あなたはどのレベル? 20代の平均年収を徹底解剖

20代前半で248万円、後半で344万円 国税庁による平成26年の調査によると、20代の平均年収は296万円でした。 社会人にとって20代は、入社したての新入社員から責任ある仕事を任せられる係長クラスまで仕事の幅が広いのが特徴です。そのため、20代前半(20歳〜24歳)と後半(25〜29歳)では平均年収に差がでてきます。 20代前半の平均年収は248万円、20代後半は344万円でした。このデータは税金や社会保険料が引かれる前の数字なため、手取り分は平均年収の2割マイナス、すなわち20代前半で198万円、20代後半で275万円程度だと考えておけばいいでしょう。

男女では20代後半の平均年収で約80万の開き。今後は差が解消!?

男女間の平均年収の違いをみると、20代前半の男性は265万円、女性は231万円、後半では男性378万円、女性297万円でした。 この違いは、正規社員と非正規社員という働き方の違いが影響しているようです。 正規社員のうち男性は2,124万人、女性980万人なのに対し、非正規社員は男性325万人、女性765万人です。非正規として働く女性が多いことに加えて、平均年収の水準が比較的低めの事務系職種やアシスタント系職種における女性の就業率が高いことも、男女間の平均年収の差が大きくなっている原因でしょう。また、女性は結婚や出産などのライフイベントを機にキャリアチェンジを求められることも影響しているのではないでしょうか。 しかし、今後は状況が変化していくかもしれません。 女性の活躍が叫ばれる今、女性の積極採用や管理職への登用を掲げる企業が増えています。また、正規社員やフルタイムで働く女性を増やそうという狙いで、所得税の配偶者控除の撤廃も度々議論されています。今後、女性の労働環境が変化していけば、男女間の平均年収の差は少なくなっていくのではないでしょうか。

20代転職を考えるときは今の平均年収だけではなく、将来の昇給率にも注目!

20代の平均年収を紹介してきましたが、今の自分の年収が平均より高いか低いかだけをみて一喜一憂し、「今すぐ転職を!」と考えるのはキケンです。 下のデータを見てもわかるように、30、40、50代と年齢があがるにつれ平均年収もあがっていきます。転職を考える場合は、今の給料だけを見ずに将来の昇給率も考慮して行動に移すのがスマートです。 男性では年齢にともなって平均年収も高くなり、50代前半でピークを迎えます。一方、女性では年齢による平均年収のアップ率は目立ちません。先ほどもふれたように、ライフステージによる働き方の違いが影響しているのでしょう。

20代の平均年収トップは情報通信業、ワーストは宿泊・飲食サービス業

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査をもとに、20代の業種別平均年収をみてみましょう。男女ともにトップクラスは情報通信業です。元々、年収が高いとされる放送業界のほか、今後も成長が期待できるインターネット業界が含まれていることを考えると納得の順位ですね。 20代後半男性では金融・保険業がベスト1入りしています。20代前半から後半の平均年収のアップ率を比較すると、情報通信業でプラス55万円、金融・保険業でプラス75万円。金融・保険業は20代でも昇給率が高いことがわかりますね。 20代前半女性では、建設業や医療・福祉の平均年収が高いですが、後半になるとベスト3には入っていません。働き始めの年収は他の業種よりよくても、年齢による昇給率はさほど期待できないことがよみとれます。 一方、平均年収のワースト業種をみると、多少の変動はあるものの、男女ともに製造業や宿泊・飲食サービス業の低さが目立ちます。

まとめ

仕事のやりがいは平均年収だけでは決められませんが、知っておいて損はない情報なのではないでしょうか。転職を考えている人にとっての目安になるだけではなく、今、勤めている企業の待遇が世間と比べてどうなのかも把握できます。 自分の仕事や働き方を見直し、転職を考える際の参考にしてみてはいかがでしょうか。