職務経歴書の基本の書き方と受かる秘訣

職務経歴書はあなたのスペックを載せたプレゼン資料 はじめに意識しておきたいのは、職務経歴書はあなたが企業にぴったりのスペックを兼ね備えた人材だとアピールする「プレゼン資料」だということです。そう意識して書けるだけで、書類選考通過にグッと近づきます。 職務経歴書はこれまで働いてきた経歴を端的にわかりやすくまとめるものですが、まとめ方が肝心です。多くの企業で選考の第一段階となる書類選考では、企業は職務経歴書の業務内容や実績を見て、募集しているポジションに合っているかを判断することになります。

良い職務経歴書を書くための三原則

(1)求人内容に沿った内容にする 大切なのはあなたが企業の求める人材にぴったりの人物だとアピールできること。 ウソを書くのはもちろんNGですが、自分の経歴やスキルをなんとなくそのまま書いてしまうのではなく、相手の求めるものに合わせてアレンジしましょう。 また、仕事に対してオーバースペックな場合も「うちの仕事内容では満足しないのでは」と敬遠されるので注意を。 (2)読みやすい見た目に整える 意外と大切なのが職務経歴書の見た目。どんなに素晴らしい経歴が書いてあっても、ごちゃごちゃして採用担当者が要点を見つけられないようでは意味がありません。 わかりやすく簡潔に見えるよう、罫線や改行、箇条書きなどを使って整えることが大切です。 (3)採用担当者の目に留まる“キラーワード”を盛り込む 職務経歴書に書かれていると採用担当者の目に留まる“キラーワード”があります。たとえば資格が重要な仕事であれば資格名、エンジニアであれば使っていたツールや言語など、応募先に刺さる自分の強みは必ず書いておきましょう。 転職エージェントを使っている人は、どんな単語が応募先に効くのか尋ねてみるとよいでしょう。

多すぎる転職回数、職務経歴書に少なく書いてもいい?

必ずすべて書きましょう 転職回数があまりにも多い人は、転職に不利になることを心配して職務経歴をごまかしたくなるかもしれませんが、正直に書きましょう。 とくに短期間で退職してしまった勤め先は省いてしまいたくなるものですが、応募先の会社に見つかると経歴詐称に問われるリスクもあります。1日でも在籍した会社は省かずに書きましょう。履歴書の職務経歴欄には限度がありますが、職務経歴書は職務経歴欄を伸ばせばいいだけです。 また、職務内容を詳しく書くのは、直近の経歴や応募先に関係のある仕事だけでかまいません。短い勤務先や応募先の仕事に関係ない職歴は、「その他の経験」などとして短くまとめ、ほかにアピールすべきことを強調して書きましょう。

ネットの作例を参考にしてもいい?

書き方の参考にするのはOKだが、内容の信憑性には注意を 職務経歴書の作例は、インターネットで検索するとたくさん出てきます。そのままコピペして使うのは論外ですが、書き方の参考にする分にはかまいません。 ただしなかにはその業界や職種についての理解が浅いまま書かれているものもありますから、あくまでも求人内容に合わせ、自分の言葉で作っていくことが大切です。 とはいえ、自分の作った職務経歴書が「まさにこの人を探していた!」と思わせるようなプレゼン資料になっているかどうか、わからなくて不安な人も少なくないでしょう。その場合は、自分の身の回りにいる転職経験者、とくに転職でステップアップすることに成功している人に見せて相談したり、転職エージェントの職務経歴書添削サービスでプロに意見を求めてみると、新しい発見があるかもしれません。

まとめ

職務経歴書は、企業が求める人物に沿うように自分の経歴を調理し、プレゼン資料としてわかりやすく作ることが大切です。項目を見てみると、自分の書くべき職務経歴書のイメージが具体的になったのではないでしょうか。 ここで学んだ書き方を使った職務経歴書で、まずは書類選考を突破し、自分の理想の転職をかなえてください!