転職するならタイミングを見た方がいい?一番いいタイミングで転職する方法

さて、今回は転職のタイミングについてお話しいたします。転職のタイミングというと、1年の間の何月がいいのか、といったことから、新卒入社後にどれだけ働いてからなどが想像されるかと思います。 その他には、ボーナスのタイミングなども重要ですよね。皆さんの会社のボーナスは何月でしょうか!?また、昔は35歳転職限界説などもささやかれていました。 それらの真実について、現在の転職市場に照らし合わせて検証していきたいと思います。

転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいいって本当!?若手の転職のタイミングについて

それでは、まずは「転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいいって本当!?」という疑問を解決していきたいと思います。こう言われている理由はいくつかあります。 この理由を理解していたら、逆に必ずしも社会人を3年経験することを待つ必要はないということですね。それでは、これらの理由とはいったいなんなのでしょうか。 1つ目は、「忍耐力」の確認です。とにかく日本の会社は我慢を会社員に押し付けることがよくあります。 日本の、会社が社員の我慢の上に成り立っているとしたら、社員の「忍耐力」は非常に重要なポイントですよね。日本人の「忍耐力」が起こしている様々な社会問題もあります。

日本人の「忍耐力」が起こしてしまっている社会問題(若手の転職のタイミングについての補足)

先ほど、お伝えしましたが、日本の会社は基本的に日本人の「忍耐力」を前提に作られています。そのため、いくつかの社会問題が起こっています。 例えば、「過労死」です。「過労死」は英語で「Karoshi」と言われるぐらい世界で認知されています。 自分の命を削りながら、働いている人は世界にもいるでしょうが、本当に自分が死んでしまうまで、働くサラリーマンは日本ぐらいでしょう。最近もNHKの記者が過労死したという報道が世間をにぎわしています。 また、もう一つは「鬱による自殺」です。日本人は忍耐強いので、「鬱」になるまで働いてしまいます。なかには、「鬱」になっても働き続ける人もいます。 会社を辞めるということに対する世間のネガティブイメージに加え、サラリーマンに対して、あなたはこの会社を辞めてしまったら、この先生きていけないという暗示をかけているのです。世界から見たら、会社で働くのが嫌で自殺する社員なんて信じられないと思うでしょうが、日本では当然のように起こります。 東京の電車が人身事故で止まることを、もはや皆さん当たり前のように受け止めていますが、実はその人身事故のたびに自殺者がなくなっているのです。健康な人間を自ら死においやる社会、こんな異常な社会が我々、日本人が働く社会なのです。 それでも、社員の自殺に関しては、電通の事件があってから、世間も注目するようになっていますが、まだまだ長時間労働から来るものという見方が大半でしょう。私が注目すべきだと、思うのはむしろ精神的ストレスのほうかと思います。 新卒の社員が3人に1人、3年未満で辞めていくということは、それだけその会社がその社員にとってストレスを感じさせていたということが考えられるのではないでしょうか!?

転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいい2つ目の理由

それでは、「転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいいって本当!?」の2つ目の理由を述べていきたいと思います。なぜ、転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいいのかというと、新卒入社後、3年ぐらいは、社会人の基礎技能を身につける時期だと考えられているからです。 挨拶の仕方、身だしなみ、報告・連絡・相談、パソコンの使い方、トラブル時の対応、等、社会人3年ぐらい経ったらこれらが、一通り身につくと言われています。そのため、新しく中途社員を雇う会社は、新人教育をする手間と労力を削減することができるのです。

転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいい3つ目の理由

また、3年というのは組織に染まりすぎてもおらず採用する企業から喜ばれます。今度は、3年をかなり越えてくるとその会社のやり方に染まっていくので、新しく指導するのに少し支障が出ることがあるからです。 3年働いた後に、転職する業界は異なる業界でも問題ありません。25歳やそこらで、専門性を求められることはほとんどないからです。 コンサルティング会社などは、転職者を積極的に採用することでも有名です。若くて、事業会社も経験している25歳ぐらいの社員は重宝されます。

転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいい理由のまとめとその解釈

転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいい理由について3つ説明しました。1つ目は、「忍耐力」です。社会人を3年経験した人は、一定の「忍耐力」を持っていると判断されます。 2つ目は、「社会人の基礎力」です。社会人を3年経験した人は、「社会人の基礎力」がついており、転職先の会社がいわゆる社会の常識については教育する必要がないと考えられています。 3つ目は、「その会社に染まりすぎていない」ということです。1つの会社を3年ぐらいなら、転職してきてもすぐに新しい会社に馴染むことができるというように考えられています。 以上の3つの理由が、転職のタイミングは社会人を3年経験した後がいいというものです。このことを理解していれば、逆に言えば必ずしも3年という期間に縛られなくてもいいということになります。 例えば、「忍耐力」に関しては、3年いたからといって「忍耐力」があることにはつながらないですよね。例え、1年でやめても「忍耐力」がある人はあります。 そして、1年で辞める人には逆に「決断力」があると私は考えます。このことをうまく説明できれば、3年未満の転職も十分に考えることができます。 「社会人の基礎力」についても同様です。1年しか働いていない人が、3年働いた人よりも「社会人の基礎力」を身につけていることがあります。 あなたが毎日、頑張って1年で基礎スキルを身につけたなら躊躇する必要はありません。3つ目の「その会社に染まりすぎていない」では、早く辞めれば辞めるほど、染まっていないので問題ありません。 しかし、この場合は他社のナレッジを求める会社に、何も新しいものが提供できないのでは、あなたの価値は低いと思われますので、今の会社のことについても十分に話せるようになっている必要はあります。 以上のことを考えながら、転職3年目というタイミングについて検討していただければと思います。

30歳と転職のタイミング

さあ、次は30歳という転職のタイミングについて考えたいと思います。30歳というと、早ければ管理職になるかならないかという年齢でもあります。 同期の中でも、出世に差が出始め、その会社での将来なども具体的に見えてくる時期かと思います。このタイミングで、勝負に出て転職を行う人もけっこう多いです。 それでは、30歳という転職のタイミングは転職市場では、どのように見られているでしょうか!?実は、このタイミングも非常に転職市場では人気があります。 求められるものとしては、ある程度の専門性と若手のリーダー的素養です。転職先では、これまでに所属していた会社の専門性を活かしつつ新しい会社で活躍することが期待されます。 逆に、全くこれまでの仕事が活かされない求人だと、あまりいい転職の条件が得られない可能性があります。そして、若手のリーダー的ポジションとしてですが、30歳というと若手の取りまとめを求められるポジションになりやすいです。 20代の社員の代表として、彼らの意見を代弁することから、逆に30代のミドルや管理職の意見を若手に伝えるような働きが求められます。このタイミングで転職した人は、手取り足取り会社が育ててくれるということは期待できませんので、即戦力として働く意識を持ちながら転職活動に臨んでください。

35歳と転職のタイミング

いよいよ噂の35歳が出てきました。転職市場では、呪文のように使われる「35歳転職限界説」の35歳です。 実際に、35歳で転職の限界は来るのでしょうか!?これは考え方によります。 まず、35歳で新しい業界への転職は難しいというのが一般的には言われています。35歳といえば、新入社員が22歳に入社しているとしたら既に社会人13年目です。 その年齢で他の業界に転職しても、新入社員からその会社で働いている人と比べると13年分の経験の差があるからです。よって、35歳の転職は同業界または、これまでの業界の知見を活かせる業界ということになります。 そうは言っても、35歳転職限界説という言葉は一人歩きしすぎていますよね。この言葉は、転職があまりメジャーではない時代に流行ったものです。そして、この言葉は、転職について真剣に考えることの多い、新卒から30代前半の人に向けたプロモーションです。 転職がいつでもどこでも、できると言えば、新卒から30代前半の人も焦って動くことはないでしょう。彼らを行動に移すために転職業界が流行させた言葉、それが、「35歳転職限界説」なのです。 世の中、よくわからずに使われている言葉はたくさんありますが、誰かがある思惑によって流行らせているというものは大半です。成功はしていませんが、「プレミアムフライデー」なんかも、国がこの制度を普及させようと苦心して作った言葉でしょうが、こちらはあまりに実態とかけ離れていたため、うまくいっていません。 その点、「35歳転職限界説」は、ある観点では、事実を述べているので普及したということが言えるでしょう。

景気と転職のタイミング

さて、年齢以外にも転職について考える要素があります。それは、景気です。 では、景気と転職市場について説明していきます。一般的には、景気が良いときは転職に関する求人数が増え、景気が悪いときは転職に関する求人は減るといいます。 それは、なぜでしょうか!?景気が悪いということは、会社の利益が下がるということを意味します。 利益が下がると何が行われるかと言うと、経費削減です。経費削減にはいろいろありますが、人件費削減も行われます。 人件費削減策としては、新卒採用人数の削減、中途採用人数の削減、給与カット、ボーナス削減、配置転換、解雇 等があげられます。そして、今いる社員に迷惑をかけない新卒採用人数の削減と中途採用人数の削減は景気が悪くなったら、どこも最初に手をつけようとする人件費です。 そのため、景気が良いと転職がしやすく、景気が悪いと転職がしにくいと言われるのです。それでも、これをそのまま鵜呑みにしてはいけません。 確かに、多くの企業は採用人数を絞っていますが、逆を言えばこのときに採用されるということは、あなたはかなり期待されているというように見ることができます。また、不景気時の採用の動向を見ることにより、その会社の経営体力や、人材に対する考え方を知ることもできます。 良い会社というのは、人材採用は未来への投資だと理解しているので、例え景気が悪くなっても大きく変化させないと言われています。契機によってあからさまに人数が変更される会社は少し注意したほうがいいかもしれません。

何月に転職するのがベスト!?季節と転職のタイミング

さて、転職をするのは何月がいいのでしょうか!?1年の中でも、会社が中途採用に積極的な時期とそうでない時期があります。それは何月でしょうか!? さて、最初の質問「転職をするのは何月がいいのでしょうか!?」を解決するには、「転職市場が一年で一番活況なときというのは何月か!?」という質問に答える必要があります。ただ、「転職をするのが何月がいい!?」は、あまり簡単な質問ではありませんね。 それでは、「転職市場が一年で一番息をひそめる時期というの何月だと思いますか!?」こちらは簡単かもしれません。 それは何月かというと、新卒採用の時期です。特に会社説明会などが終わって、面接が解禁となった4月から6月の時期は、採用担当は新卒採用で手一杯になります。 それもそうですよね。人気企業ともなれば、何万通ものエントリーを捌いていかなければならないのですから。 景気で転職の時期を選ぶのは、あまりオススメしませんが、新卒採用が忙しそうな会社なら、1年の中で新卒採用の時期を避けるぐらいは戦略としては良いかもしれません。 いい求人が見つかれば、新卒採用の間も積極的に転職活動を行っても問題ありませんが、もし、なかなか良い求人が見つからないときは少しだけ新卒採用が何月かとの兼ね合いを考えてみましょう。 以上より、何月に転職するのがベストか!?は明確には答えられませんが、何月がワーストかというと、4~6月と言えるでしょう。

ボーナスと転職のタイミング

ボーナスと転職のタイミングについても、よく言われます。ただ、こちらは転職活動の時期というよりは、転職が決まってから会社との退職手続きを行うタイミングと言えるでしょう。 具体的にどういうことかと言うと、多くの企業でボーナスは6月と12月に支給されます。ということは、ボーナスをもらってから転職を伝えることにより、ボーナスによる不利益を被らずに辞めることができるということです。 ボーナスというのは、個人の評価や業績によって変動されるものです。もし、皆さんがボーナスの査定が終わる前に退職をつげる場合、ほとんどの会社はもういなくなる人に「なぜ、こんなにたくさんのボーナスを与えなくてはならないんだ?!評価を下げて、ボーナス額を減らそう!」と考えるでしょう。 そんな悪い企業ばかりではないと思うかもしれませんが、逆の立場になって考えてみると、これから頑張ろうとしている人に多くのボーナスをあげて頑張ってもらうほうが明らかに会社の利益となるのだから、ボーナスについての企業の考えを理解してもらえると思います。

気持と転職のタイミング

続いて、気持と転職のタイミングについて解説します。ほとんどの人は、今の会社が最高に居心地がいいという状態で転職は考えないと思います。 必ず、現状に何か不満を持っていることは間違いありません。それは、「お金」、「やりがい」、「ストレス」、「人間関係」、「自由な時間」、他にもあるかもしれないですし、どれが該当するかはわかりませんが、必ず不満を持っているはずです。 不満がなければ、そもそも転職なんて考えないと思います。それでは、今の会社に不満があって転職することは悪いことなのかというと、そうではありません。 不満があって、転職することは当たり前のことです。その不満を転職のエネルギーに最大限利用しましょう。 それでも、転職活動を行っていい気持のタイミングというものは存在します。まずは、「元気であること」です。 「元気」はとても大事です。「元気」というものは、簡単に相手に伝わりますし、「元気」がない人が仕事などできるはずありません。 そのため、不満があっても「元気」まで一緒に奪われているかどうかは注意する必要があります。毎日のストレスで鬱状態になっていては、第一印象で悪い印象を持たれ面接に落ちてしまうことでしょう。 就職活動の際にもよく言われたかもしれませんが、人の能力なんて、1回の面談でわかるわけがないんです。そうと分かれば、何が採用の可否を左右するかというと、印象です。 この「元気」という要素は印象に大きく関係するので、「元気」があるときは転職活動をしてもいいですが、「元気」がないときは気持ちが上向くのを待ちましょう。

気持と転職のタイミング2

気持の面で「元気」が大切と言いましたが、もう一つ大切なことがあります。それは、転職後にこうしたいという何か強い気持ちがあるかです。 今の職場に不満があって、辞めることは問題ありませんが、次にやりたいことがないと、それはただの現実逃避となってしまいます。自分には、簡単に嘘はつけないので、転職後に何かあったときに自分が納得する理由を転職前に用意してあげることが重要です。 逆に言うと、転職後にその会社が嫌になって、なぜこの会社に転職したかを振り返って、前の会社が嫌だったからだと思い出され、それでも今の会社よりマシだったのではないかと思ったら、もうおしまいです。 あなたは、その転職を後悔しながら、ずっと働かなくてはならないからです。そのため、不満から逃げ出すだけでなく次の会社で何をしたいかを自分の中で明確にしておくだけで、あなたの心の支えになってくれます。 人は生きていくうえで何か理由を求める生き物です。理由がなくなんとなく生きているときと、目の前に明確な理由があり、そのために生きているときでは、大きくパフォーマンスに差が出ます。 そのため、不満を動機に変えてあげて転職活動に臨むことをオススメします。

転職はタイミングが一番重要!?一番いいタイミングで転職する方法のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は、転職のタイミングについて、「年齢」、「景気」、「時期」、「気持ち」の観点で解説しました。 もう一度、簡単におさらいしておきます。入社後3年は我慢の理由は、「忍耐力」、「社会人基礎力」、「吸収力」の点で採用企業が魅力に思うというものでした。日本の会社は社員に何かしらの我慢を強いる会社がほとんどです。 そのため、会社は「忍耐力」を確かめる基準として3年を目安にしているところが多いです。なぜ、3年かというと、「石の上にも三年」という言葉が影響していると言われています。そして、社会人3年を経験すれば「社会人基礎力」も十分に身についており、教育は不要と考えられます。また、「吸収力」の点でいうと、まだその会社に染まりきっておらず新たな価値観を植え付けやすいというメリットが会社側にあります。 30歳という転職のタイミングについては、若手のリーダーとして活躍することが期待されます。そして、前職の知識も活かしながら新たなチャレンジをする転職ができると思います。 「35歳の転職限界説」は、あまり転職市場が活況でなかったときの転職業界の煽りフレーズですので、そのようなことはありません。ただし、新しい業界へのチャレンジのハードルは少し高くなっていると言えるでしょう。 景気と転職のタイミングについては、景気がいいときは求人数が増えます。ただし、よい企業というものは不況時でも採用の手を緩めない企業ですので、そこについては、字自分で判断していきましょう。 時期と転職のタイミングでは、転職にオススメの時期は何月かというと、新卒の就活がピークの時期は避けたほうがよいでしょう。 ボーナスと転職のタイミングについては、退職を告げるのは何月がいいかというと、ボーナスをもらってから(ボーナスの評価が終わってから)がいいでしょう。ボーナスの時期が何月かというと、ほとんどの企業が6月と12月のため、そこを基準に考えましょう。 後は、気持ちと転職のタイミングでは、「元気」と「転職後にしたいこと」という2つは最低限持ちながら行いましょう。これらがない場合は、転職をするタイミングではないと言えます。 ぜひ、みなさんも転職のタイミングについて意識しながら転職の戦略を組み立ててもらえればと思います。