【サラリーマンで確定申告すべき人と方法とは?】年収や経費/控除に気をつけろ!

サラリーマンの皆さんは年末調整で殆どの方が少しかもしれませんが、お金が返って来るのではありませんか? (中には逆に取られる方もいらっしゃいますが…) 実はその年末調整に落とし穴があったんです。

サラリーマンでも年収によっては確定申告が必要!?

確定申告の対象者について、詳しくご説明します。 1.給与の年収が2000万円を超える人 2.副業の所得の合計額が20万円を超える人または、複数の箇所から給与を 貰っている人 3.今流行りのFX取引で儲けた人 になります。

1.サラリーマンでも給与の年収が2000万円を超える人

給与の年収が2000万円を超える人は何故確定申告をしなければいけない人になるのか? 年収を2000万円以上超える対象者に関しては、年末調整の対象外となります。 ご存じでしたでしょうか。 本来、国民は働いたら全員確定申告をしなければいけません。 ですが、働いた人全員が確定申告をする時期になったからと言って税務署へ赴くと税務署は簡単にパンクしてしまいます。 そこで、国は会社等に協力してもらい、前もって給与や賞与から概算で所得税を差し引き納税させる方法を行いました。 それを年末には会社等が給与や賞与の支払い額合計とそれに対する所得税の正確な年額を計算して、前もって差し引いた額と比べ、余れば還付し、足りなければ追徴します。 この処理を年末調整と言います。 ですが、給与や賞与の年収が2000万円を超える人はその年末調整の対象に入っていない為自分で確定申告をする必要があるんです。

2.副業の所得の合計額が20万円を超える人または、複数の箇所から給与を貰っている人

副業の所得の合計額が20万円を超える人または、複数の箇所から給与を 貰っている人は何故でしょうか。 先ず、サラリーマン等の給与所得者(アルバイト等も含む)は計、年間20万円以内の副収入であれば確定申告をしなくてもいいと言うルールがあります。 勿論、必要経費等を差し引いての額が基準になりますが、収入とお給与以外にもまだ他に収入がある場合(例えば臨時収入や不動産所得とか)それらも合算しなければいけない事には十分ご留意願います。 (ただし、サラリーマンではない人や、退職所得に関しては除外されます。)

3.今流行りのFX取引で収入を得た人

どうしてFX限定なの?株は必要ないの?と思った方は多いと思います。 株は一般口座と特定口座という物があり、特定口座の源泉徴収ありにしていると自分で確定申告をしなくても勝手に税金が源泉徴収されるしくみになっているので特定口座にしている方は確定申告をしなくても済むと言う仕組みになっています。(一般口座や、源泉徴収無しにしている方は確定申告をする必要があります。) 一方、FXで利益を出した人は今の所そんな便利な制度が無い為に確定申告をする必要が出てきます。 ですが勿論こちらも必要経費を差し引いての金額が20万円以上を超える人になります。(会社員以外の方だと38万円以上) また損を出してしまった人も確定申告をすると特になる可能性がありますので確定申告をするのがお勧めです。

サラリーマンでも確定申告をしないといけない人のまとめ

通常、年末調整を行うだけが通常だとお考えになりますが、 高額所得者や、FX等で所得を得た人については自己申告で税務署に確定申告をする必要がございます。 当てはまるかもと思った方は一度税務署に確認してみることをお勧めいたします。 あなたは大丈夫でしたでしょうか?「あ…当てはまるかも…」と思った方は是非、確定申告をして下さい。

確定申告の前に知っておいて欲しい事と準備物

出典:pixabay.com

自分で申告する場合最も大切なのは、配偶者控除や配偶者特別控除、扶養控除に生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除等の各種の所得控除をもれなく差し引く事が大事になってきます。 とても面倒くさい作業が続きますがここをしっかり差し引いておくとその分の税金が返ってくるのでお得です。

扶養控除等の人的控除は年齢や条件等によって控除額が違う!?

そうなんです。意外と知らない方も多いと思いますが、 実は、扶養控除等の人的控除は年齢や条件等によって控除額が違うものが多いので記入する際は十分注意する必要があります。 特にお子さんが満16歳未満の場合は要注意!実はお子さんが16歳未満の場合は扶養控除の適用は無く、満16歳以上19歳未満のお子さんは38万円、満19歳以上23歳未満の場合には63万円の扶養控除額があるんです。 後は、確定申告をするだけですが、確定申告をするにあたって必要な物を用意しておくとスムーズに確定申告を受ける事が出来ます。

サラリーマンが確定申告の時に用意するもの

① 給与所得の源泉徴収票・他の所得がある人はその所得に関する支払い  調書等の書類 ② 生命保険料控除の証明書 ③ 地震保険料控除の証明書 ④ 寄付金控除・医療費控除・住宅ローン控除等を受ける人はそれぞれの添付書類 この4種類になります。 これを持って確定申告を申請しますが、今はネットで出来るので確定申告も前より簡単になっています。

サラリーマンの確定申告書の詳しい書き方

では、確定申告について詳しい方法をご紹介致します。 確定申告は難しいと言うイメージがあると思いますがしっかりと解説していきたいと思います。

サラリーマンの確定申告事前準備

先ず、国税庁のホームページへ飛んで、確定申告書作成コーナーをクリックします。 申告書の作成を開始を押して、作成する申告書を選びます。 コチラの画面では、【e-Tax】か【書面提出】かを選択しますが、e-taxを選択する場合、先に必要なソフトのインストールと 初期化処理を済ませておく必要がありますのでコチラではe-TAXを使用しない(税務署に紙の確定申告書を提出する)場合について 解説したいと思いますので、右側の【書面提出】をクリックして下さい。

PCの環境を調べる

PC環境が利用条件を満たしているかを確認します。 普通のPCならほぼ問題ないと思いますが、 【下記のチェック項目については、すべて確認済みです】は全てにチェックが入りますので、 【ご利用のパソコンの環境が推奨環境を満たしている】【プリンタが正しく接続されている、又はプリントサービスを利用する】【確定申告書等作成コーナーの利用規約に同意する】と言う3つの項目をよく読み 1か所ずつチェックしてもいいですし、一番上のチェックボックスにチェックを入れるだけでも大丈夫ですので、どちらかの方法でチェックして頂き、最後に入力終了(次へ)をクリックします。

申告書の選び方

作成コーナー選択の画面にいくと、上から、【所得税の確定申告書作成コーナー】【青色申告決算書・収支内訳書作成コーナー】【消費税の確定申告書作成コーナー】【贈与税の申告書作成コーナー】の4つのコーナーがありますので、その中から一番上の【所得税の確定申告書作成コーナー】を選びます。

次の画面にいくと【給与・年金の方(給与・年金専用)】と【左記以外の所得のある方(全ての所得対応)】と【左のボタン選択がお分かりにならない方】と言う項目がありますので、 今回は【左記以外の所得のある方(全ての所得対応)】を選びます。 …と言うのも最初の【給与・年金の方(給与・年金専用)】は、年末調整は終わっていて追加で医療費控除等の各種控除や、所得税の還付を請求する時等に使う(例外あり)ものなので簡易版になっているんです。 なので、今回は【左記以外の所得のある方(全ての所得対応)】を選んで下さい。 こちらを選択すると全ての所得を申告出来るBの様式が作成出来ます。

申告書の作成を始める前に

次は、申告書の作成を始める前にと言う画面になります。 ここでは、確定申告の提出方法を選択します。 【e-taxにより税務署に提出する】と【確定申告書等を印刷して税務署に提出する】と言う2つの項目になります。 今回は【確定申告書等を印刷して税務署に提出する】を選んで下さい。 その下の項目の、青色申告かどうかのチェックボックスにチェックは入れずに(青色申告の許可がある人のみチェックします)【生年月日】を入力し、入力終了(次へ)をクリックします。 この後は、いよいよ確定申告の作成を始めます。

確定申告書を作成する

今は、空の確定申告書が表示されていると思いますので、先ずは給与所得や各種控除等を入力していきます。 ここで先程用意しておいた、会社で貰った源泉徴収票を元に入力をしていきたいと思いますので、【給与】の欄をクリックして下さい。

給与所得と控除の入力

【給与】の欄を押すと給与所得を入力する画面が開いたと思います。 先程の源泉徴収票とほぼ同じ配置になっていると思いますので源泉徴収票に書かれている通りに【支払金額】から順番に入力していきます。 【配偶者の合計所得】を最後に入力したらこの画面は終わりなので、入力終了(次へ)をクリックし次へ進みます。

すると次の画面では、【社会保険料等の金額】から順番に、【旧個人年金保険料の金額】を入力します。 何もなければ、【源泉徴収票の⑧から⑭欄の全てに記載がない。】にチェックを入れて入力終了(次へ)をクリックします。

次の画面では、【住宅借入金等特別控除の額】と、【住宅借入金等特別控除の額】の内訳を入力します。 なければこちらも最後の【源泉徴収票の⑮及び⑯欄のいずれも記載がない。】にチェックして入力終了(次へ)をクリックします。

次の画面では、【地震保険料の控除額】から順番に支払者の【所在地】や【名称】を入力して入力終了(次へ)をクリックします。

次の画面では、給与所得の入力内容の確認をします。 しっかりと合っているかチェックし、もう一件ある場合は、もう1件入力するをクリックし、終わりの場合は、次へをクリックします。

【控除対象配偶者の有無等】で『有』を選択している場合は、ここで配偶者情報の入力画面が開きますので、【配偶者の氏名】から順番に入力し入力終了(次へ)をクリックします。

すると、元の画面に戻ると思いますのでしっかりと先程入力した金額が繁栄されているのかを確認して下さい。 OKならば入力終了(次へ)をクリックして次へ進みます。

副業の所得の合計額が20万円を超える人または、複数の箇所から給与を貰っている人の入力方法

ここでいよいよ副業の所得の合計額が20万円を超える人または、複数の箇所から給与を貰っている人の入力方法なのですが、税法上には副業と言う所得区分はありません。 なので、副業で不動産経営をしている方は【不動産所得】となりますし、副業で株の売買をしている方は【譲渡所得】となります。 何故こんな区分に分けなければいけないのかと言うと、その区分によって所得の計算方法が変わってくるからです。 したがって、先ずは自分の副業がどの所得に区分されるのかを知る所から始めなければいけません。 最近多くなってきたネットオークションやフリマで稼いだ金額はお小遣い稼ぎ程度なら【雑所得】と言う区分に分類されます。ただし、生計を立てられるくらい稼いでいる人は【事業所得】と言う区分に分類されるので注意が必要です。 この【雑所得】は、『総収入金額』から『必要経費』を差し引いた金額から算出します。 詳しい必要経費に関しては最寄りの税務署等に聞くと詳しく教えてくれます。

分離課税の所得

また、FX等の収入の方は一番下の方にある【分離課税の所得】と言う欄の【先物取引に係る雑所得等】と言う所を押して頂き記入していきます。

複数取引がある方は、1つ目の業者から順番に入力していきます。 先ず最初に所得区分を選択します。 所得区分は【雑所得用】を選択し、次に取引の内訳入力へと進んでいきます。 ここでは、取引の内容や収入を入力します。 上から順番に、【種類】【決済年月日】…と入力していきますが、ここで「え!?一年間の全ての取引をここに書くの!?」と思った方 安心して下さい。ここには、取扱業者さんが発行している年間損益報告書を添付すれば、一年間の合計を入力するだけでOKなんです。

FXで収入を得た人

それでは改めて上からご説明させて頂きます。 先ず、【種類】ですが、外国為替証拠金取引を入力します。 次に【決算年月日】これは、空白で構いません。 【数量】は1年間で決済したポジションの合計数を入力してください。(1枚=10,000通貨) 【決済の方法】は差金決済と入力します。 次に【差金等決済に係る利益又は損失の額】に その業者の年間の利益の合計額を入力します。 【その他の収入】には、スワップ金額の合計額を入力します。 最後に必要経費を入力します。 手数料を入力する欄がありますが、業者から送られてくる年間損益報告書に、既に手数料が引かれた金額が利益として記載されている場合には、 手数料を必要経費とすることはできませんので注意が必要です。 それ以外の経費がある場合は各経費の年間合計額を入力していきます。 これで一応終わりですが、複数社と取引している方は、【もう1件入力する】をクリックして同じ様に入力していってください。 全ての業者の分を入力し終わったら入力内容が正しいかどうか確認します。 なお、取引所取引では、過去3年分の損失がある場合、その損失を引き継いで合算できます。 前年に確定申告している場合は、前年の確定申告書を見ながら繰越損失額を入力して下さい。 全て入力が終えたら入力終了(次へ)をクリックして元の画面に戻ります。 しっかりとここでも先程入力した金額が入っているか確認して下さい。

住民税の申告

この画面になりましたら、住民税・事業税に関する事項と言うボタンをクリックし、必要な情報を入力します。 最後に住民税の申告に必要な情報を入力して終わりになります。 お疲れ様でした。これで無事に確定申告が出来ました。 なお、他の条件によってはこれに限らず色々な対処方も変わってくる様ですので詳しく知りたい方は最寄りの税務署へお問い合わせ下さい。

意外と知らない?サラリーマンの医療費控除

医療費控除って皆さんご存知でしょうか。 医療費控除って聞いた事はあるけれど、年末調整で取られているのでは?と思っていませんか? サラリーマンだから確定申告なんて関係ないと思っている方に一番オススメしたいのがこの医療費控除です。 この医療費控除は、病院へ行った時の診察代や、薬代は勿論の事ですが、 病院へ行く時にかかったバス代なんかも入れちゃっていいんです。 勿論、無駄にタクシーで行ってそれも控除の中に入れて欲しいと言っても審査があるので全てが受け入れて貰える訳ではありませんが、薬局で買った薬代(特定一般用医薬品等)何かも控除の中に入れて貰えるので1年間のレシートや領収書は取っておいて損は無いです。 しかも、この医療費控除ですが、10万円を超えないと意味が無いと思っている方多いんではないでしょうか。 でもこれ実は、【課税標準の5%】か【10万円】のどちらか低い方が基準になるんです。 因みにこの【課税標準】ですが、給与所得だけの人であれば、年収ではなく給与所得控除後の金額を指します。 これなら10万円を超えていなくても医療費控除をする意味がありそうです。

ふるさと納税

これは結構知ってる方多いのではないでしょうか? ふるさと納税は税金対策にもなり、更にご当地の商品を貰えると言うお得な方法です。 ただ、結構皆さん勘違いされている人が多いですが、ふるさと納税は自己負担金を除いた全額が還付金として振り込まれると思っている方が多いので注意が必要です。 正しくは、ふるさと納税で寄附を行うと寄附金の内2,000円を超える部分が税金から【控除】されます。この【控除】と言うのがポイントです。 …が、年収や寄附金額・家族構成やその他の控除額等によっても自己負担額や税の控除額が変動する事も注意して下さい。 また、住民税と所得税に分かれて控除されるのも覚えておきましょう。 (例)3万円のふるさと納税を行ったとします。 所得税は、(30,000円-2,000円)×10%なので、還付金は2,800円になり、この金額が口座に振り込まれます。 住民税は、(3,0000円-2,000円)×90%なので翌年の住民税から25,200円減額されると言う事になります。 解りましたでしょうか?ふるさと納税は【控除】されると言う事をしっかりと覚えておいて下さい。 しっかり理解して賢くふるさと納税を活用しましょう。

住宅ローン控除

住宅ローン控除これも結構聞いた事がある方多いと思います。 住宅を購入したら控除を受けられるのが当然と思っている方も多いのではないでしょうか。 でも実はここにも落とし穴があるんです。 そもそも住宅ローン控除とは何かご存知でしょうか。 住宅ローンとは、マイホームを一定の条件のローンを組んで購入した方や、省エネやバリアフリー等特定の改修工事をしたりすると年末のローンの残高に応じて税金が安くなります。と言う制度です。 ですので、住宅ローン控除は、実は時代や経済環境等様々な理由により仕組みが変わってしまうのはご存知でしたでしょうか。 ですので、現在の住宅ローン控除は、 住宅ローン控除を利用できる人の条件として、 ①住宅を取得してから6か月以内に入居し、適用を受ける年の12月31日まで引き続いて住んでいる人 ②控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下(会社員は給与所得控除額後の金額) と定めています。 また、住宅ローン控除を利用できるローンの条件として、 【住宅ローン控除の返済期間が10年以上ある人】とも決まっているので繰り上げ返済や借り換えを行う等して、住宅ローンの見直しを行う場合には注意が必要です。 特に気を付けなければいけないのは、借り換えをした人の場合です。 借り換えの場合は、借り換え前の契約が途切れ、新しい借入契約となりますので、借り換え後の金融機関との契約の起算日は借り換え前の金融機関との契約の起算日とは異なります。 したがって、契約ごとに借入金の償還期間が10年無いと住宅ローン控除の対象から外れてしまいますのでご注意下さい。

まとめ

1.サラリーマンでも確定申告をする必要がある人がいる。 2.確定申告は昔ほど難しくない。 3.控除は色々あるけれど、お得にもなるが注意が必要。 ここまで記事を見て頂いた方はもうお分かりになっていると思いますが、 知らないと損をする世の中なので知識を沢山つけ、しっかりと税金対策(ふるさと納税や、医療費控除等)をして賢く生きましょう。