圧迫面接に対応するためのポイントを徹底調査!

圧迫面接とは、わざと答えにくい質問をしたり、否定的・高圧的な態度をとって相手の反応を試す「演出」をしている面接のことです。事前に準備してきた模範解答を話すばかりの応募者から、生の感情を交えたとっさの本音を引き出すことが目的。決して悪意があるわけではなく、応募者の資質を見極めるための面接手段のひとつとして考えられています。 面接官の人間性に問題があるからではなく、「面接する側のテクニック」として行われているのだということを覚えておきましょう。

圧迫面接は選考が進むと圧迫面接担当が出てくるケースも

圧迫面接は、選考が進んだあとの部長~社長クラスの面接でされることが多いと言われています。 企業の重役は、人生経験が豊富なだけあって観察眼に優れている人も多いもの。そういった段階の面接では、「企業に合うかどうか」や「人間性」に重点を置いているので、本音を引き出すために圧迫気味になってしまうことがあるようです。しかし、これを乗り切れば内定を獲得する大きなチャンス。前向きにとらえて取り組みましょう。

圧迫面接に対抗する事例

わざと怒らせる→ポジティブな切り替えしでかわす

面接官が応募者にわざと怒らせるような質問をして反応を見るのは、圧迫面接で非常によくあるパターンです。ポジティブな切り返しでかわしましょう。

応募者「これまでの5年間は、営業職としてひたすらノルマをクリアすることを考えて働いて気ました。ですが今後は、自分からもっと大きな提案をしていけるような仕事にチャレンジしてみたいと思い、退職を決意しました」 面接官 「へえー、そうなんだ。そういう人よくいるけど、つまんないんだよね。その経歴はうちの会社では役に立たないよ」 応募者 「たしかに仕事内容が大きく変化しますが、これまで5年間勤めるなかで培ってきたあきらめない粘り強さ、タフさは御社の企画職でも生かせると考えています。前回の面接で、○○様より「この仕事はどれだけ人を集めて説得できるかにかかっている」と伺っております。熱意で人を動かすところは営業の仕事と同じ部分がありますから、そこで今まで身に着けてきた力が生かせると考えております」

揚げ足取り→矛盾のないように説明を重ねる

面接官の中には、これまでの受け答えについて揚げ足を取ってくる人もいます。そういった場合は、自分の発言内容に矛盾が起こらないように注意しながら詳しい説明を重ねましょう。

面接官 「具体的にうちの営業として、どの分野で働きたいと考えていますか?」 応募者 「これまでは中古マンションしかやったことがないので、希望が通るのでしたら御社では新築分譲マンションの販売をやってみたいと考えております」 面接官 「新築分譲マンションなら、競合の××社のほうが得意だね。その希望ならそっちの会社に行ったほうがいいんじゃないの?」 応募者 「新築分譲だけにこだわるのならそういう考え方もありますが、私はあくまで御社が強みとしている○○という地域で営業をすることに魅力を感じています。○○は開発が進んでいる駅周辺と、その周囲の古い町並みが混ざり合って独自の文化を築いており、これから都内で一番成長が見込まれる土地です。そこに私は面白さを感じ、また売り上げを立てる勝機もあると考えているので、御社でぜひチャレンジしてみたいです」

ノーリアクション→明るい態度で逆に質問する

質問に対して答えても面接官の反応が薄かったり、応募書類を眺めて下を向いたまま返事をしてこないことがあります。そういうときに動揺してしまっては逆効果。落ち着いて明るく、逆に質問をはさんでみるとよいでしょう。

(例)「ふ~ん」と鼻を鳴らして無言になる 応募者 「……以上が私の強みです」 面接官 「ふ~ん(以下無言)」 応募者 「なにかご説明不足だったでしょうか? 不明点があれば補足いたしますので、教えていただけますか?」

圧迫面接を受けた場合は入社するか再考を

「圧迫面接をする企業は、最近は減ってきている」で解説したとおり、最近は会社側も圧迫面接を避ける傾向にあります。いまだにそんな面接テクニックを採用している会社は、旧態依然とした体制の可能性も。とくに直属の上司や部門長に当たる人から圧迫面接をされた場合は、「この人と一緒に働けるのか」が気になりますよね。 その会社から内定がでた場合は、本当に自分に合っている会社か、働きやすい環境かをもう一度よく考えてみましょう。

まとめ

本当に圧迫面接にあってしまった場合は、むしろあなたがその会社の働きやすさや魅力を見直すチャンスです。入社してから後悔しないためにも、本当にその会社に入るべきかもう一度よく考えてみてください。