再就職手当を受ける方必見!受給の条件とは?

”再就職手当とは、早期再就職でもらえる祝い金 再就職手当とは、失業保険の受給資格を満たしている人が、早期に再就職先が決まった場合にもらえる手当のこと。具体的には失業保険の支給日数を、所定給付日数の3分の1以上残して再就職した場合にもらえます。 そもそもは離職者に早く安定した職業に就いてもらうためにできた制度で、就業促進手当やハローワーク就職祝い金などとも呼ばれています。失業中の身で転職活動を続けていると次第に懐もさみしくなります。そんなときの臨時収入は非常にありがたいものです。

再就職手当をもらう条件とは?

1)受給手続きを終え、7日間の待期期間終了後の再就職であること。 (ただし、待期期間中に仕事をした日や失業の認定を受けていない日については、待期期間に含まれない) 2)基本手当の支給日数が、所定給付日の3分の1以上残っていること。 3)再就職先が離職した前の会社(関連会社も含む)と密接な関わりがないこと。 4)(自己都合などで退職し、待機期間がある人)待期期間終了後1ヵ月間は、ハローワークか厚生労働省が許可した職業紹介事業者からの紹介で決定した再就職であること。 5)再就職先に1年以上勤務することが確実であること。 6)原則として、雇用保険の被保険者になっていること。 7)過去3年以内に再就職手当や常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと。 8)受給資格決定(求職申込み)前から採用が内定していた会社に雇用されたものでないこと。 ※参考:厚生労働省ホームページ

再就職手当を受け取れる人・受け取れない人

受け取れるケース

正社員採用の人・条件を満たす派遣社員

再就職手当を受け取れるケースとしてもっともスタンダードなのは、正社員として早期に再就職した場合です。派遣社員でも、最初は1年以下の雇用契約であっても途中で更新される予定があり、1年以上の雇用が見込める場合は再就職手当をもらうことができます。就職した日の翌日から1ヵ月以内に速やかに支給申請書を提出しましょう。

独立・起業した人

独立・起業のケースでは再就職手当をもらえないと思っている人も多いようですが、待期期間満了後1ヵ月が経過すれば受給することができます。 手続きは少し複雑で、何度もハローワークに通い失業認定を受け、起業に必要な書類をそろえるなど準備を行い、審査に通ると受給資格が得られます。ここまでかかる期間は人によって異なりますが、だいたい2~3ヵ月。自分で事業をスタートさせたころは安定した収入が得にくいので、再就職手当がもらえると少しは安心できるはず。手間や時間はかかっても手続きをする価値はあります。

受け取れないケース

再就職手当申請後すぐに退職した人

せっかく早期転職がうまくいっても、職場に馴染めなかったり思っていた仕事と違っていたりしてすぐに退職してしまう人もいます。 手当は申請してすぐに受け取れるわけではなく、申請から3ヵ月後の雇用状態をハローワークが転職先に確認し、在籍していれば支給条件をクリアしたことになり支給が決まります。つまり、3ヵ月経たないうちに退職してしまうと受給資格が与えられないのです。 どんなに辞めたいと思っても、手当のためには最低半年は働くことが必要です。また、再就職手当をもらって1年以内に自己都合で退職すると、もらった分の再就職手当を失業保険から差し引かれるため、こちらにも注意してください。

再就職先が以前の職場と関係している

転職先がたまたま前職の会社の関連会社で知らずに入社してしまうこともあるかもしれません。しかしこのケースでは、残念ながら再就職手当が支給されません。どのような形であれ、離職前の会社の事業主に再び雇われることはルール違反となり受給対象外。 前職場と資本や人事、取引面で近しい関係にある会社に雇用された場合においても受給対象から外れます。 再就職手当の申請を行う際は、不正受給を防ぐため書類を提出しなければならならず、転職する先が前職の関連会社ではないことを確認する内容のものも含まれています。きちんと調査されるので、ごまかしはきかないと心得ましょう。

支給残日数が不足している

失業保険の支給残日数が所定給付日数の3分の1以下だったときも再就職手当は受給できません。 支給残日数とは就職する日の前日までの期間であり、失業認定を受けた残りの日数に当たります。たとえば失業保険を受給できる期間が90日あった場合、再就職が決まった時点で残りの期間が30日以上ないと再就職手当の受給対象にはなりません。 1日ずれると受給に大きく影響するので、タイミングをみて転職することも重要です。

再就職手当の受け取りまでの流れ

申請には期限があり、就職の翌日から1ヵ月以内と決まっています。たとえば11月10日から出勤するなら、11月11日から12月10日までが申請期限になります。期限を過ぎると受給できないので注意しましょう。 実際の手続きの流れは以下の通りです。 1)「採用証明書」を転職先からもらい、ハローワークに提出する。 ↓ 2)ハローワークから「再就職手当支給申請書」もしくは「常用就職支度手当支給申請書」をもらう。 ↓ 3)「再就職手当支給申請書」もしくは「常用就職支度手当支給申請書」を転職先に提出し証明を受ける。 ↓ 4)証明済みの「再就職手当支給申請書」もしくは「常用就職支度手当支給申請書」を雇用保険受給資格証と一緒にハローワークに提出する(郵送でも可) 申請が認められるとハローワークから「支給決定通知書」が届きます。通知書には支給日と支給決定額が記載されているので確認しましょう。支給日はあくまで目安なので多少時間がかかる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか。再就職手当は転職活動をがんばり、早期に再スタートを切った自分へのご褒美。手続きが面倒でおっくうになりがちですが、きっちりと受け取るほうがこれからの仕事の励みにもなりそうです。わからないことがあればハローワークの給付窓口に問い合わせましょう。