【面接の志望動機】よくある志望動機サンプル&書き出し集!!

面接の志望動機では、履歴書でどんな書き出しをしておけば、面接のときに自分をアピールしやすいかということを考えておく必要があります。事務職などの正社員でもアルバイトでも書き出しは結論から書くことが大切です。それは「貴社の○○という理念に惹かれたからです。それは…」という書き方ができるからです。また、書き出しをきちんと書いておくことで、面接で話すときにも話しやすくなるからです。書き出しサンプル例を次のように書いておくとアルバイトの面接でも役に立つというサンプルを集めました。このサンプルを参考にしていただければと思います。

事務やバイトなどの面接の志望動機!書き出しも含めてサンプル例を紹介2:書き出し例

サンプル例1「私の夢は多くの方の役に立つということです。貴園の理念を見せていただき、きめ細かな利用者さんへの対応は、私の思いと一致しました。これからの時代は高齢者がますます増えて介護業界の役割は非常に大きくなると思います。その中で貴園の利用者さん中心という思いは、これからの時代だからこそ必要なことだと思います。・・・」 サンプル例2「私は、貴社が食品業界で多くの業績をあげておられること志望動機とし、今回応募させていただきました。食品業界では安心・安全を顧客に植え付けなければなりませんが、それは、すぐにできるものではありません。貴社の長年にわたる食品管理や衛生面へのこだわりが、安心・安全を生んでいるものだと思います。・・・」 サンプル例3「アルバイト経験豊富で、接客業を目指す私が、外食をしたときに感じていますことは、スタッフの方が「心のこもった対応」をしてくれたときの喜びです。貴社のHPを見せていただき「接客は、自分が顧客になることから始まる」というキャッチコピーに惹かれ、今回応募させていただきました。・・・」 サンプル例4「私の卒論のテーマは「無駄をなくす作業条件」でした。貴社が取り組んでおられる5Sについても、いろいろな職場での実習を積んできました。5Sがきちんと行われている職場は間違いなく業績にも表れています。貴社がこれからの時代に必要な要素を積極的に取り入れておられるところに惹かれ今回応募させて頂きました。・・・」 サンプル例5「私は市内の事務所で事務のアルバイトの経験があります。パソコンの知識とスキルには自信があります。IT業界で一歩先のことを考えておられる貴社の経営方針に共感し、私のスキルを使っていただければと思い応募させていただきました。・・・」

事務やバイトなどの面接の志望動機!書き出しも含めてサンプルを紹介3:書き出しのポイント

このようなサンプル例のように、履歴書の志望動機の書き出しをしておくことで、事務やアルバイトなどの面接時の志望動機が非常に話しやすくなります。以下サンプル例にもあります面接を意識した履歴書に書く志望動機の書き出しのポイントをご紹介します。 ・面接で何に惹かれて貴社に応募したかが話しやすくなる書き出し ・その根拠について面接で聴かれたときに答えやすい書き出し ・面接で、自分との共通点をアピールできる書き出し さて、以下職種別の面接の志望動機例をご紹介します。アルバイトの面接の志望動機の例も最後に紹介しています。事務などの正社員とは違い、アルバイトの場合には、書き出しで素直さを前面に出しながら、「教育していただき、成長させてもらうことを望む」ということを履歴書や面接で強く表現すればいいでしょう。

事務やバイトなどの面接の志望動機!書き出しも含めてサンプルを紹介4:職種別

『私は、御社の「顧客のニーズに応える最適のリフォームを提案」というキャッチフレーズに共感しました。私は学生時代、アルバイトをしながらインテリアデザイナーの資格を取得しました。これを強みにして、貴社であえて事務職を希望いたします。と言いますのも、私は事務職は、ミスをしないことが重要だと思っています。 よく「ミスは誰にでもあるもの」と言われますが、そう思うこと自体がいけないことだと思っています。御社の事務部門でも、事務でもデザイン関係のことに精通していることは、顧客にとって安心できるものだと思っています。例えば、電話を受けたときに、一般的な対応なら、係に代わらなくても自分自身が答えられるということです。 この私の強みは、冒頭で述べました、御社の「顧客のニーズに応える」ことにつながるものだと思っております。また、リフォーム業界はこれからの時代、中古マンションの住民の方などをはじめとして多くの受注が見込まれると思います。その中で、プロとしての事務意識を持ってがんばってまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。』

不動産関係の面接の志望動機サンプル

『私の志望動機は、御社が不動産業務とともにインテリア関係の業務にも取り組まれていることに興味を持ったことです。私の前職はインテリアデザイナーでした。会社の移転などの事情で退職しましたが、次の職について考えまして、やはり私の強みであるインテリアに関しての知識とスキルを生かしたいという思いで応募させていただきました。 御社は、顧客のニーズに応えながら魅力ある戸建ての販売やインテリアの提案をされていますが、私が思いますのには、多くの中古物件が出ている中で、リフォーム関係にもつなげることができれば、より顧客獲得にもつながるのではないかとも思います。そんな中で私がご一緒させていただければと強く思っております。どうぞよろしくお願いいたします。』

ものづくり関係の面接の志望動機サンプル

『私は、御社の製品を実際に愛用させていただき効果を実感している一人として、顧客の立場で「実感できるよりいいものを提供する」という理念に共感し、これを志望動機として応募させていただきました。このことは、ものづくりのアルバイト経験もあります私が、ぜひ面接で言わせていただきたかったことです。前職は販売業でしたが、顧客が「いいもの」と実感できて初めて口コミや評判で広まっていくものだと思っています。 その「いいもの」づくりのためには、製造分野から苦情処理担当までが、製品の良さを共有することだと思います。どの部門でもプロ意識を持っておられるからこそ、業績を上げておられるのだと思います。私が、今まで顧客のためにしてきた経験や実績を御社でも生かすことができると思っています。どうぞよろしくお願いいたします。』

事務やバイトなどの面接の志望動機!書き出しも含めてサンプルを紹介5:アルバイトの面接の志望動機サンプル

『私は、アルバイトは初めての経験です。初めてですので、事務関係の仕事も視野に入れておりました。しかし、このお店は○○社のチェーン店で、日頃からよく利用させていただき、スタッフの皆さんの笑顔や接客対応の素晴らしさに魅せられ、バイトするなら「○○だ!」という思いが強くあったのです。御社のよさは、商品の味だけではないと思います。アルバイトの接客を含めた店長さんそれぞれのご指導が行き届いているところもお店の人気につながっていると思います。 志望動機としては、もう一つあります。私は、学生時代より「人にやさしい性格」を強みにしてきています。将来は介護・福祉関係の事務の仕事に就きたいとも思っています。事務よりも難しい接客という仕事には未熟な私ですが、教育していただき一日も早くホールへ出て働きたいと思っています。初めての面接で緊張しておりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。』