【最終面接の逆質問】これで完璧!面接官に好印象な質問事例を徹底調査!

面接官から「何か聞きたいことがあったら言ってもらえますか。」という逆質問が飛んできて、びっくりされた経験のある転職者もおられます。この逆質問の目的は、応募者の意欲を測るためという評価という捉え方ですが、会社側にとっては、ほぼ内定を出す予定の前に、応募者へのマナーとして質問されるのです。 ですから、マナーに対しては必ず応えなければいけません。転職する場合も新卒の方でも必ず質問をするようにすることです。最終面接では、ある程度採用が決まっていて、あなたをどの部署に配属するかを探るという目的もあります。何を聞くかについては、以下質問例でご紹介しますが、業界や会社のことをよく調べているかという、掘り下げた質問をするようにします。以下、質問事例とその質問をどう評価されるかについてご紹介します。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例1

・御社で採用していただくことになりましたら部署はどのように決まりますか? 最終面接も終盤・・・ある程度の手ごたえが合った場合には、この質問でいきましょう。例えば接客業務・マナーに自信があるあなたならば、「アルバイト時代から接客を数多く経験してきていますので、お客様対応には自身を持っています。御社で採用していただけましたら。部署は・・・」と、少し付け加えて、あなたの転職での希望を強調しておくのもいいでしょう。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例2

・新人教育をしていただく以前にやっておくべきことはありますか? 新入社員の方で、最終面接で逆質問が飛んできたときに咄嗟にする逆質問の定番です。新卒らしい新鮮さやマナーになりますので、面接官にも好感を持たれることでしょう。ただ、転職者が多いなど、競争率の激しい企業の場合には、面接官は「今ごろ何を言ってるんだ!」という思いをもたれてしまいます。いずれにしても、面接官は、ビジネスマナーやその業界の勉強などを望んでいます。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例3

・私は前職からの転職になりますが、入社までにしておいたほうがよい勉強はどのようなものでしょうか? 上記の質問を具体化した質問です。会社側の面接官は、最終面接ではあなたをどの部署に配置しようかと考えています。例えば不動産業界なら、あなたに顧客対応を任せたいと考えているかもしれません。この逆質問に対して、面接官から「一般に紹介されているクレーム集などを読んでおいていただければと思います。」という答えが返ってくれば、ほぼ営業担当で採用されるでしょう。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例4

・御社で活躍されている方のことを耳にしますが何か共通する特徴はありますか? するどい質問です。営業職の場合には、会社の方針に則って行動しますので、逆質問をする前に、あなたがこの方針を知っている(面接で聞かれしっかりと答えた上で)として、この質問を繰り出すといいでしょう。面接官も他社にはないうちの社員の特徴ということで、少し考えるものです。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例5

・入社後の一日の流れをよろしければお教えください。 介護職や保育職への転職で応募した方は、最終面接でこのような逆質問をしたいところです。例えば保育園の場合ですと、朝の園児の出迎えから園児が帰るまでの流れのあらましを知っておくことでイメージトレーニングをするということも考えられます。「保育園ではこんなこともありますから心積もりしておいてくださいよ。」というところまで教えてくださることもあります。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例6

・社訓にもあります○○以外に大切にすべきことがございますでしょうか。 社訓に関わっての最終面接での逆質問です。転職者の方はこれぐらいの逆質問はしたいところです。できれば「誠実」という御社の社訓について、私は先ほども申しましたが、誠実さには自信があります。御社で働かせていただくにあたり、もっと高めていきたいと思います。御社で仕事をさせていただくことになれば、どんなことを大切にしていけばいいですか。」と具体的な質問にするとマナーとしてもいいでしょう。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例7

・○○の資格を所持しておりますが、御社で生かすことができるでしょうか? たいていの場合、履歴書の資格欄に資格を書きます。しかし、面接で資格について尋ねられない場合もあります。例えば、ファッション関係の企業への応募で資格欄に「ファッションデザイナー ○年○月取得と書いているのに、そのことについて質問が来ない場合です。会社は、あなたを事務関係の仕事で採用しようとしているのかもしれませんが、最終面接で逆質問の機会があるのであれば、御社でどう生かせるかをマナーとして聞いてもいいでしょう。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例8

・御社のHPを見させていただきましたが、これから海外へ事業展開なさるということですが、私がその事業に参加することは可能でしょうか? 海外派遣は、大手に限らず、若い社員に訪れる試練です。転職者であっても独身の方ならこの逆質問がいいでしょう。最終面接で「参加することが可能か」という前向きな逆質問は評価されます。あなたを新入社員の中の海外派遣組に入れようかと思わせることができます。海外派遣は、2年でも3年でも経験しておけばあなたの実績になります。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例9

・新事業を展開されるようですが、どのような分野にひろげていかれるよていですか? 新事業についての逆質問です。面接官は、企業(秘密)情報として正直には話されないでしょうが、この最終面接での逆質問には意味があります。面接官は、あなたの考えを逆に聞きたくなる逆質問です。もしかしたら、「我が社で他社にはない取組みなど、あなたの考えを聞かせてください。」と転職経験のあなたに質問されるかもしれません。このときにマナーよく的確な答えをすれば面接官は、あなたをほぼ「合」に押すでしょう。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問事例10

・御社では女性が少ないですが、女性の働く環境がどうなっているか、一つでも結構ですので教えていただけませんか? 女性が就職のときに不安に思うことを最終面接での逆質問で聞きます。これはマナーとしても正当な質問ですから逆質問としていい質問です。特に、男性社員の多い職場に応募したのであれば、聞いてもかまいません。女性が一人もいないとは考えにくいですから、面接官は会社の女性社員の働き方を基にして答えてくださるでしょう。

最終面接で面接官にアピールしたい逆質問、よい逆質問と悪い逆質問

よい逆質問 最終面接は、社長や役員クラスの面接になります。質問も「我が社の将来に必要なものは何かありますか。」など将来的な会社のビジョンなどについて聞かれる場合もあります。転職者は特に覚悟が必要です。ですから面接官に対して行う逆質問は、細かいことを聞かないことはマナーでもあります。聞いてもかまいませんが、評価されません。 質問内容については応募する会社はもちろんのこと、同じ業界の情報についても調べてから逆質問を考えておくことです。逆質問に至るまでに逆質問の内容が出てしまうこともありますので、複数の質問を考えておくようにすることも大切です。 悪い逆質問 「最終面接の逆質問では細かいことを聞かない」は大原則です。また、転職経験があるからといって、残業のこと、給料のことなどの待遇面についての逆質問はマナー違反になります。逆に「お給料はいくらぐらいがお望みですか。」と質問されることになり、せっかく最終面接にまできたのに、それまでの努力が台無しになってしまいます。

【最終面接の逆質問】これで完璧!面接官に好印象な質問事例を徹底調査!まとめ

「最終面接まで持ち込めたら勝ちだ!」ともいわれるほど、ここまで来たら、あとは採用を待つのみなのです。反対にここで失敗したらそこまでの転職活動などの苦労が水の泡になってしまいます。それほど最終面接には意味があります。ですから最終面接で重要なのは、1にマナー、そしてご紹介しました逆質問の内容です。その場で戸惑うことのないようにしっかりとした準備をしてください。