最終面接の逆質問で印象アップ!社長・役員に聞く質問集

最終面接でも、多くの場合、応募者へ質問があるかを尋ねる逆質問が行われます。『何か質問はありますか』と面接官に問われ、「ありません」と答えるのは絶対NG。会社の経営者である最終面接官に、直接話を聞けるチャンスなのに質問が無い、ということは、“私はこの会社に興味がありません”と言っているようなもの。最終面接に向けて、社長や役員に聞くにふさわしい質問を準備していきましょう。

ホームページを見てから逆質問をすると評価アップ

最終面接の面接官は、“企業のことを理解したうえで、入社したい”という意志のある応募者を採用したいと考えています。そのため会社のことをきちんと調べていることがわかると、良い印象を持ってもらえる傾向があります。 会社のことをちゃんと調べて理解していることをアピールするのに、最も有効な手段が逆質問。ホームページに書かれている内容を引用した後、さらに踏み込んだ質問をするのです。

最終面接で聞くべきではない質問

自分では良い質問と思っていても、面接官から見ると良い印象を受けない質問があります。ここでは、最終面接では聞くべきでない質問を紹介します。

福利厚生や待遇についての質問

御社の福利厚生制度について教えてください 残業はどの程度ありますか →残業したくない、仕事自体よりも制度に惹かれている等、意欲が十分でないと思われる場合があるので、最終面接では絶対に質問は避けましょう。

ホームページなどに掲載されている情報

社員は何人いますか 御社の経営理念は何ですか →ホームページに掲載されていることを質問する=あまり志望度が高くない、と思われる場合があります。役員面接の前には必ず応募企業のホームページは確認し、書かれている内容を問う質問はしないようにしましょう。

まとめ

最終面接は、最後の関門であると同時に応募企業を見極める場でもあります。最終面接の面接官である役員・社長に会社に対する想いや今後についての考えを語ってもらうことが、応募企業について理解するには一番の近道です。逆質問で役員・社長に熱く語ってもらえるよう、事前に企業研究と質問の準備を欠かさず、最終面接に望みましょう。