定して準備(自分の強みになるやりきりや資格取得)をしっかりします。中途半端は絶対にいけません。そして、広く転職先を探すことが大切です。自信をもって満足できる転職に臨んでください。