【仕事やめたい人】のよくある理由やきっかけをランキング形式で徹底分析!

毎週月曜日の朝、会社を辞めたいという思いを持たれる方はおられませんか。仕事が楽しいと感じるなら「仕事やめたい!」とは思わないでしょう。会社自体や人間関係などに問題があるわけでもなく、働きたくないという思いを持つ人もいます。 『私は、今の会社に入社して1年になります。最近、家を出る(会社に行く)のが億劫になってきたのです。何が原因かをいろいろと考えてみたのですがわからないのです。仕事自体、人間関係、ハラスメント…どれも当てはまりません。特に月曜日の朝には「仕事やめたい!」と思ってしまいます。』 仕事自体をどう考えるかということは大切です。仕事がうまくいって喜んだり、打ち上げで、みんなで騒いだり…こんな経験をして給料をもらうという仕組みになっていることを理解しないと「もともと仕事が嫌だ、会社に行くのが面倒だ」という思いが勝ってしまい、辞めたい思いが強くなるのです。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ9位:会社自体が不安

「社風が合わない」という理由で「仕事やめたい!」と考える方もおられます。社風というと少し大げさですが、次のような例があります。 『私の会社では、月に一回催しがあります。(そんなに儲かっているとは思わないのに)毎回社員持ち回りで、出しものをしなければなりません。練習時間は終礼後…「社長賞」が出るということで、最初はがんばろうと思いましたが、「社長賞」はUFOキャッチャーで500円もあれば取れそうなぬいぐるみでした。 そんな会社や社長の体質に合わない自分に気付き、辞めたいと思うようになりました。「仕事やめたい!」と思うようになったのはこんな理由です。転職のことを考えると辞める勇気がなかなか出ませんでしたが、仕事より出し物という体質には耐えられませんでした。』 会社の雰囲気(社長のやり方)を見ていると、この会社の将来は大丈夫かという不安がよぎります。そんな中で社長への信頼が薄れてきた時に、転職ということを考えるようになります。(こんなことで)と思われる方も多いでしょうが、実際に働いていると「仕事やめたい!」と思うものなのです。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ8位:上司の評価

会社では、ある程度の経験や実績を積んでいくと、管理職を目指すようになります。自分は管理職に向いていないと思っていても、実力のある人は上司との付き合いの中で、勧められて管理職を目指さざるを得なくなるケースもあります。 『私が「仕事辞めたい!」と思ったのは、連日の飲み会の付き合いからです。中堅の立場にある私は、会社でも主任という役職をもらっていました。「ゆくゆくは課長、部長候補だ」と周りからも言われていましたが、私は今の主任で十分でした。最近、上司からの退勤後の誘いが多く「君に会社の将来をまかせるぞ!」と何度も言われ、付き合いにもうんざりしていました。 付き合いが毎日のように続き、遅いときには終電、休みの日にもゴルフに付き合わされることもあり、これではだめだと辞めたい思いが強くなり転職を決意しました。辞めることには抵抗はありませんでした。上(昇進)向き志向の方もいれば、私のように仕事本位で生きたいという者もいることをわかって欲しいという思いでした。 上司との付き合いに耐え切れず、「仕事やめたい!」という思いを持つ人も多いです。この方のように、昇進が嫌で辞めたい思いを持たれる方もいるのです。反対のケースもあります。昇進したいために、がまんをして付き合うという場合です。いくら付き合っても昇進できないなら、どこかで割り切って辞めることも必要です。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ7位:仕事内容

仕事には、体を動かすものや頭を使うもの、笑顔が大切なもの、思いやり、厳しさが必要な仕事もあります。また、複雑な仕事から単純な仕事などさまざまです。そんな仕事内容に嫌気がさして「仕事やめたい!」と思う人もいます。 『私は転職して、製造業の現場でライン作業(コンベア作業)をしています。はっきり言って単純作業です。ただ、チーム内の主任をしており、トラブル発生時には、修復することや社長に直接連絡することを任されています。しかし、仕事内容は主として単純作業に他ならず、前職での接客業とは「やりがい」という点で物足りなさを感じています。 立ちっぱなしで8時間、単純作業を続けていると、いろいろと考えてしまいます。やっぱりこの仕事は自分には向いていない、辞めたいという思いです。仕事は何でもたいへんなのはわかりますが、この単純作業には耐えられなくなり、辞める決心をしました。』 単純作業に向いている人とそうでない人がいます。この方のように、転職前に接客業をされていたのなら、なおさら会話もなくしんどい仕事となっているのでしょう。仕事内容で「仕事やめたい!」と感じる人は他にも次のようなケースがあります。 販売業で上司からノルマを常に与えられている場合 介護の仕事などで、命を預かっている場合 営業で「嘘に近い内容」を客に対して話さなければならない場合 などです。お金儲けのために辞めることを踏みとどまる人もいますが、転職理由としては大きいです。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ6位:労働時間

最近の社会情勢をみると、違法残業問題が大きく取り上げられ、会社がその改善に懸命です。しかし、締め切りに追われる、持ち帰り仕事が増えるなどの理由で、会社を辞めたいと思われる方もいます。 『残業時間が、月に○時間と設定されて2ヶ月余りです。私は、営業担当で主任を任されていますので、なかなか残業が少なくなくなったとは実感できていません。残業しないように朝から急ピッチで仕事をして、「今日は早く帰れるか」と思っていると、上司から「余裕がある」と思われ、「これ頼めるかな。」と言われます。 こんなことが続きますと「仕事やめたい!」と叫んでしまいそうになります。周りの部下を見ますと、主任という中途半端な立場の私がいくら言ってもだらだらしています。この仕事を辞めることを真剣に考えるようになりました。』 仕事を辞めたい人の多くが、労働時間の問題でしょう。アフターファイブやノー残業デーなどという一見して格好のいい言葉ばかりが出てきて、実際は今までと変わらないというのが現実です。長い時間働いていると知識やスキルの能力が高まります。仕事が速くなるということでしょう。でもその分また仕事が増えるようでは、「仕事やめたい!」という思いが強くなるばかりです。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ5位:やりがいがない

新卒の方や転職したての方が仕事を辞めたい理由にあげられていることが多いです。新卒の方は、多くの求人情報から捜し求めて選んだ会社です。転職をした方も、仕事を辞める決心から、「さあ新しい職場でがんばるぞ」という思いを持って入社したことでしょう。 『私は、前職で人間関係のもつれやハラスメント行為に遭い辞めたいという強い思いで転職しました。転職先も前職と同じでアパレル関係の会社ですので、仕事自体は楽しくやっていました。しかし、転職した私の役目は事務でした。アパレルの仕事には違いありませんが、直接取引先や顧客とのやり取りがなく、やりがいという点で、この仕事を辞めるということを考え始めました。 「もっと現場の仕事をさせて欲しい」と社長さんに直訴しましたが取り合ってもらえず辞めたい気持ちは日に日に高まっていきました。最近では「やりがいのない仕事なんて私には向いてない、仕事やめたい!」と強く思うようになりました。』 高齢者の雇用も増えています。しかし、そこでもやりがいのある仕事を求められています。やりがいのある仕事をして給料をもらうこと、当たり前のようで、現実的にはそういう方は少ないのかも知れません。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ4位:病気

仕事を辞める方の中には、さまざまな原因で病気になって転職を考えるようになったという方も多いです。病気は「仕事やめたい!」と思ったときにはもう手遅れになっている場合もあります。 『「うつ病ですね。」私が医者にそう言われたときです。「仕事やめたい!」という思いが強くなったのです。もちろん仕事を続けていいものかどうかもその時はわかりませんでした。多忙からくるストレスが原因だとも言われ、辞める決心をし転職しました。営業の仕事で、遅くまで働いているのに、思うように契約が取れず、また上司に相談もできず自分ひとりで抱え込んでしまっていたことが多くあったと思います。』 病気による転職はやむを得ないものです。例えば人と接することが仕事のフロント関係や営業の仕事などは、うつ症状を抱えながら仕事を続けることは難しいでしょう。近頃では、神経内科も予約制になるほど、患者さんがあふれているようです。また、一旦うつ病などの精神的な病になってしまうと、治療は薬に頼ることになりますが、完治はできないのです。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ3位:家庭事情

結婚、出産によって仕事を辞める方は、昔も今も変わらず多いです。ただ、最近では家庭事情として、親の介護を理由で、会社に対して辞めたいと申し出る方も増えています。会社としても家庭の切実な思いとして、その人の辞めたい気持ちを受け入れざるを得ないのです。 『私はA保育園に勤めて10年になります。保育園側からも一定の評価をいただいて主任の立場でした。この間、結婚出産で一時園を離れましたが、園長先生のご好意で復職させていただきました。しかし、今新たな問題にぶつかり「仕事やめたい!」と思うようになりました。 それは、我が子の子育てです。娘が幼稚園年少の時に復職したのですが(娘は今は小2)忙しさのあまり、手をかけてやれなかったことが原因か、学校から粗暴な行為が目立つということで呼び出されてばかりの日常に、仕事を辞めたいという思いになり、主人に相談しました。我が子のことでしたから主人も受け入れてくれ、退職することにしたのです。』 家庭事情も「仕事やめたい!」と思う方の大きな理由やきっかけになっています。高齢化がすすむ中での親の介護、結婚や出産後の子育ての悩みなどです。仕事や人間関係が嫌なのではありませんが、両立が難しい状況になったときに仕事を辞める決心をされています。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ2位:低賃金

仕事をする以上、一番気になるのは給料でしょう。お金をたくさんもらえれば、多少のしんどさは我慢ができる、それが人間でしょう。 『私は、今の職場で10年になります。仕事自体は事務系ですので、可もなく不可もなく日々過ごしています。しかし、お給料の不満が日に日に溜まっていっているのは確かです。10年も経つのに、わずかな昇給のみで、ボーナスは「儲かったら張りこむから」という社長の言葉とは裏腹に10年間で一度だけ「寸志」があっただけなんです。 「仕事やめたい!」と思うようになったのは、10年という節目での決心です。妻子ある私が、これからもこんな給料でやっていけるのかという不安です。10年も続けた仕事を辞めることは勇気がいりますが、家族のためには、将来を見据えて転職しようと思いました。』 会社によって、給与体系はいろいろですが、この方のように子どももおられる中で、将来的な教育資金などのことを考えると、低賃金でボーナスがないということでは苦しいかもしれません。また、収入アップを考えて残業でがんばろうとしても、月○時間という制約があるために、転職を考えて今の会社を辞めるという方もおられます。

「仕事やめたい!」辞めたいと転職を考える理由やきっかけ1位:人間関係

それぞれの会社にそれぞれの人間がいて関係作りが行われています。「仕事やめたい!」と感じておられている方の多くが、この人間関係が理由になっています。 『私の職場は、女性中心です。中心という言葉が当てはまるかどうかはわかりませんが、女性の数が圧倒的に多くよくしゃべるいのでそうなっているのです。女性独特の「陰で悪口」に悩まされ、何度「仕事やめたい!」と思ったことかわかりません。まるで小学生のいじめのような感じで、私を含めて2人がそのターゲットになっています。 先日、女子の飲み会があって参加しました。(参加は義務だというルールがある)女同士ですから男性の話題も出てきます。その時「Aさんって、Bさんと付き合ってるんだよね。トイレの前で親密な話してたよね。」私には根も葉もないことでした。ところが、その翌日からますます変な目で見られたり、仕事の話も聞いてくれなかったりということが始まりました。もう限界だ!という思いで仕事を辞めることを決心しました。』 男女の割合は職場によっていろいろですが、女性の多い職場では女性からの圧力(ハラスメントも含めて)で、男性が「仕事やめたい!」と辞めることもあります。人間関係が理由で仕事を辞めることが圧倒的に多いのもわかります。人間関係で、仕事を辞めたいと思う理由には、上司や同僚と合わない、自分だけ阻害される、ハラスメントに近い行為をされるなどです。

【仕事やめたい人】のよくある仕事やめたい理由やきっかけをランキング形式で徹底分析!まとめ

いかがでしょうか。仕事を辞めたい方の理由やきっかけはこんなにもたくさんあるのです。もし、あなたがこのランキングの一つにあてはまって悩んでおられるのならば、今の仕事を続けるメリットやデメリットのことをじっくりと考えてください。