【面接後にお礼メールは必要?】転職希望者が押さえておきたいメールの基本とポイント!

どちらでも良いがマナー違反には注意

極端な話、面接後のお礼メールは送っても送らなくてもどちらでも良いです。 このお礼メールの有無で採用が決まるというのは考えにくいです。 ただ、あまりにも失礼な内容やビジネスマナー違反な内容の場合は、悪影響を与えますので注意が必要です。 相手の立場に立ってメールを送ることを忘れないでください。

感謝の気持ちと最後の一押しとしてお礼メールを送る

面接後のお礼メールは、面接をしていただいた感謝の気持ちを伝え、最後のアピール、最後の一押し、強い志望動機を伝えるのが目的です。 面接でかなりの好印象を与え、手応えを感じている場合は、最後の一押しとしてお礼メールを送ると採用の可能性がさらに高まるかもしれません。 このような場合は、逆効果にならないように内容に注意して送るようにしてください。 面接で想いを伝えきれなかった、アピールが足りなかったと自覚がある場合は、面接後のお礼メールを送る必要があるかもしれません。 このお礼メールで面接の印象が覆るわけではないとは思いますが、仮にあなたが当落線上にいる場合は良い方向に進む可能性もあります。 ライバルもいることでしょうし、他の応募者に差をつけられるようにしっかりと考えてお礼メールを送りましょう。

最後まで最善を尽くし後悔のないように

もしかすると面接官は、あなたを採用するかどうか最後の決め手に欠けている状況かもしれません。 同じようなレベルの応募者と天秤にかけていることも考えられます。 そんな時に面接後のお礼メールで熱意を伝えることができれば、採用の方向に進むかもしれません。 面接後のお礼メールを最後にアピールできる場所として、チャンスに変えられるようにポジティブに捉えましょう。 可能性ばかりの話になっていますが、できることは最後までやっておきたいですよね。 「あの時ああしていれば」「お礼のメールを送れば変わっていたかも?」と思うことのないように、最後まで最善を尽くし悔いのないようにしましょう。

ビジネスマナーとして面接後のメールは必要

出典:stocksnap.io

面接後のお礼メールは送っても送らなくてもどちらでも良いと説明しました。 ネット上にある他のサイトの情報でも、面接後のお礼メールを送るのはどちらでも良いというアドバイスが多いように感じます。 しかし、転職希望者の場合は少し違うように思います。 転職希望者の場合は、ビジネスマナーをある程度身に付けている前提での選考になるかもしれませんので、お礼メールなどの対応面は見られている可能性が高いです。 社会人として、先方に何かしていただいた時、商談の機会をいただいた時、面談のお時間をいただいた時、こちらの要望に応えていただいた時など、お礼のメールを送るのはビジネスマナーの基本です。 転職希望者で社会人経験があってこの対応ができていない場合は、マイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

面接後のお礼メールを送るタイミング

出典:stocksnap.io

次に、面接後のお礼メールを送るタイミングについてです。 ビジネスマナーとしてのお礼メールについては先ほど説明しました。 例えば商談の機会をいただいた時のお礼メールを送るタイミングは、当日中に送るか遅くても翌日中には送るのがマナーです。 面接後のお礼メールはもう少し早い方が良いかもしれません。選考を急いでいるかもしれませんし、あなたが最後の面接者かもしれないからです。 面接の合否というのは、面接中や当日に決定することが多いです。 翌日には、もうすでに合格者の判断をして合否の連絡をしているかしれません。 先ほど説明したように、あなたが当落線上にいる場合や、同じレベルの応募者と迷っており決め手に欠けている状況も想定できます。 もしかするとライバルはすでに面接後のお礼メールを送っているかもしれません。 面接後のお礼メールは、面接当日のなるべく早いタイミングで送ることをおすすめします。

面接後のお礼メールの例文

出典:pixabay.com

では実際にどのような内容でお礼メールを送れば良いのかを説明していきます。 あくまでも例文なので、丸々真似をした内容だと逆効果です。 採用担当者も数多くのお礼メールを見ているはずなので、テンプレートのままのメールはすぐにわかります。 好印象や強い志望動機、自分の個性を伝えられるような内容を心がけましょう。

面接後のお礼メールの件名

ビジネスメールでは、件名を見ただけで内容がわかるというのが基本的なマナーです。 面接後のお礼メールでも同じです。 本日の面接のお礼【氏名】 ○月○日の面接のお礼【氏名】 という件名がわかりやすいのではないでしょうか。 日付、内容、氏名を件名に入れておくのは、メールの内容が件名で判断できるということに加えて、メールの検索がしやすくなるという理由もあります。 相手の立場に立った行動がビジネスマナーでは必要となります。

面接後のお礼メールの例文

件名:本日の面接のお礼【氏名】 株式会社 ○○ 総務部 人事課 ○○ 様 本日面接をしていただきました○○と申します。 ご多忙のところ、面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。 ◯◯様のお話を伺い、貴社の理念や前向きな経営方針をより深く理解することができました。 また、現在新たに進行しておられる事業につきましてもお話しいただき、非常に興味が湧きました。 このような貴重なお時間を頂戴し、ますます貴社で仕事がしたいという気持ちが強くなりました この度の面接が良い結果となった場合、より一層努力し、貴社で私の力を活かせるよう自分を成長させていきたいと考えております。 ご検討のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。 末筆ながら、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

アピール、熱意を伝える

上記の例文に、アピールや熱意を付け加えると、より効果的です。 ・面接で伺った会社の理念や経営方針に対して、自分の強みを発揮できる部分 ・会社に貢献できる自分の強み ・面接の内容を聞いて、志望動機がより一層強くなった理由 ・面接で話した内容を必ず入れるようにする 自分のPR部分や志望動機と照らし合わせてアピールしていきましょう。 ライバルがいる可能性もありますので、差をつけられるような内容を考えましょう。

面接後のお礼メールに返信をいただいた場合

出典:pixabay.com

面接後のお礼メールに対して丁寧に返信をしていただける場合もあります。 先方も忙しい中返信してくれているので、必ず返信はするべきです。 基本的に、ビジネスシーンにおいて先方から来たメールに対しては返信するべきです。 ただ、長々とした内容にならないように簡潔に返信をするようにしましょう。

先方からの返信に対しての例文

株式会社 ○○ 総務部 人事課 ○○ 様 お世話になっております。○○と申します。 ご丁寧にご返信いただき誠にありがとうございます。 貴重なお言葉をいただき感謝いたします。 益々、貴社で○○様と一緒に働きたいという気持ちが強くなりました。 引き続き、何卒宜しくお願い申し上げます。

面接後のお礼メールのまとめ

出典:stocksnap.io

面接後のお礼メールについてポイントとなる部分や例文を紹介しました。 お礼メールを送る送らないというルールは特にありません。 ですが、本当に働きたい企業であれば、採用に向けてできることは最後までやりたいと思うのではないでしょうか。 その気持ちをストレートにぶつけて熱意をアピールすれば良いのではないでしょうか。 もちろん最低限のビジネスマナーの中で熱意をぶつけてくださいね。 最後にアピールできるツールとしてうまく活用できるように、それぞれ工夫することで好印象を残せるかもしれませんので、最後の最後に知恵を振り絞ってみてくださいね。