【転職40代】40代で転職できる?女性の事例や転職で抑えておく転職の心得!

目次

40代で転職できる?転職サイトなどにみる求人:40代女性の転職事情

転職サイトをみても40代の女性の転職は難しいというご意見が多いのは事実です。転職サイトや求人誌の求人情報でも30代までという募集が多いです。しかし、上述しましたように、40代は、子育ても終わり、転職を目指す方が多いのも現状です。もちろん独身者でも今の職場を判断する時期でもあり、多くの40代女性が転職を経験する傾向にあります。

40代女性の転職、成功のポイントは職種選びにアリ!

さて、40代女性が転職を成功させるには、その時点で、自分自身のライフスタイルを見直すことが重要です。自分の経験や実績、知識、スキルがどの程度のものなのかを分かっておくことが必要です。それが、転職する職種や会社を選ぶポイントになるからです。では、40代女性の転職で人気のある職業にはどんなものがあるのでしょうか。

0代女性の転職でサイトでも人気の職業:事務職の求人の体験談

『私は、20代で結婚、出産して30代のころは子育てに追われていました。40代に入り、(そろそろまた仕事がしたいな。)と思うようになり、夫に相談しました。夫は「経済的にも余裕があるという状況ではないし、働きに出てみるか。無理はするなよ。」と言い、私の提案に賛成してくれたのです。 子育てで体力的には疲れていましたので、事務職で探すことにしました。今ではみんなが転職先探しで申請している転職サイトに登録し、エージェントの方と相談するという探し方をしました。私には、10年余りのブランクはありましたが、実務経験があり、40代女性でも結構求人している会社がありました。しかし、さすが事務職です。人気があってなかなか狭き門でした。 しかし、子育て中に取得した日商簿記の資格が役に立ったようです。一番初めに面接を受けた会社で、「この資格は大きいですよ。事務スキルとして必要な資格です。ぜひその知識やスキルをうちの会社で生かしていただきたいと思います。」と言われました。40代女性の転職では、切り札のようなものがあればなおいいでしょう。』

40代女性の転職でサイトでも人気の職業:事務職の求人のポイント

簿記やTOEICなどの資格は、事務系の就職の際には武器になります。サイトをみましても、40代になってから簿記の資格を取得して、事務職への転職に成功したという方もおられます。事務スキルは、単に事務ができるというだけではない価値があるということです。

40代女性の転職でサイトでも人気の職業:医療・福祉関係の求人の体験談

『私は40代ですが、外見からみても落ち着いて見えます。転職サイトで求人情報から飲食や介護関係の職場を中心に探して面接を受けました。転職活動をしてみて感じたことは、飲食関係は、やはり落ち着きよりも若さを重視します。介護関係の仕事では、40代女性だから落ち着いた対応ができるというように見てもらえるということです。 落ち着いた対応とコミュニケーション能力は、接客や販売活動、衣料・福祉関係の仕事では大いに力を発揮します。今では、介護施設で、私の特徴の落ち着いた感じの中で笑顔を振りまいて、利用者さんやスタッフの方と楽しくやっています。』

40代女性の転職でサイトでも人気の職業:医療・福祉関係の求人のポイント

患者さんや利用者さんとのコミュニケーションが重視される医療や福祉関係の仕事では、自分の笑顔で人を明るくするというたいへん重要な役割があります。それは40代女性だからこその魅力ともいえます。前職を退職して医療関係の資格を取得して、医療事務として働いておられる方もおられます。

40代女性の転職でサイトでも人気の職業:資格取得者の求人の体験談

『私は日本スキンケア協会が認定しているスキンケアアドバイザーの資格を通信講座で勉強して取得しました。もちろん転職準備です。多くの40代女性が転職先としてエステを選ばれていますが、資格を持っていないと結構たいへんだそうです。転職サイトで求人情報を見て、エステシャン募集の会社に応募しました。 お客様相手ですから、スキンケアアドバイザーとしての知識とスキルが必要で、その話し方、接客対応も重要です。また、たまに、カウンセリングのような仕事もしなければなりません。こんな転職した私が今、自分に自信を持って働いています。40代での転職では、資格を持っていることは大きいと思います。』

40代女性の転職でサイトでも人気の職業:資格取得者の求人のポイント

この方のように、エステ関係の資格も数ありますが、その他にもデザインができる、CADが使える、法律の知識があるということが強みになるのです。40代女性ならではの経験や実績、知識、スキルを武器にサイトなどにある求人情報を探しましょう。

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得1:運命の出会いは必ずある!

求人サイトには実に多くの転職情報が掲載されています。40代女性の転職では、自分の得意とする分野を中心に探していきます。条件面(給与手当、通勤、職場人数など)をみて自分の思いと一致するところに応募します。よく探してみてください。あります!40代女性ならではの仕事・・・例えば飲食店での教育係、どうでしょうか。あなたの経験を生かして若い人に働くことの基本を教える仕事もあります。

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得2:働く形はさまざま

二次面接までいったという方が次のような体験をされています。 『私は介護用品を扱う会社に応募しました。もともと介護施設で働いていましたので介護用品には興味がありました。履歴書審査、一次面接とクリアし、二次面接を迎えました。そこで面接官から言われたことが「契約社員」でした。(正社員ではない、条件面でがまんしなければならないことが多くなる)という不安が生まれました。 非正規・・・でも40代でまた一から探すとなるとたいへんです。そんな思いが強く、会社側の条件を受け入れ、今管理職補助という形で働いています。40代女性・・・働けるならどんな形でも受け入れることも必要なんだと感じたものです。』

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得3:ブランクは短く

40代女性の転職では、どこで決断するかという判断は難しいですが、長期化することだけは避けたいところです。「ブランク」は採用側の会社にとっても一日でも短いほうがいいのです。例えば結婚・出産退職した場合には、子どもを保育所にいつ預けようかと迷います。そんな時にはできるだけ早く預けるようにすることです。

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得4:謙虚な姿勢は40代女性だからこそ!

履歴書審査に合格しいよいよ面接選考に入ります。面接では40代女性の転職ですから、前職で得た実績や経験、スキルというものも大切ですが、どちらかというと人物重視で採用を決める会社が多いです。「実績と経験を持って若手の指導もしてくれそうだ」と思わせることです。「年齢だけいっているが扱いにくそうだ」と思われては、間違いなく「否」評価になるでしょう。

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得5:転職の厳しさ

求人サイトでも40代女性の転職が難しいことはわかります。20代、30代の女性を募集している会社が多いのは現実です。経験のない業種の場合には、40代よりも20代ということになるのです。上述のように、」採用はしてくれたものの非正規社員としての採用という場合もあります。何よりも働けることが幸せだという思いを持って臨むことも必要です。

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得6:書類は会社ごとにしっかり作成!

40代とは限りませんが、転職活動では、履歴書等の書類選考が重要になります。ですから、複数の会社に応募する場合、履歴書をコピーして使うなどのことはしてはいけません。会社の方針はそれぞれ違います。あなたは、自身の強みをその会社でどう生かすかをアピールするのですから、必ず応募する会社に合ったものを作成しなければなりません。

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得7:40代女性の面接ではストレートに!

次の方の体験談をみてください。 『いよいよ面接の日を迎えてどきどきでした。面接経験は20代のときにして以来、40代面接では、やはり新卒の人とは違ってどんなことを聞かれるのか不安でした。まずは、履歴書に書かれた内容を確認され、そのあと「40代での再就職になりますが、決意を語っていただけますか。」という質問がきました。 飲食店への応募でしたので、私の学生時代のアルバイトからの経験を話しました。面接官の方は、「バイトも立派な仕事です。あなたの一生懸命さが伝わってきました。」とおっしゃり、二次面接でも「前職を生かして」を強調してなんとか採用していただきました。40代で、この仕事に賭けたいという思いが伝わったんだと思います。』

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得8:前職の経験が生かされなかった例も!

前職の経験・・・しっかりやってはきたけれども、実質的な経験とはみなされないという事例です。 『30代後半までがんばった私の前職は、マーケット市場での人事部の補助の仕事でした。多くの人がリストラにあい、事務的な仕事をしていた私もその対象になってしまいました。40代女性の転職で、同じような職種でのステップアップを希望していたのですが、求人サイトでもなかなか見つからなかったのです。ようやく求人サイトの中に登録し、人事部門でのキャリアを生かして履歴書、面接と進みました。 面接の感触もよかったので、採用されるだろうと思っていたのですが、結果は「否」でした。「なぜ?」という思いとともに、30代までにしていた仕事内容を振り返ると、やっぱり経験不足ということなのではないかと思いました。管理職経験が優遇されるということをエージェントの方からも指導を受けました。』

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得9:前職を生かす(1)

見事に前職の経験を生かして求人サイトで探して採用に至った方の体験談です。 『私は前職で得た知識とスキルを生かして転職に成功した40代女性です。求人サイトで見つけた職場ですが、コールセンターの管理職のアシスタントです。コールセンターの仕事は、顧客からの苦情やクレームに対して、電話対応するスタッフの教育や苦情処理です。 転職先の面接では、「これからのコールセンターの役割」について聞かれ、前職で学んでいたことを元に、結構すらすらと答えることができました。会社との両思いという形で採用していただいた私です。』

求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得10:前職を生かす(2)

保育士の転職で40代女性が体験された例です。 『私は、前職では管理職候補になるまでがんばってきました。しかし、ある顧客対応がきっかけで、クビになってしまいました。気が強い私にとってはがまんしきれず、上司に暴言を吐いたことが原因でした。数年のブランク後、求人サイトで40代女性でもできる仕事を探していましたら、保育士という仕事があることを発見しました。保育士不足からか、多くの保育園で募集がありました。 学生時代に保育士資格を取得していた私は飛びつきました。全く違った職種にはなりますが、学生時代に持っていた「子どもと関わる仕事もしたい」という気持ちが今になって目覚めたという感じです。今では先生です。40代女性も多く和気藹々とやっています。前職で顧客対応の中心になっていましたので、保護者対応に生かされています。』

【転職40代】40代で転職できる?女性の事例や転職で抑えておく転職の心得!まとめ

40代女性が転職できるか、という疑問に答えてきました。求人サイトをみても多くの募集があり、40代でも十分転職は可能です。ただ「求人サイトに学ぶ!40代女性の転職で抑えておきたい心得」については、よく読んでいただき、あなたの転職に生かしていただきたいと思います。40代女性の力はすごいですよ。自信を持って転職に臨んでください。