【Docker入門】オススメの入門書やチュートリアルサイトまとめ!

出典:pixabay.com

Docker(ドッカー)とは、コンテナ型のアプリケーション実行環境を自動化するオープンソースソフトウェアです。2013年3月にDocker, Inc.社がリリースし、非常に軽量かつ高速であり、その利便性の高さから世界中のIT技術者の間で注目を集めるようになりました。現在では、クラウドやオンプレミスなど様々な場面でDockerの利用が進んでいるのです。

Dockerの特徴

Dockerの特徴はどのようなものでしょうか? Dockerは、従来のKVM等によるハイパーバイザー型の仮想化環境と比較し、非常に軽量・高速という特徴があります。プログラムサイズが小さいために移動がしやすいという面もあります。ディスクやメモリー容量も少なく済みますので、今までインフラ技術者に依頼しなければならなかった作業が、Dockerを利用しさえすれば、開発者が気軽に構築できるため、非常に使い勝手のよいものとして人気が出ています。

Dockerの技術

出典:pixabay.com

具体的にDockerの技術とは、どのようなものなのでしょうか? 従来の一般的なサーバー仮想化では、物理的なサーバーの上に仮想的なサーバーを複数作成することが可能ですます。この仮想サーバーの動作は、本物のサーバーと同じようになります。これは、ハードウェアの機能をすべてソフトウェアで実現するという高度な仕組みが必要であり、その実現は複雑な仕組みになってしまうのです。一方、Dockerでは、OSの上にコンテナと呼ばれる仮想的なユーザー空間を構築します。このコンテナは、従来のサーバー仮想化と比較すると、シンプルで効率の良い仕組みとなっているのです。図示すると次のように説明できます。Dockerのシンプルさがご理解頂けたのではないでしょうか。また、シンプルな仕組みであるがゆえ、高速といった側面もあるのです。

【一般的なサーバー仮想化】 最上位層:「アプリケーション」+「アプリケーション」+「アプリケーション」     :「Bins/Libs」+「Bins/Libs」+「Bins/Libs」     :「ゲストOS」+「ゲストOS」+「ゲストOS」     :「ハイパーバイザー」     :「ホストOS」 最下位層:「インフラストラクチャ―」

【Dockerによるコンテナ型仮想化】 最上位層:「アプリケーション」+「アプリケーション」+「アプリケーション」     :「Bins/Libs」+「Bins/Libs」+「Bins/Libs」     :「Dockerエンジン」     :「OS」 最下位層:「インフラストラクチャ―」

Dockerオススメの入門書6選!

Dockerを習得するには、Dockerの入門書を通読して実際に試してみることがオススメです。Dockerの書籍は、丁寧にDockerについて様々な説明を行っています。Dockerは、大規模な環境がなくてもPCやクラウドなどで気軽に構築することが可能です。ここではDocker初心者が、まず初めに読みたいオススメの入門書をご紹介します。ネット上にもいろいろな情報がありますが、書籍ではDockerに関する内容が詳しく解説されており、Dockerを体系的に理解する近道は、入門書を読破することです。Docker初心者オススメの入門書6冊についてご説明します。

【Docker入門オススメ書籍】「Docker入門」

本書は、Docker初心者が基礎的な内容から実践的な内容まで幅広く学習するために適した書籍です。Dockerとは何か、インストール方法、Dockerコマンドおよびサブコマンド、Dockerイメージの取得、コンテナ稼動、独自コンテナ作成など、Docker Composeを用いた複数コンテナの連携管理など、Dockerの理解に必要な内容を盛り込んでいます。多くもなく少なくもなく適当な分量で、Docker初心者が、まず初めに読破してほしい一冊です。解説も丁寧でわかりやすく解説されており、オススメのDocker入門書になります。 タイトル:Docker入門 著者:末安 泰三 出版社:ソーテック社 発売日:2016/12/20 ページ数:224ページ ISBN978-4-8007-1091-8

【Docker入門オススメ書籍】「Docker」

オライリー社から出版されている書籍「Docker」。本書は3部構成になっており、第1部はインストールやDockerの基礎など初心者向けの基礎的な内容を説明しています。第2部では、DockerシンプルなWebアプリケーションの作成やコンテナのデプロイ、ロギングとモニタリングなどの一連のDocker開発の流れ、第3部では、ネットワーキングとサービスディスカバリ、オーケストレーション、クラスタリング、コンテナ管理、セキュリティなどを内容になります。読み応えのある一冊となっていますが、Dockerの基本的な使い方や関連ツールまで幅広く解説されており、入門書として定番の一冊です。 書籍タイトル:「Docker」 著者:Adrian Mouat、 翻訳:Sky株式会社 玉川 竜司 出版社:オライリージャパン 発売日:2016年8月 ページ数:384ページ ISBN978-4-87311-776-8

【Docker入門オススメ書籍】「プログラマのためのDocker教科書」

この書籍は、Dockerを使ってインフラ環境を構築するための入門書となっています。Dockerの基本やコマンド、インフラの基礎知識など、丁寧に解説されていますので、初心者にもわかりやすく読めると評判です。目指すのは、コードを使ってのインフラ環境構築(自動化)という高度な内容ですが、Dockerの基礎的内容やシステム・インフラの知識など非常に丁寧で解説してあり、インフラやDockerの経験がない方にもわかりやすいと評判になっています。タイトルにあるように実践につながるDockerの入門書・教科書として、うってつけの一冊です。 書籍タイトル:「プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化」 著者: WINGSプロジェクト阿佐志保、山田祥寛 出版社:翔泳社 発売日:2015年11月19日 ページ数:312ページ(B5変) ISBN:9784798141022

【Docker入門オススメ書籍】「Docker実戦活用ガイド」

Dockerの初歩的な解説から始まり、Dockerを利用したオンラインジャッジシステムの構築までを説明した本です。実戦活用ガイドとありますが、Dockerの基本的な内容から説明してありますので、入門書としても読むことができる内容になっています。Dockerのしくみ、Dockerのコマンド編、Dockerイメージ、コンテナの操作、Docker Cloud、オンラインジャッジシステムなどについて説明しており、基礎的な内容から実践的な内容まで一連の流れが理解できる本です。 書籍タイトル:「Docker実戦活用ガイド」 著者:吉岡恒夫 監修:paiza 出版社:マイナビ出版 発売日:2016年05月30日 ページ数:247ページ ISBN:978-4-8399-5923-4

【Docker入門オススメ書籍】「Docker 実践ガイド」

初心者のみならずDockerの実践的な内容にまで踏み込んだと評判の書籍です。Dockerの導入が必要な背景、Docker導入前の準備と設計、Dockerの基本的な利用方法・コマンド、Dockerfileとその自動化手法、資源管理について実際の操作を交えて解説しています。さらに、Atomic Host、CoreOSなどのコンテナ運用OS、KubernetesやDocker Swarmなどのマルチホストやクラスタシステムについても幅広く解説を行っている。入門的な内容から実践的な内容まで、IT現場、実際に役に立つノウハウが詰まった一冊になっています。 書籍タイトル:「Docker 実践ガイド」 著者:古賀 政純 出版社:インプレス 発売日:2015年12月17日 ページ数:328ページ ISBN:9784844339625

【Docker入門オススメ書籍】「Docker実践入門」

Linuxコンテナ技術であるDockerについて、基礎から応用まで詳しく解説したDockerの入門書です。「Dockerを使って何かを始めたい」「Dockerでコンテナーは起動したけど中のしくみがよくわからない」という初心者の方にオススメの本です。Dockerに関する多くの情報を要領よくまとめており、LinuxでDockerを使う具体的な仕組みについて解説されています。DockerでできることやDockerの基礎技術、Dockerが解決する課題、Gitの使い方などDockerの入門的な内容に加え、Dockerの基本操作やコンテナーイメージの自動作成、複数コンテナーの連携活用、公開イメージの活用などの実際のDocker利用方法についても説明しています。また、Dockerコマンドリファレンスについて解説しているだけでなく、Dockerの内部構造やKubernetes、Atomic Hostなどの関連ツールについても触れています。 書籍タイトル:「Docker実践入門」 著者:中井 悦司 出版社:技術評論社 発売日:2015年9月26日 ページ数:200ページ(B5変) ISBN:978-4-7741-7654-3

【Docker入門オススメ書籍】「はじめてのDocker」

Docker初心者がDockerのことを大まかに理解するために適した本です。小型の書籍ですが、DockerコマンドやKubernetes,やCore OSなどにも触れており、Dockerのことやその関連技術まで含んで理解することが可能です。図解で分かりやすく読みやすいので、Docker入門書として通読するのに、最適な一冊になっています。 書籍タイトル:「はじめてのDocker―「仮想化技術」で「サーバ」を簡単構築 (I・O BOOKS)」 著者:西島剛 出版社:工学社 発売日:2016年4月 ページ数:200ページ(単行本) ISBN978-4-7775-1949-1

Dockerチュートリアルサイトまとめ

書籍に加えてチュートリアルサイトでDockerを学習する方法もあります。Dockerのチュートリアルサイトは幾つかあり、Docker公式サイトやDocker ドキュメント日本語化プロジェクトなどの公式系サイトとその公式サイトを実際にやってみたサイトの情報があります。きちんとした情報は公式サイトを参考にした方がいいのですが、ざっくりと理解したい場合などは、公式サイト以外のやってみた系のサイトも参考になるとでしょう。ここでは、幾つかあるDockerチュートリアルサイトについてご紹介します。

Docker公式サイト

Docker公式チュートリアルでは、Docker導入ガイドやユーザーガイドなど様々の情報が掲載されています。Docker(Docker Toolbox)がありますので、ダウンロードしてインストールすることが可能です。インストールまたは設定できるDockerは、「Docker for Mac」「Docker for Windows」「Docker for Linux」「Docker Cloud」「Docker for AWS」「Docker for Azure」の5種類があります。また、Dockerは途中で仕様が変わったりしますので、何かあればこの公式サイトか日本語化プロジェクトに立ち戻って最新情報をチェックするようにしておきましょう。 ただし、全ての情報が英語ですので、英語で大丈夫という方以外は、あとで説明する「Docker ドキュメント日本語化プロジェクト」によるドキュメントを参照すると良いでしょう。

Docker ドキュメント日本語化プロジェクト

英語がちょっと苦手という方のために、Dockerドキュメントの翻訳プロジェクトが進められています。「Dockerドキュメント日本語化プロジェクト」というサイトがあり、翻訳されたドキュメントを閲覧することができるのです。また、各OS用のDockerツールボックスが掲載されており、ダウンロードやインストールのガイドも揃っています。書籍でも丁寧に解説されていますが、仕様が変わった場合などは、このDocker ドキュメント日本語化プロジェクトのサイトで最新情報を確認することも必要です。何かあれば、このサイトの立ち戻って、情報の更新がないかチェックするようにしましょう。

ドットインストール「Docker入門」

動画で学習したい場合は、「ドットインストール」がおすすめです。「ドットインストール」は、動画で手軽にプログラミングの学習ができる人気のサイトです。1動画約3分と短く分割されているため、利用者が飽きないで動画を視聴することができるのです。本を読むのは、ちょっと苦手という方にも動画であれば、勝手に説明してくれるので、自然に頭に入ってきます。ドットインストールには、Docker初心者に向けの「Docker入門」という講座があります。全11回の講座となっており、Dockerのインストールやコンテナ操作など基本的な使い方を学習することができるのです。「ドットインストール」は講座によって無料の講座と有料の講座に分かれていますが、この「Docker入門」(全11回)は無料講座です。やはり動画を見ると非常に頭に入りやすいので、書籍や公式サイトの情報と合わせて利用することをオススメします。

Docker入門:まとめ

出典:pixabay.com

ここまで初心者がDockerを学習するにあたって、オススメの書籍やチュートリアルサイトについて解説を行ってきました。Dockerは、従来のハイパーバイザー型の仮想化環境と比べて、非常に軽量なので、色々な環境で使われています。OSの上にコンテナを利用して仮想化環境を構築できることが便利で、移植性にも優れています。入門書は何冊か発売されていますが、それぞれ特徴がありますので、その方のレベルにあった書籍を選ぶと良いでしょう。チュートリアルサイトや動画サイトについても説明しました。公式サイトについては、きちんとした情報の確認や最新仕様の確認などで定期的に参照する必要があるのです。Dockerの学習ツールにご理解いただけましたでしょうか。Dockerは使ってみれば非常に便利なツールですので、学習を開始することオススメいたします。