【クロスプラットフォームって?】開発の仕方やゲームの種類を比較しました!

さて、皆さんはクロスプラットフォームという言葉をご存知でしょうか?あまりご存知でない方も多いかと思います。 クロスプラットフォームとは、システム開発やゲーム業界において用いられる言葉です。このクロスプラットフォームにより、開発者の開発工数が大幅に削減できたり、ゲームにおいてはユーザによりよい体験をしてもらうことができると言われています。

クロスプラットフォームの意味について

それでは、早速ですが、クロスプラットフォームの意味について説明・比較していきましょう。まず、その意味について調査・比較したいと思いますが、おそらくプラットフォームがクロスしているということでしょう。 もともとの言語である英語の意味から確認・比較していきます。クロスプラットフォームは英語でcross platformと書きます。 やはり、プラットフォームがクロスしているようです。その意味は、OSやソフトなど、異なる環境で動作するプログラムのことを言います。 <英語の例文1> System provides an API for cross platform compatible commandline programs. システムはクロスプラットフォーム互換のコマンドラインプログラム用 API を提供します。 <英語の例文2> Cross Platform Runtime Code Generation For Bit Block Transfer Function ビット・ブロック転送関数のためのクロス・プラットフォームのランタイム・コード生成 ということで、クロスプラットフォームの意味は、「OSやソフトなど、異なる環境で動作するプログラム」ということが分かりました。

クロスプラットフォームの比較解説(PCにおける活用)

それでも、まだまだクロスプラットフォームが理解できたかというと、そうではありません。まず、ゲーム業界での使われ方と比較する前にシステム開発におけるクロスプラットフォームについて説明します。 クロスプラットフォームは、昔からその利用の重要性が問われてきています。PCにおける、WindowsとMacの比較ですね。 これまでWindows用に作ったアプリがMacで動作しないため、それぞれソフトを開発する必要がありました。そのため、1つのソフトを2つのOS向けに作成するため二倍の時間がかかっていました。 それを解決するのが、クロスプラットフォームです、細かい技術の説明は省きますが、クロスプラットフォーム開発を行うことにより、両者のOSで共通する部分を流用しあうことができるようになったのです。 これは、システム開発における大きな発展でした。プログラマの稼働時間削減に大きく寄与したからです。

クロスプラットフォームの比較解説(スマホアプリにおける活用)

さて、WindowsとMacにおける二度手間を思い浮かべると、ピンとひらめいた方も多いかと思います。そうです、このクロスプラットフォームという考え方は、現在ますます重要になってきています。 スマートフォンですね。2台OSのiOS(Apple)とandroid(Google)です。 今や、商業的に制作されるアプリは、AppstoreにもGooglePlayにも同時にリリースするという戦略をとるものがほとんどです。 WindowsとMacにおける互換性よりも、現在スマホにおけるiOSとAndroidの互換性のほうがはるかに重大な課題としてシステム業界を悩ませています。 iOSであればXCode、Android向けには、Android Studioを利用して、それぞれ別々に開発を行っていました。ですが、スピードを重視するこの時代に、毎回この稼働をかけることはできません。 そこで、クロスプラットフォームが注目を浴びているのです。特にモバイルアプリ開発で注目を集めているのがReact Nativeです。Facebookが開発したJavaScriptのフレームワークです。

クロスプラットフォームの比較解説(ゲーム業界における活用)

続いて、クロスプラットフォームをゲーム業界に活用する動きについてお話しします。皆さん、家庭用ゲームはお好きでしょうか? 私は、昔大好きでした。任天堂のファミコン、スーパーファミコン、Nintendo64、ゲームキューブ、Wiiなどがゲーム機として有名です。 SonyはPlayStationを発売してから現在は、PlayStation4までを手掛けています。昔はセガサターンなどもありました。 マイクロソフトもゲーム業界に参入してXboxを発売していますね。これらのゲーム業界が、従来はそれぞれのハード(メーカー)でユーザを囲い込んでいました。 そのため、よっぽどお金に余裕がない限りはいくつものハードを持つことができないため、そのハード向けに開発されたソフトで遊ぶというユーザがほとんどでした。 それを、真っ向から否定するのがクロスプラットフォームです。任天堂のソフトをPlayStationで遊んだり、PlayStationのソフトをパソコンで遊ぶことができるような考え方です。 これらの時代の潮流の中で、任天堂やマイクロソフトは徐々にクロスプラットフォームの戦略も取り入れつつあるような記事がいくつか出ています。一方で、ソニーは頑なにクロスプラットフォームの流れを拒絶しているようです。 一概にどちらの戦略が正しいかはわかりません。ユーザからすればもちろん、クロスプラットフォームのほうがありがたいですね。 ビジネス的にはどちらがいいのかという判断は、今後の各ゲームメーカー(ハードメーカー)の動きを確認していきましょう。

クロスプラットフォームの定番React Nativeについて

それでは、ここからクロスプラットフォーム開発の代名詞となりつつあるReact Native(リアクトネイティブ)について、もう少しお話ししてきます。React Native(リアクトネイティブ)はFacebookがもともと開発していたReact(リアクト)をモバイル開発用に加工したものです。 React.jsと呼ばれることもあります。FacebookがOSS(オープンソースソフトウェア)として公開しています。 OSS(オープンソースソフトウェア)とは、ソフトウェアのソースが無償で公開されていて、誰でも利用することができます。これは、ソースコードを共有することにより、多く人に使ってもらい皆でよいソフトウェアを作っていこうという考え方です。 React Nativeを利用することで、モバイルアプリ開発におけるリソースを大きく削減できると言われています。ちなみにNativeとは、「パソコン上で動作する」という意味があります。 ネイティブアプリというと、そのパソコン上で動作するアプリ。Webアプリというとインターネットを介してWebサーバにつながり、Webサーバ上でアプリを動かすというものです。 他にもクロスプラットフォーム開発においては、CordovaやIonicなどもありますが、ネイティブで利用できるという点に高い評価を得ています。

【クロスプラットフォームって?】開発の仕方やゲームの種類を比較しました!のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか!?クロスプラットフォームについて理解できましたか? 最後にもう一度おさらいしておきましょう。まず、クロスプラットフォームとは、「異なる環境で動作するプログラム」のことを言いました。 システム開発やゲーム業界で利用される言葉です。以前は、パソコンソフトの開発において、WindowsやMacの環境の違いに対応するために用いられていました。今では、スマートフォンに対するモバイルアプリ開発において活躍しています。 特にFacebook(フェイスブック)が開発した、React Native(リアクトネイティブ)という開発手法が注目されています。 また、ゲーム業界においては、ゲームにおけるハードメーカーが異なるハード上でも動作できるソフトへの対応も行い始めているという情報があります。 いかがでしたでしょうか、今回はシステム開発やゲーム開発におけるクロスプラットフォームについて、調査・比較しました。