辞表の書き方|辞職願いや退職届けの書き方を分かりやすくご紹介!

まずは退職届、退職願、辞表の違いを確認していきましょう。 書き始める前に、提出日について会社の就業規則での確認が必要です。 退職希望日の何ヶ月前までに上司に提出すれば良いのか確認してから進めましょう。

退職願

退職願とは、会社に退職したいという意思表示をするもので、退職を願い出るための書類となります。 退職願を出してすぐに退職というわけではなく、会社が承諾してから正式に退職となります。 承諾前であれば撤回することも可能です。 退職を決意した場合の順序としては、円満退社を望む場合、まずは退職意思を上司に相談し、話がまとまった段階で退職願を出すのが一般的です。 また、上司との話し合いを退職の意思表示とする会社もあります。その場合は退職願は不要となることもあります。

退職届

退職届は、一方的に退職を宣言するためのものです。退職願は「退職したいのですが、お願いできますか?」といったニュアンスですが、退職届は「退職します」といった明確な宣言となります。 円満退社を望まず強引にでも退職したい場合は、退職願を出さずに一方的に退職届を提出し退職を宣言するケースもあります。 円満退社を希望する場合は、退職願や退職の意思表示が承諾された後に、最終的な退職の書類となる退職届を提出する流れになるかと思います。 この退職届が会社に受理されると、正式に退職となります。 退職願とは違い、基本的には退職届は撤回ができません。 会社によっては退職願、退職届の区別がないところや、退職届だけの提出で良いところなど様々なケースがあります。わからない時は上司や先輩、総務課などで確認すると良いでしょう。

辞表

テレビドラマなどでよく出てくるからかもしれませんが、辞表と退職願、退職届は混同されがちです。 辞表は社長や代表取締役、役員など一定の役職の人間や、公務員が辞意を表示する際に提出するものです。 一般の従業員は退職願、退職届を使用します。 辞表は提出した時点で辞職となりますので、撤回はできません。

【退職願、退職届、辞表の書き方】用紙について

用紙について

基本的にはA4の用紙を使用します。また、B5の用紙を使用する場合もあります。 用紙はコピー用紙や白紙の便箋などを使用します。 無地でも罫線入りの用紙でも問題ありません。

【退職願、退職届、辞表の書き方】例文と書き方

次は退職願、退職届、辞表の例文と書き方について説明していきます。 会社によっては決まったフォーマットがある場合もありますが、今回は一般的な書き方を紹介します。 パソコンでの作成が認められている会社もありますが、直筆の手書きでないと受理してもらえない会社もあります。事前に確認しておきましょう。 手書きの場合は黒のボールペンか万年筆で記入しましょう。シャーペンなど消えてしまう可能性があるものはNGです。 書き方は縦書きが一般的ですが、横書きがNGというわけではありません。

退職願の例文

退職願 私事 この度、一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。 平成○○年○○月○○日 ○○部 ○○ ○○(氏名) 印 株式会社○○ 代表取締役社長 ○○ ○○殿

退職願の書き方

退職願は、退職したい意思を申し出る書類です。 記入する内容を簡単に説明すると、「私事ですが、いついつ付けで退職したいのですが、お願いできますか?」となります。 縦書きの場合での書き方の説明です。 書き出しの「私事」は行の一番下に記入します。 退職の理由は「一身上の都合」で問題ありません。 退職を希望する日付を和暦で記入します。 退職を申し出る書類なので「お願い申し上げます」とします。 退職願を提出する日付を和暦で記入します。 自分の所属する部署、氏名、押印をします。 宛名部分に、会社の正式名称と社長の氏名を記入します。 封筒には、表面に縦書きで「退職願」と記入し、裏面左下に自分の所属する部署、氏名を記入します。

退職届の例文

退職届 私事 この度、一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもちまして退職いたします。 平成○○年○○月○○日 ○○部 ○○ ○○(氏名) 印 株式会社○○ 代表取締役社長 ○○ ○○殿

退職届の書き方

退職届は退職を宣言するものなので「いついつで退職します」といった内容になります。 書き方は退職願とほぼ同じです。 冒頭を「退職届」とします。 本文の終わり部分は「退職いたします」のように断定的な形式にします。 封筒も退職願と同様の形式となります。

辞表の例文

辞表 私事 この度、一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもちまして、取締役を辞任いたしたくお願い申し上げます。 平成○○年○○月○○日 取締役 ○○ ○○(氏名) 印 株式会社○○ 代表取締役社長 ○○ ○○殿

辞表の書き方

辞表も退職願、退職届と基本的な書き方は同じです。 冒頭を「辞表」とするか、「辞任届」とする場合もあります。

会社都合での退職の場合は退職届は必要?

会社都合での退職の場合、退職届が必要かどうかは会社の就業規則で確認しておきましょう。 不要な場合が多いですが、会社から提出を要求される場合もあります。 退職届を要求され提出する場合、退職の理由の部分に注意が必要です。 「一身上の都合」と記入してしまうと、自己都合での退職として受理されてしまうケースもあり、退職後の失業保険に影響が出てしまいます。 会社都合での退職の場合は、「貴社、退職勧奨に伴い」などとして会社都合で退職するということを明確に記入しておきましょう。 会社にも相談できない、自分でも判断ができないときは、厚生労働省の総合労働相談センターに相談してみるのが良いと思います。 総合労働相談センターは、各都道府県労働局、全国の労働基準監督署内などの380か所に設置されています。

【退職願、退職届、辞表の書き方】まとめ

今回は退職願、退職届、辞表の書き方について説明しました。 どれも似た様なものなので混同している方もいますが、それぞれ用途が違います。 退職については様々な事情があるとは思いますが、「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがある様に、お世話になった会社なので綺麗に退職したいものですよね。 それぞれの会社でのルールや社風があるので、トラブルにならない様に上司や先輩、総務課、総合労働相談コーナーなどに相談しながら進めるのが一番良いかもしれません。 転職が決まっている場合は、この退職の手続きで時間をかけてしまうと次の会社にも迷惑がかかってしまうので、慎重に進めていきましょう。