女性に対する退職祝いのポイントをお伝えします

花束に関しては、花屋さんに「相手の好きな色、イメージ、大体の予算」などを伝えるとぴったりの花束を作ってくれます。退職祝いであることを伝えると、花言葉などにも配慮してセンスの良い花束を作ってくれるケースも。

好みがわからない場合はカタログギフトやギフトカードを

相手の好みが全くわからずに何を贈れば良いか決められない人は、何をもらうか自分で自由に選べる「カタログギフト」を贈るというのも手です。この場合、素っ気無く思われてしまう可能性もあるので、手書きの手紙などを添えて気持ちも一緒に贈ると良いでしょう。

予算はどのくらいが最適?

予算は、個人的に贈るなら3千円~5千円、複数で贈るなら1万円~3万円 退職祝いを個人的に贈るなら3千円~5千円前後、同僚や社内一同などの大勢で贈る場合は1万円~3万円前後のプレゼントが、相手に気を使わせないベストなラインです。何人で贈るかにもよりますが、あまりにも高価なプレゼントは相手を困らせてしまうことも。上記の範囲内で選びましょう。

「文房具」「腕時計」「かばん」はNG

目上の人に贈ってはいけない退職祝いも存在します。文房具、腕時計、かばん・・・万年筆などの文房具、腕時計、かばんは「勤勉であれ」という意味が込められています。年長者が若手の社会人に贈るものとしては適しており、贈り物の定番として選択肢に上がりがちですが、目上の人に贈るのは失礼にあたります。

のしに「退職祝い」と書いてはいけない

お祝いの品につける「のし」に、退職祝いと書いてはいけません。 退職を祝うということは、退職する相手が職場を離れることを祝うという意図に受け取られてしまう可能性もあるからです。退職祝いを贈るときののしには、今までの感謝の意を込めて「御礼」「謹呈」などにすると良いでしょう。

オススメの退職祝い

女性におすすめの退職祝いは何をあげればいいんだろう。。と思ったらこちらを参考にしてみてください。

日常的に使える品物!女性は喜ぶはず!

高級タオルや電動歯ブラシ 独身であれ、既婚者であれ、既に生活スタイルが確立している人が多いのが30代の特徴です。その人の家にあっても生活スタイルを邪魔しない、かさばらないプレゼントは喜ばれやすいでしょう。ぜいたくな素材で作られたタオルや高機能の電動歯ブラシなどは、喜ばれる傾向にあります。 ブランドもののポーチも、化粧品入れに使ったり小物をいれたりと、使い勝手の良いプレゼントのひとつ。個人であげるプレゼントとして手ごろな値段のものも多いです。

癒し系の品物!女性にとっての必需品など

入浴剤やボディクリーム・ブランド物の高級紅茶など 感謝と慰労の気持ちを込めて、退職後の日々を豊かに過ごすことができるプレゼントを贈るのはいかがでしょう。相手の好きな香りなどを知っていれば、好みに合った香りの入浴剤やボディクリームなども喜ばれるはずです。 男性が女性に贈る場合、バスグッズをプレゼントするのには少し抵抗がある…という方もいるかもしれません。その場合はFORTNUM & MASON(フォートナム&メイソン)などのブランド紅茶の詰め合わせなどを贈るのも良いのではないでしょうか。高級・高品質であることは言わずもがな、パッケージもおしゃれでプレゼントには最適です。

まとめ