【無断欠勤は最悪解雇?】会社への適切な言い訳/理由の伝え方とは?

さて、皆さんこれまでに無断欠勤をしたことはありますか?おそらく、ほとんどの人が「No」と答えるでしょう。 社会人として、無断で会社を休むなんて、あるまじき行為です。それでも、決して身の周りで起こりえないことではないと思います。 今回は、そんな無断欠勤について、無断欠勤が起こす様々な影響について考察していきたいと思います。

無断欠勤とは何か?

さて、無断欠勤とはまず何かについて定義しましょう。「無断」とは、「断わらずにすること。許しを得ないですること。」を言います。 そして、「欠勤」とは「勤めを欠かすこと」、つまり「会社を休むこと」を言います。そして、「無断欠勤」とは言葉通りに、解釈すると「断らずに会社を休むこと」となります。 以降は、「無断欠勤」については、「断らずに会社を休むこと」という意味でお話ししていきたいと思います。

通常の欠勤のプロセスとは?

ここから、「無断欠勤」について理解するために、まずは、通常の欠勤のプロセスを説明します。よくあるケースとして、朝起きたら熱が出ていたというものがあります。 少しぐらいなら無理して会社に行くこともありますが、高熱ではもう会社に行くことはできませんよね。そのようなときは、どうすればいいでしょうか? 皆さん、社会人で会社に勤めていれば、そんなもの常識だよと思うかもしれません。また、皆さんが大学生であれば、あれ、どうすればいいの?と疑問に思っているかもしれません。 熱が出て、会社を休むときは、連絡する前にいくつか確認することがあります。 ・誰に連絡すればよいか? ・熱が何度あるか? ・今日の仕事の予定は?アポはないか? ・引継は誰にすればいいか? このようなことを確認した後に会社に電話します。通常は直属の上司に電話をかければよいでしょう。 熱が何度ぐらいあるかを伝え、今日会社に出社することが難しいと言いましょう。そうすれば、上司から、分かった、何か業務上での引継はあるか?と聞かれますので、なるべく要点を絞って伝えましょう。 全く引き継ぎ事項がないのもイメージダウンです。何も仕事をしていないと思われます。また一方で、多すぎると引き継ぐ側の上司も面倒くさいと思うので、最低限重要なことを簡潔に伝えることが良いでしょう。 次の日も熱がある場合は、同じように朝に電話します。もし、熱が下がって会社に行けたなら、上司を始め、関係者に一言挨拶をしてまわるのが良いでしょう。 これが、一般的な欠勤のプロセスになります。

無断欠勤が起こるプロセスについて

それでは、無断欠勤について解説していきたいと思います。無断欠勤はなぜ起こるのでしょうか? 無断欠勤が起こるプロセスとしては、まず最初に朝起きて、「会社に行きたくない」と思うところから始まります。この原因はいろいろと考えられますが、「会社に行きたくない」というところが始まりです。 そして、「会社を休もう」と決めるのですが、「会社に連絡できない、したくない」というプロセスへと続きます。 そして、「会社に連絡できない、したくない」と思った人が、実際に「会社に連絡せず、会社を休む」と「無断欠勤」となります。 それでは、なぜ、無断欠勤をしようと人は思うのでしょうか?順番に見ていきましょう。

無断欠勤のプロセスの始まり「会社に行きたくない」について

さあ、無断欠勤の最初のプロセス「会社に行きたくない」について解説します。人はなぜ「会社に行きたくない」と思うのでしょうか。 それには、次のような理由が考えられます。 ・仕事が面白くない ・仕事がつらい ・昨日、仕事で大きなミスをして、今日はそのミスのためにいろいろ嫌な仕事がある ・ずっと全力で走ってきて、力尽きてしまい会社に行く気力が起きない ・会社をやめたい ・会社をやめるために、無断欠勤を続けクビになろうとする このように、「会社に行きたくない」という理由は様々なものが考えられます。

無断欠勤のプロセスの続き「会社を休もうと決める」について

続いて、「会社に行きたくない」と思った後に、「会社を休もうと決める」のプロセスについてです。朝起きて、「会社に行きたくない」と思うのは本当によくあることですよね。 誰でも、経験したことがあると思います。それでも、「会社を休もうと決める」のは、あまり多くあるケースではありません。 これまで、何度も何度もそう思い続けて、今日、実行することを決心したのだと思います。または、決めていなくても体が完全に会社に行くことを拒否するということもあります。 メンタルの問題では、何が起こるかわかりません。

無断欠勤のプロセスの続き「会社に連絡できない、したくない」について

それでは、続いてのプロセスですが、「会社に連絡できない、したくない」です。これは、なぜ起こるかと言うと、休むべき「正当な理由」がないからです。 そうです。ここがポイントですね! 熱やケガなど、休む理由があれば、誰もが会社に連絡できるのです。でも、無断欠勤する人は、「会社に行きたくない」、でも「休むための正当な理由がない」ことから無断欠勤してしまうのです。 それはそうですよね。休むための理由がないのに、「会社に今日は休みます。」と言えないですよね。

無断欠勤のプロセスの最後「会社に連絡せず、会社を休む」について

そうして、会社に連絡もしないで、会社を休むという状況が生まれます。これが無断欠勤が発生する一連のプロセスになります。 今、話したプロセス以外にも、とてもレアなケースですが、「起きたら会社が終わっていた」、「身内の不幸があり、慌ただしくしているうちに会社に連絡するのを忘れていた」など、会社に意図的ではなく連絡できないケースもあります。 ですが、あまりこれは無断欠勤の原因となる可能性は低いです。

無断欠勤によって起こる影響

それでは、無断欠勤が実際に発生した場合にどのような影響が起こるか見ていきましょう。会社を解雇(クビ)になるのでしょうか?はたまた給与が減額になるのでしょうか? 一回の無断欠勤で会社を解雇(クビ)になることは普通はありえません。一回の無断欠勤では、その理由(言い訳)を聞いて、次からしないようにきつく叱られるぐらいでしょう。 それでも、2回目となると対応は変わってきます。会社側も罰を与えなくてはいけません。 最初は、給与の減額などから始まります。または、休日出勤など、別の日に働いて埋め合わせるなどが考えられます。 それでもいきなり解雇(クビ)はないと思います。給与の給与の減額から開始でしょう。 しかし、3回目となると事情が変わってきます。会社は、もうあなたを許してくれません。 重い処分を下そうとします。その重い処分の中でも一番厳しいのが、解雇(クビ)です。

無断欠勤をした際の理由(言い訳)について

さあ、無断欠勤してしまった翌日の対応ですが、もうあきらめるしかありません。正直に理由(言い訳)を話しましょう。 ・理由(言い訳)1 会社が嫌で嫌で行くことができませんでした。 ・理由(言い訳)2 昨日のミスを今日、埋め合わせするのが嫌でした。 ・理由(言い訳)3 心は会社に行こうとするのに、身体が言うことを聞きませんでした。 これらの理由を正直に伝えることによって、会社側は納得はしないかもしれませんが、理由を知ることができます。無断欠勤が発生した場合は、通常それらの理由を関係者に説明しなくてはいけません。 いい理由(言い訳)にしてもらうのは、上司や周りに任せるのが一番です。あなたのウソはすぐばれてしまうので、無断欠勤の上に嘘を積み重ねては、もう誰もあなたを信用してくれなくなります。 無断欠勤の理由(言い訳)は正直に話しましょう。

【無断欠勤は最悪解雇?】会社への適切な言い訳/理由の伝え方とは?のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?今回は、無断欠勤の起こるプロセスから、無断欠勤が起こす影響までを話してきました。 無断欠勤をしてもいきなり解雇(クビ)になることはないはずです。給与の減額やきついお叱りから始まります。 もし、皆さんがやむを得ず、無断欠勤をしてしまった場合は、それらに真摯に対応し、無断欠勤という罪を償っていきましょう。