面接の結果連絡はいつ届く?

面接の合否結果は、3日ほどで電話かメールで連絡が来ることが多いようです。郵送の場合はもう少し遅く、1週間ほどはかかります。 ただし、いずれも企業によってまちまちなので、面接のときに面接官から結果連絡についての説明がない場合は、「選考結果のご連絡はいつ頃いただけますか?」「どのような方法でご連絡いただけますか?」と確認しておくのがベターです。その際、企業から伝えられる期日としては1週間以内、長くても2週間以内のことが多いようです。

電話は合格率が高いといわれている

企業側が応募者を採用したい気持ちが強い場合は、合否結果の連絡も早いという傾向があります。良い人材を他社に取られてしまわないために、早めに採用の連絡をするというわけです。 また、転職市場が求職者側に有利な売り手市場の場合も、企業が早く良い人材を確保したいと採用スピードをあげる傾向にあるようです。

合否連絡がくるまでの期間

合否連絡がくるまでの期間については、さまざまな説があります。ネットなどで噂にのぼるものには、たとえば以下のようなものがあります。  中小企業は1週間、大企業は2週間で合否連絡がくる。  最終面接から1カ月近くも待たされた後に合格連絡がくる。  能力が重視される技術職は、事務職に比べて選考に時間がかかる。  人柄が重視される営業職は、技術職より選考に時間がかかる。  面接終了後、その場で合格を伝えられる(次の選考や入社手続きについて案内される)。  社長が面接を担当すれば、その場で即内定をもらえることがある。

場合によっては遅いケースも

応募者多数のため手続きに時間がかかっている 採用人数が少ない枠に応募者が殺到していたり、さまざまなポジションで何十人もの採用を行っていたりすると、最終判断や手続きにも時間がかかります。単純に物理的な理由で連絡が遅くなっている場合があるので、あまりナーバスになる必要はありません。

合格者から連絡しているから不合格者に対する連絡は遅い

採用人数が多い場合は合格者から優先的に連絡するため、不合格者は後回しにされ、結果的に連絡が遅くなる場合があるようです。 また、最終面接では内定を出したものの辞退される可能性もあるので、次点の人に不合格通知を出すのを先延ばしにすることがあるようです。そのため、結果連絡に時間がかかることが多いようです。

いざ連絡がきたときはどうやって対応すべきか

電話で内定連絡がきたときは、「ありがとうございます。ぜひ御社で働かせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします」とその場で意思表明できます。メールや郵送で連絡がきたときは、なるべく早く電話で入社の意思がある旨を伝えましょう。 入社前に、入社の条件を確認して入社承諾書にサインするという手続きのためにもう一度会社に出向く必要があります。入社が決まると、その日程なども決めなくてはいけません。

まとめ

面接結果は届くタイミングによって必ず合格、不合格ということは言えませんので、届いてみなければわかりません。結果の連絡があるまでは、別企業の面接の準備をしたり、現職の仕事内容を整理するなどして、有意義な時間を過ごしましょう。 良い結果が届き、新たな社会人生活がスタートできることをお祈りしています。