仕事を辞めたい人必見!みんが思う辞めたい理由を徹底調査!

$part->part_title

仕事を辞めたいのは、甘えではありません。会社を辞めたいと思っているのはあなただけでなく、働いていれば多くの人が感じる感情です。

まずはやめたい理由を整理してみましょう

今の職場にも少なからず、夢や希望を持って入社したはずです。そんな仕事でも、今あなたは辞めたいと考えています。 仮に、今の会社を辞めて次の会社に入社した時も、同じような悩みで辞めたくなってしまう恐れがあります。 それを防ぐために、今の会社のどんな所が嫌で、どんな環境であれば自分は頑張れるのかを考えましょう。 さらに、今の会社に入社した経緯を思い出し、その時の自分の判断に何か間違いがなかったかを分析することで、次のステップではより良い選択をしていただけます。

今、会社と辞めるべきか考えましょう

リクナビNEXTのアンケートを元に、社会人が会社を辞めたくなる理由を以下の6つに分類させていただきました。 上司・同僚との人間関係 労働条件・環境への不満 給料への不満 仕事内容への不満 経営方針・社風・評価制度への不満 キャリアアップできない

社会人1~3年目はその他の年代と分けて考えることが重要

社会人1~3年目は職場での立場や、転職での有利さが目まぐるしく変化する時期です。 そのため、若手という括りではなく、あなたが何年目かによって打ち手を変える必要があります。 社外の仲間や先輩に相談してみるのもありだと思います。 特別社内で信頼できる仲間がいれば一度打ち明けてみてはいかがでしょうか。

辞める理由でよくあるケース:キャリアアップできない

例えばこんな方に当てはまります。 スキルが身についている気がしない 仕事の汎用性が低すぎて、会社の外に出たら何もできなそうで不安だ

どんな環境であれば成長できるか考える

行動に移す前に、あなたはどんな環境を求めているのかを整理する必要があります。 なぜなら、「成長」は様々な側面を持ち、あなたがどう成長していきたいかを考えずに、焦って転職してしまうことで今より状況が悪化する恐れがあるからです。 整理するために以下の項目を自身で考えてみましょう。 今の仕事への不満 なりたい人物像 なりたい人物像の実現に向け必要な環境 今の職場・会社で実現可能か

社内の中で、その環境はないか探してみる

成長環境を整理した上で、社内の他部署であれば実現可能といった結果になった場合、社内異動を試みましょう。 その際は今の不満ではなく、将来の希望を押し出して交渉するべきです。 理由は以下の2点です。 今の仕事の不満を伝えると、上司に対して心象が悪い 異動が叶わなかった時に気まずい思いをする 会社から退職するんじゃないかと腫れ物扱いをされる

前向きな理由は転職でも有利

もし、異動しても解決しそうになかったり、異動ができない場合は、転職意欲の有無に関わらず、転職活動を始めてみましょう。 とりあえず転職活動を始める理由 転職活動をすることで、「いつでも辞められる」という気持ちになるため、仕事の内容に対する悩みが緩和される可能性があるから ほぼ毎日更新される求人の中に、あなたの求めるフィールドがある求人があるかもしれないから 上記の理由からとりあえず転職活動を行いましょう。今の仕事と並行して進めることは十分可能です。 キャリアアップを求めての転職活動は、前向きな理由であるため、転職等でも評価されやすい退職理由です。

まとめ

仕事を辞めたいと悩んでいる人へ、アドバイスをさせていただきましたが、いかがでしたか。 仕事を辞めたいと思ったら、なんで辞めたいのかをしっかり振り返り、間違いのない決断をすることが大切です。 あなたの今後の人生がより明るいものであることを心から願っています。