正しい残業代の計算方法

残業代を計算するためには、1時間あたりの給料がいくらで、何時間残業したかを把握することが必要です。 1時間あたりの給料は「給与明細」から、何時間残業したかは会社の勤怠管理システムやタイムカードなどで「実働時間」を確認すればわかります。計算する前に準備しておきましょう。

「週40時間、1日8時間」を超えたら25%割増の残業代が発生

「週40時間、1日8時間」の法定内労動を超えて働くと、その時間は「残業」と呼ばれます。残業に発生する賃金は、1時間あたりの賃金の25%増となります。これが残業代の基本です。 たとえば定時が9時~18時(休憩1時間)、週5日で働いていれば週40時間働いていることになります。この働き方をしている人が18時を過ぎても仕事をしていれば、残業代が発生するというわけです。

残業時間の基本的な数え方

自分がどのくらい残業しているのかわからない人は、まずは会社の決めた定時(所定労動時間)を確認してみましょう。実働時間が所定労動時間を超えていれば、超えた分が残業時間となります。 また、実働時間は実際に働いていた時間を意味します。下記のように、働いていなかった時間は含まれないことに注意しましょう。

残業代の基本的な計算式

大まかな残業代は、「1時間あたりの賃金(時給)×1.25(割増率)×残業時間」で算出できます。 1時間あたりの賃金がわからない場合は、「月給÷(1ヶ月の所定労働時間〈定時〉×21日〈1ヶ月の勤務日数〉)」で割り出しましょう。1ヶ月の勤務日数は、休みの多い月などは21日よりも少なくなります。

月収25万円の場合

月給25万円、定時が9時~18時(実働8時間)の人が1ヶ月で20時間残業したとすると、残業代は以下のように計算できます。 1時間あたりの賃金[25万円/8時間×21日]×1.25×20時間 =1時間あたりの賃金1488円×1.25×20時間 =37,200円 残業代を簡単に知りたいという人は、まずはこの式に当てはめて計算してみましょう。

残業の時間帯や休日によって、異なる割増率を掛ける

大まかな残業代は、「1時間あたりの賃金(時給)×1.25(割増率)×残業時間」で算出できます。 1時間あたりの賃金がわからない場合は、「月給÷(1ヶ月の所定労働時間〈定時〉×21日〈1ヶ月の勤務日数〉)」で割り出しましょう。1ヶ月の勤務日数は、休みの多い月などは21日よりも少なくなります。

残業の時間帯や休日によって、異なる割増率を掛ける

40時間、1日8時間を超えた「法定時間外労働」には基本的に25%の割増賃金が支払われますが、法定時間外労働の中でも割増率が異なるケースがあります。 たとえば定時の18時を過ぎても残業が続き、22時以降になった場合は、法定時間外労働の25%に深夜残業として25%が加算され、割増率は合計50%となります。 割増率の一覧は以下のとおり。「時間外労働+深夜労働」など異なる割増賃金を合算できるパターンもありますので、確実に計算しましょう。

まとめ

残業代の正しい計算方法を知り、自分の残業代を把握することはできましたか? 残業代にもさまざまな種類があり、難しいと思うかもしれませんが、残業時間と割増率がわかれば計算は単純です。 せっかく遅くまで残って働いたのであれば、その分残業代ももらいたいと思うのは当然です。万が一、算出された残業代を満額支給されていなかった場合は、自分の計算で合っているのか会社に問い合わせてみてもよいかもしれません。