50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例があるか調べてみた

50代からの再就職と考えるとなかなかたいへんそうです。企業は何と言っても若い人を採用します。ただ、最近では転職者でもいいから経験や実績のある社員がほしいという企業も増えつつあり50歳以上という年齢層の高い人も採用されています。その理由は即戦力です。少子化傾向にある今、労働者数が減少し、いろいろなところで「人がいない」状態になっているのです。 ですから、40代でも50代でも欲しいという現実になっています。ただ、50歳以上の人材が欲しいと積極的になっている企業もあります。新しく起業した会社などで、若手を多く採用し、50代の人を教育係として再就職を認めるというケースです。特に前職で、人事担当や管理担当で働いていた50代の人の転職は優遇されています。

「私はこうして就職に成功した!」50歳からの就職成功事例

では、実際に50代で再就職に成功した人は、どのような転職活動をされていたのでしょうか。以下、体験談とそのポイントをご紹介します。

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例1

『私は、家庭事情で40代後半に会社を退職しました。家庭も落ち着き50歳を迎えて転職をしようと決心しました。私が再就職先を探すにあたって留意したことは、前職と同業種を探すということです。全く一からの仕事内容では50代からでは難しいからです。まず、HPで企業情報をこまめにチェックすることから始めました。 目に止まったのは「経験者募集」です。前職の取引先の小さな会社が募集をしていたのです。よく知っている仲だったということもあり、即採用で役員というポジションを与えられました。私の場合はある程度ラッキーな面もありましたが、50歳からの再就職の場合には、私のような「コネ」も必要だと思います。』

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例1のポイント

50代の転職に限りませんが「コネ」は大きいです。30、40代で働いておられる方も将来を見越して、取引先の方を大切にしておくことも大切です。また、50歳からの再就職では、前職の経験や実績を生かすのか、全く新しい職種に挑戦するのか迷うところです。どちらかといえば経験を少しでも生かすことができる仕事を選択するほうがよいでしょう。

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例2

『ハローワークと転職サイトを併用して50歳からの再就職情報を集めました。A社とB社に応募してA社に決まったのですが、面接で「なかなか若い人が定着しないので困っている」ということを言われていたことが印象に残っています。営業業務が主となる仕事ですが、小中企業に取っては人材確保に困っておられることを痛感しました。 仕事自体は、ノルマもなくマイペースで外回りをするというものです。初めはなかなか顧客がつかまらず困っていましたが、一つ契約が取れると、その方からの口コミで広がり紹介していただくという感じで仕事ができるようになりました。営業業務は初めてでしたが、私のような者でもできます。50代からの再就職も十分可能です。』

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例2のポイント

今求人率が上がり、企業側にしますと「人がいない」のが現実です。その影響で「人を選べない」のも企業側の悩みです。例えば外食産業で、人がいないからといって一人でもできの悪い(ビジネスマナーがわかっていない)人を採用してしまうと、そのお店の価値は下がります。このことはわかっていても人が足りないために採用せざるを得ない状況なのです。

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例3

『私は管理員業務を転職先に選びました。40代半ばで会社を退職し、アルバイトやネットショップなど、いろいろな経験で収入を得てきましたが、老後のことを考えると、50代でなんとか稼いでおかなければという思いで転職を決意したのです。ハローワークで見つけたのですが、結構多いのに驚きました。 1週間後に面接日が決定して面接を受けました。人事担当者と支店長との面接でしたが、中でも気になった質問が二つありました。「血液型は何型ですか。」と「お給料は安いですがよろしいですか。」です。いろいろとお話を聞いていて50代でも結構多くの方が管理員業務をされていることにも驚きました。今ではマンション管理員として「お客様(住民の方)のために懸命にがんばっています。』

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例3のポイント

管理員業務は、マンションの増加とともに人出不足の状況です。一人の管理員が2,3のマンションやビルを管理するという状況です。質問に疑問を感じられた血液型はやはり几帳面だといわれるA型が採用されやすいのでしょうか。また、給料は確かに安いです。しかし、受付業務が主(マンションの管理契約によって違う)ですので、50歳からの転職では比較的楽な仕事と言えます。

50歳の転職|50代からの再就職の方が意識しておきたい3つの要素1:小遣い稼ぎという感覚

50代の転職では「自分の思うような仕事はなかなかない」ということは覚悟して置いてください。ということは、50歳からの仕事は、小遣い稼ぎをするような感覚で臨むことが大切です。前職で管理職をするなど、役職に就いていた方もおられるでしょう。しかし、その時の思いや自信は忘れなめればなりません。再就職で厳しい現実が待っています。 50歳からの転職では、年齢がいっているから給料がよいというわけではありません。年齢が高いと給料がよいという考えは捨てなければいけません。それは、企業側の事情を考えてみるとわかります。「若い人と50代の方、同じ業務内容なら、どちらを選ぶか」ということです。

50歳の転職|50代からの再就職の方が意識しておきたい3つの要素2:現場感覚

現場感覚は非常に重要です。家庭都合や病気で、40代で退職して50代で再就職をするという場合、まず現場感覚という点で壁にぶつかります。新たな環境という場面に挑むことは若い人でさえたいへんです。まして、経験や実績のある50歳を超えた方が新たな知識を習得するとなるとたいへんなのはお分かりいただけるでしょう。

50歳の転職|50代からの再就職の方が意識しておきたい3つの要素3:ネットワーク

50歳からの再就職で保険関係の仕事に就いて成功した方が「成功は成功だが、前職で多くの人と関係作りをして、私自身のそのネットワークが非常に役に立った」と言われています。これは50歳からの方の特徴で、今までに作った人脈を利用して仕事に生かすことです。それが、お互いの利益になるのでネットワーク作りは早くから進めておくことです。

50歳の転職|50代からの再就職は可能?事例があるか調べてみた まとめ

50代で初めて転職を経験される方にとっては、もう転職などは考えたくもないと思われる方もおられます。しかし、年金問題など多くの課題を抱える社会で、高齢化を生き抜くためには、自身の体のことも考えてある程度の年齢までは働き続けることも必要です。もちろん入社してみないとわからないことは多いです。50代からでも転職サイトなどで十分相談してあなたの第2の会社を探してください。