会社選びに失敗したらどうする?転職失敗時の対策と回避方法

「転職に失敗した!」と思ったらするべき3つのこと なぜ失敗だと思うのかを冷静に分析しよう 転職後すぐに辞めるリスクを知ろう 仕事における優先順位を整理しよう

失敗だと思うのかを冷静に分析しよう

【よくある「転職失敗」の理由】 憧れの仕事に未経験で転職したら、思っていたのと違った 待遇に惹かれて転職を決めたけれど、やりがいが感じられない 社風が合わなかった・社内になじめない 入社前に提示された給与や休日などの条件が違った 残業が少ないと言われて入社したが、実際は毎日残業続きだった 面接時に伝えられた職務内容と違う仕事を任された 仕事を始めてまだ短い期間しか経っていないのであれば、職場に慣れていくことで問題が解決する場合もありますので、安易に退職してしまうのは時期尚早かもしれません。 また、採用時に伝えられていた給与などの条件と実際の条件が違ったなど、企業側に明らかな問題がある場合は、該当部署に相談しましょう。それによって解決すれば問題ないですし、もしそれで解決せず退職を余儀なくされたとしても、自ら解決のためにアクションを起こしていれば、退職理由を伝える際にネガティブな印象を与えずにすみます。

仕事における優先順位を整理しよう

自分が仕事において優先したいこと、譲れないことをもう一度整理してみましょう。 転職の失敗とは、言い換えれば転職先の職場と自分の理想とする働き方がマッチしなかったということ。自分自身がどんな働き方をしたいか、譲れない条件は何かをきちんと把握した上であれば、それが転職先の職場で叶えられるかどうかを判断することができます。 まずは転職活動を始めたときの気持ちに立ち戻って、自己分析をしてみてください。

転職後すぐに辞めるリスクを知ろう

(リスク1)再転職に不利になる可能性がある まず言うまでもないことですが、短期間での転職は次の仕事を探す際に不利になります。次も短期間で辞めてしまうのではないか?職場への適応性がないのでは?と思われてしまうためです。 どうしても短期間で辞めて再度転職活動をする際には、なぜ転職する必要があったのかを相手が納得できるように伝えなければなりません。そのためにも、すぐに辞めたいと思っても一度考えを整理し、改善にむけてできることがないか考えてみましょう。 (リスク2)無職の期間ができる可能性がある 衝動的に退職してしまった場合、すぐに次の職場が決まるとは限りません。一般的に、離職期間が長くなるほど転職は不利になります。 無職の期間が長引けばそれだけ生活も苦しくなりますし、精神的にも追い詰められてしまうかもしれません。退職を決めたとしても、できるだけ今の職場での仕事を続けながら転職活動を行うのがベター。 (リスク3)次の職場に影響が及ぶ可能性がある 企業側は、コストをかけてあなたを採用しています。採用されてすぐに退職するということは、そのコストを無駄にするということですから、企業からの印象はとても悪くなります。例えば同じ業界・職種での転職を考える場合、業界によってはあなたの悪い印象が次の職場に伝わらないとも限りません。 やむをえない場合を除き、できるだけ円満退職を目指しましょう。

転職に失敗したときの動き方

採用時の条件と実際の条件が違う場合や、仕事内容、部署等が違う、残業が多すぎるなどの場合は、まず社内の該当部署に相談しましょう。 仕事内容についての相談であれば、業務の全体をマネジメントする立場の上司に相談しましょう。ただしその際には、相手との関係性も考える必要があります。これからもその企業で勤めたい場合は、とくに慎重に判断しましょう。

よくある転職失敗事例と回避方法

憧れの仕事に未経験で転職したら、思っていたのと違った (事前にとるべき対策) その業界・企業での仕事の内容、具体的な働き方について調べておく 面接で仕事内容や社内の様子を確認しておく 他に未経験で入社した社員はいるか、どんな仕事をしているかを確認しておく その仕事や業界が実際にはどんな様子なのか下調べが足りない場合、このような後悔を生む可能性が高くなります。「きっとこんな仕事だろう」「こんな雰囲気だろう」という想像や憧れだけで転職を決めてしまうと、現実とのギャップに悩むことになるかもしれません。

労働時間のギャップが大きいケース

実際に働いている社員の働き方を確認する できれば「平均」などではなく、具体的に聞く 時期による変動等も確認する労働環境にギャップがあることもよくあります。これは面接時に、働き方を具体的に確認しなかったことが原因です。 残業時間については、「多い」「少ない」などの表現では、人によって感覚が違うためそのまま鵜呑みにするのは避けるべき。ただし、その点ばかりを聞くと印象がよくありませんので、仕事内容とあわせてさらっと聞くのがベター。直接聞きにくい場合は、クチコミサイトを利用したり、人材紹介会社を通して情報を得るのもよいでしょう。

社風が合わなかった・社内になじめない

企業の体質や働く人たちの雰囲気は、入社前にはある程度までしか知ることができないため、入ってから「居心地が悪い」「自分とは合わない」と感じることはあるはずです。 事前にできることとしては、可能であれば社内を見学させてもらいましょう。それが難しくても、面接時の面接官の人柄や社内の様子から、その企業の風土や職場の雰囲気を感じたり、質問したりすることはできます。 例えば社内の様子やどんな人が働いているか、報連相はどんなふうに行われているかなどを質問してみると、職場のコミュニケーションの状況や人間関係が透けて見えるかもしれません。

まとめ

誰でも「次の転職で最後にしたい」と思うものですが、なかなかうまくいかないこともあるのが現実です。失敗したな、と思っても、それを成長の糧にするくらいのポジティブな気持ちでいることが、何よりも転職の失敗を防ぐ良い方法かもしれません。