SEが転職セオリーをご紹介!

(1)システム開発(汎用機系) 汎用大型コンピュータ(メインフレーム)にパソコン(端末)をつなげてシステム開発を行う。使用言語は主にCOBOLなど。古い時代に導入されたものが多いが、現在も企業の基幹システムや、大量のデータ処理を必要とする金融系の現場などで用いられているため、少ないながらも求人がある。

(2)システム開発(Web・オープン系) オープン系とは、汎用機系以外のシステム開発のすべてを指す。汎用機系の開発がハードウエアやOSなどの環境を特定のメーカーに限定した中で行われるのに対し、さまざまなメーカーのものを組み合わせて開発をする。オープン系はUNIXやPC上で稼働。Web系はオープン系の一種で、インターネットのWebサーバ上で稼働する。

(3)セールスエンジニア/プリセールス 「技術営業」と呼ばれる、技術的な専門知識を備えた販売員。ソフトウエアや電子機器などを扱う企業で、営業スタッフと顧客のもとに同行し、顧客側の技術担当者と折衝を行いつつ、自社製品の導入を勧める。導入時に顧客に対して研修を行ったり、導入後のトラブルサポートを担当することもある。

(4)組み込みシステムエンジニア/システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系) 家電製品や自動車など、機器の機能を正常・安全に作動させるためのシステムを開発する。組み込みシステム開発用のOSやプログラミング言語を使用し、機器の動作環境などを考慮した設計・開発を行うため、力学など物理の知識も必要となる。

(5)サポートエンジニア・カスタマーエンジニア/テクニカルサポート 主に顧客先で作業をすることから、総称して「フィールドエンジニア」と呼ばれる。システム構築に伴う機器の設置から、障害発生時の対応、定期点検などを担当する。

(6)ネットワークエンジニア/通信インフラ設計・構築 個々のコンピュータをスイッチやルータなど専用機器に接続し、それらを介してデータを快適に送受信できるよう、ネットワークシステムの設計、構築を行う。

(7)セキュリティエンジニア 外部からのサイバー攻撃への対応・対策を講じるほか、内部情報の流出防止、社員へのシステムセキュリティに関するコンプライアンス・ガバナンス策定や教育などを行う。

(8)運用、監視、保守 総じて「ITサービスエンジニア」と呼ばれる。業務内容は先述の「フィールドエンジニア」に近いが、顧客対応はなく、システム面の運用、管理、保守が中心となる。主にデータのバックアップや、障害通知などの仕組み作りを行う。

(9)社内SE 上記の職種分類とは性質が異なるが、転職サイト等では職種のひとつとして扱われることが多い。上記で挙げた職種を、自社の製品やシステム開発のために活かす仕事。近年は、メーカー、金融、保険、アパレル等、業界を問わず社内SEのポジションを置く企業が増えている。

SEの経験を活かせる職種

(10)ITコンサルタント/システムアナリスト システム開発でのいわゆる「最上流工程」の担当者。企業の経営者やシステム統括責任者から、経営戦略や課題、各業務の流れをヒアリング・分析し、顕在化された課題と同時に、顧客自身も気づいていない潜在的な課題も洗い出す。

(11)デジタルクリエイター 主にゲームクリエイター、CGクリエイターなどを指す。柔軟な発想力や、流行の一歩先を読み解く感性が求められる。使用言語は主に、家庭用ゲームはC++、スマートフォンのアプリはJava(Android)、Objective-C、Swift(iPhone)

(12)ブリッジSE 言語や文化が異なる国の間を持ち、作業が円滑に進むようマネジメントできるSEのこと。海外の開発会社に所属して、日本の企業との橋渡し役になる外国人SEのことを指すことも多い。語学力は必須。

(13)ITインストラクター IT関連の技術を教える仕事。パソコンスクールの学生に基本的なパソコン操作やプログラミング言語の組み方を教える、一般企業において社員を対象に表計算の研修を行うなど、職場は多岐にわたる。

SEの「働ける企業」は様々

転職活動中のSEの中には、SE=ソフトウエア・情報通信業界で働く、という固定観念があり、同じ業界内で職を探しがちな人が多いようです。 しかし、図1を見るだけでも、職種と同様、SEが活躍できる業界は「IT企業」だけではないことが分かります。 また最近は、メーカーの組み込みシステムエンジニアや、ITとは無関係の企業のネットワークエンジニアなど、各業界で多様な職種の「社内SE」を設けている企業も増加傾向にあるため、SEの活躍の場はどんどん広がっています。 この点を意識するだけで、転職の選択肢が格段に増えるはずです。

技術者志向のSEは「スーパープログラマー」を目指そう

対人関係があまり得意でないSEは、どのようにキャリアを積み上げていけば良いのでしょうか? 管理職やPM以外で、SEの新たなキャリアアップの道として注目されているポジションが、「スーパープログラマー(図2-C)」です。 下流工程から上流工程にキャリアアップするのではなく、プログラミングを極めてWeb業界とIT業界のどちらでも活躍できる人材を目指すのです。 管理能力に自信がないSE(図2の★印の位置、つまり、「限りになく(4)に近い(3)のポジション」にいる人)は、年齢が上がるに従い、「自分の性格には不向きだが管理能力を求められる上流工程を目指す(図2-A)」か、「現状維持にとどまり出世を諦める(図2-B)」か、キャリアの方向性に迷うことが多いと言われます。 そんな時は、とにかく技術に磨きをかけ、スーパープログラマーを目標にすることも、選択肢のひとつとなり得るでしょう。 ちなみに、著名人では「Facebook」の創業者であるマーク・ザッカーバーグが「スーパープログラマー」と言われています。

具体的なビジョンがある人は、転職サイトを活用

「こういう仕事がしたい」「こういうキャリアアップをしたい」など、すでに明確な目標がある人は、転職サイトで希望の職種・業界・言語にチェックを入れて検索しましょう。 「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「DODA」「転職@type」「エン転職」といった総合求人サイトのほか、「Green」「IT転職ナビ」などIT系に特化した転職サイトがあります。 職種分類など細かな条件はサイトごとに特色があるので、自分に合ったサイトを見つけましょう。

SEの年収事情

SEが当てはまる「技術系(IT/通信)」は、堂々の3位にランクインしています。 (DODA「平均年収ランキング2016職種別」より抜粋。2015年9月~2016年8月の1年間に、DODA転職支援サービスに登録した約27万人のデータを元に、正社員として就業している20~59歳までのビジネスパーソンの平均年収) 2位、5位、6位にそれぞれ技術系(電気/電子/機械、建築/土木、メディカル/化学/食品)がランクインしている点から、特別な技術が評価され高い報酬が付与されていることは明確ですが、SEの場合は、「残業が多い」ゆえの高収入、というケースも少なからずあるかもしれません。

まとめ

SEの転職と一言でいっても、さまざまな職種やパターンがあることがお分かりいただけたかと思います。 SE(システムエンジニア)という言葉は和製英語であり、世間一般に普及した歴史も浅いため、さまざまな職種分類があるものの、その線引きや内容は混沌とし、不明瞭な部分も多々あるのが現状です。 しかし裏を返せば、SE業界の整理整頓が追いつかないほどのスピードで、多種多様な分野から必要とされる職業へと成長を遂げた、とも言えるでしょう。