失敗しない転職時期を見極めるには?知っておきたいポイントまとめ

いざ転職しよう!と思っても、今の仕事の繁忙期や、転職したい先の状況を考えて「いつ」動いたらいいかを迷うことはありませんか?また、時期によって求人状況も変わるため、時期によって有利・不利があるのでは・・・と考えるかもしれません。 転職成功への第一歩として、転職の時期について知っておくべきポイントを確認しましょう。

中途採用の求人が増える時期は2~3月と9~11月

中途採用では、季節によって、求人数・転職希望者数の増減があります。 まずは全体の動きを知り、自分の希望する業界・業種にあわせて準備をしましょう。 ここ数年のデータでは、2~3月と9~11月にピークを迎えることが多くなっています。 3月は年度末、10月は半期の変わり目です。そのため、 1年または半期毎の事業計画に基づいた求人 年度末で退職した人員の補充 新卒の社員と同じタイミングで研修等を行うため といった理由で求人が多くなっていると考えられます。 ただ、上記の期間中に増えている求人のなかには、採用目標数を達成できなかった企業が急いで再募集をかけているケースもありますので、必ずしも魅力的な求人ばかりではない可能性があります。 採用計画に沿って着実に採用を行えるような企業の場合は、前倒しで募集を積極化させている場合が多いため、注意が必要です。 ※上記のような動きはあくまで全体の傾向です。業界や職種によって、季節によるトレンドが違う場合もありますので、自分の希望業界や企業の求人情報をチェックしておきましょう。

転職希望者が多い時期はボーナス後と年度末

一方で、転職希望者の多い時期・少ない時期はあるのでしょうか。 総務省が行った労働力調査によると、月による大きな変動は見られません。 若干増える傾向がみられるのは9月~10月と2月~3月。 9~10月は、ボーナス後に転職を考え始める人が増え、2~3月は、年度初めの4月に入社することを見据えて活動を始めていると考えられます。

転職活動は「少し早めに」始めるのがコツ

前述のように、中途採用は通年で行われていますが、季節によって求人数・転職希望者の増減はあります。 でも実は、その時期にあわせて活動をスタートさせるのでは遅いのです。 転職活動には準備期間が必要です。それを踏まえて、「少し早めに活動を始める」のがコツ。おさえるべきポイントは2つです。

退職のタイミングは繁忙期を避けるべし

転職を思い立った翌日には新しい会社に入社できる、なんてことはなかなかありません。上記のように準備が必要ですし、今勤めている会社を退職するためには、就業規則に則って最低でも2週間前には申し出る義務があります。 場合によっては退職交渉に時間がかかることもあるので、転職先に入社したい時期が決まっている場合は、準備~退職までにかかる期間を逆算して考えておく必要があります。 また、社会人として、現在の勤務先に迷惑をかけて退職することは避けるべきです。 例えば繁忙期やプロジェクトの途中などに退職されると、残る社員に多大な迷惑がかかるだけでなく、企業にとって大きな損失に繋がります。 前の会社に迷惑をかけて退職した場合、例えば同業種であれば、次の職場にその情報が渡らないとも限りません。あくまで円満退職を目指しましょう。

年代別・求められるものを知ろう

すぐに転職するわけではなくても「自分のキャリアプランの中で、いつ転職すべきか」を考えることはあると思います。 自分が転職すべき時はいつかを見極めるためには、自身の叶えたいキャリアプランだけでなく、自分がビジネスパーソンとして求められているスキルや期待される役割を知ることも重要です。 中途採用では新卒と違って、即戦力となる人材が求められます。 当然ながら、年齢・経験年数によって、求められる経験・スキルは変わってきます。 それぞれの年代ごとに求められるポイントを確認して、自分の経験を整理する際の参考にしてください。

まとめ

転職の時期を考える際に知っておきたいポイントをまとめました。 市場動向を知った上で自分を振り返り整理することで、スムーズに転職活動を行えるだけでなく、転職した後の納得度も変わってきます。ぜひ一度じっくり時間をとってみてください。