【バイト面接の服装調査】ジーパンOK?面接ウケのいい服装をご紹介!

皆さんは、アルバイトをしたことがありますか!?アルバイトをしたことがある人であれば、今回の話は既にご存知かもしれませんし、アルバイトをしたことがない人であれば、初めて聞く話かもしれません。 今回するお話は、アルバイトの面接においてどんな服装をしていけばよいのか・どんなカバンを持っていけばよいのかというものです。 初めての面接であれば、それが例えアルバイトでも緊張するものですよね! それが、皆さんがどうしてもやりたいアルバイトの場合は、その緊張はより一層強いものだと思います。 そんな皆さんの不安や緊張を少しでも和らげることができるよう、この記事でアルバイトの面接における服装についてお話ししていきたいと思います。

アルバイトの面接における服装(飲食業編)

今回は、アルバイトの面接における服装(カバン含む)についてのお話ですが、それらの服装を確認するためには、アルバイトの内容についても知っておく必要があります。ここでは、まずアルバイトの種類について確認してから、服装について説明したいと思います。 アルバイトの種類には、どんなものがあるでしょうか!?やはり、定番は「飲食業」ですね。 学生時代にやっていたアルバイトの内容を聞いてみると、「飲食業」を経験している人の多さに驚くものです。具体的に、「飲食業」にはどのようなものがあるでしょうか!? 「飲食業」の定番といえば「マクドナルド」ですよね!「マクドナルド」の定員になることを憧れている高校生も多いと聞きます。 そうです。「マクドナルド」は高校生でも働かせてもらうことができる、アルバイトの定番です。 アメリカで生まれた「マクドナルド」ですが、現在、世界各国にその店舗網を広げています。非正規職員(アルバイト、パート)によるオペレーションを前提としており、業務のオペレーションは非常に効率的です。 まず、レジカウンターと調理に分かれます。レジカウンターの担当は、オーダーを聞くこと及び会計を担当し、調理担当はハンバーガー、ポテト、など調理を担当します。 それぞれの仕事に、指導者的役割のスタッフがいて、分からないことがあれば、彼(彼女)らに聞けば、業務についてほとんど知ることができます。 ただし、繁忙時には、恐ろしい忙しさになることもあります。「マクドナルド」の定員と一目でわかる制服を貸与されることも、女子高生や女子大生から憧れられる理由の一つとなります。 その他にも、飲食業は様々なものがあります。ファミリーレストラン、ラーメン屋、定食屋、高級フレンチ。 チェーン店であればオペレーションが確立されていますし、個人店であればいろいろ先輩に教わりながら仕事を覚えていきます。

アルバイトの面接における服装(飲食業編2)

どのアルバイトも、接客または、調理(調理補助)の仕事のため清潔感が重要です。今回、「飲食業」のアルバイトにおいてオススメの服装は、ずばり「清潔感」を重視した服装です。 「飲食業」を営んでいる雇い主は、食中毒などに非常に敏感です。一度でも、食中毒を出してしまえば、お店をたたまなくてはいけないほどの大損害を被ることになります。 罰金を受けるということではないのですが、食中毒を出したことによりその噂が広まって全くお客が来なくなるからです。ひどいときは、業務停止を受けることもあります。 業務停止を受ければ、その理由は周知の事実となり、お客を再度呼び込むことはほぼ不可能に近くなります。そのため、「飲食業」の店主は非常に「清潔感」を大事にしているのです。 それでは、実際にアルバイトに行く際の服装について説明します。ポイントは「清潔感」ということでしたので、「清潔感」があれば基本的には問題ありません。 高校生の場合は、私服で大丈夫です。むしろ制服を来て行かないほうがよいです。 法的には大丈夫でも、あまり雇う側としては、高校生を働かせていると周りに思われたくないからです。男子高校生であれば、綿パン、チノパンに上半身は襟付きのシャツなどが良いでしょう。 ジーパンについては、賛否が分かれるところです。ラーメン屋とかでは、全く気にしないケースもありますが、高級フレンチの店だと似つかわしくありません。 バイトを受ける先によって、見極めてください。もちろんジーパンを履いて行くことにリスクがついてくるので、不安な人は無難な服装で行くことをオススメします。 足下はスニーカーで構いません。ただし、男子高校生でよくあるのは、かなり汚れたスニーカーを履いているということです。 「清潔感」を売っていくのですから、綺麗な靴を履いて行ってください。女子高校生の場合も、「清潔感」のある服装を心がけてほしいと思います。 真面目な女子高校生という感じで行ってもらえれば大丈夫です。ギャル系でも採用してもらえる飲食店もありますが、どちらにも対応できる真面目な女子高校生の服装で面接に行くのが無難でしょう。 真面目な服装というのは、制服ではありません。短すぎず長すぎないスカートに、ブラウスなどを着ていくのが良いです。 ズボンでも大丈夫です。ただし、男子高校生と同じ理由で女子高校生もジーパンは避けていきましょう。 男子大学生、女子大学生においても基本は高校生と同じです。飲食業ですので、「清潔感」のある服装を心がけましょう。大学生になれば、スーツを持っているかもしれないので、もしスーツを着ていきたければスーツでももちろん大丈夫です。 さて、カバンについてですが、面接の際には履歴書などを持参していくケースが多いです。トートバッグやチャック付きのカバンを持っていきましょう。 その際に気を付けたいのが、変なデザインや派手なカバンを持って行かないことです。男性であれば無地のシンプルなカバンやリュックサックなどを持っていくのがよいでしょう。 女性でも、シンプルなカバンがおすすめです。ブランド物のカバンなどはなるべく持って行かないようにしましょう。

アルバイトの面接における服装(塾講師・家庭教師編)

飲食業の他にも、その他のアルバイトも見ていきましょう。主に大学生が働くことが多いのが、塾講師や家庭教師ですね。 塾講師は町の小さな塾から、全国チェーンの塾までさまざまなものがあります。これらの仕事は、大学受験で鍛えた皆さんの頭脳を最大限に活用できる仕事ですので、非常に有意義な仕事の一つかと思います。 塾講師や家庭教師における面接は、基本的には塾の運営会社や、家庭教師の派遣業者にしてもらうことになります。そして、塾講師であれば、複数の生徒の前で教壇に立ち、指導しますし、家庭教師であれば、生徒のお宅にお邪魔して、生徒の部屋で勉強を教えることになります。 基本的に、その職場で働くことをイメージした服装をしていくことがオススメです。塾講師であれば、高校生・中学生を相手に教壇に立つので、基本の服装はスーツになります。 男子大学生であっても、女子大学生であっても、スーツで授業をすることが多いです。中には、ビジネスカジュアルを許容している塾もありますが、それは面接に受かってからすればよいことで、面接にはスーツで行きましょう。 スーツは、面接前に必ずクリーニングに出し、皺やほこりがないようにしてください。また、靴もしっかり磨き、汚れや傷がない状態を作ります。 一方、家庭教師の面接はどうかというと、こちらもスーツで行くのが無難かと思います。多くの勤務先では、私服で行くことが許されますが、高校生や中学生を指導するという職業上、しっかりした印象を与えていく必要があるので、スーツが無難です。

アルバイトの面接における服装(その他)

まだまだ、たくさんのアルバイトが世の中には存在します。代表的なものを説明すると、コンビニ、スーパー、デパート、家電量販店、コールセンター等、およそ仕事と呼ばれるほとんどのものでアルバイトとして働く機会があると言っても過言ではありません。 今回、説明したのは、アルバイトの定番である「飲食業」および「塾講師・家庭教師」についてですが、基本的な考え方は同じです。 ポイントは、雇い主に好感を持ってもらう服装をしていくということです。そのため、よく話題に上がるジーパンについてはリスクが高いのも事実です。 絶対に外したほうが良いのはダメージジーンズと呼ばれる穴の空いたジーパンです。ビジネスを行っている場に、そのような「清潔感」から程遠い服装をしていけば、雇う側はこの応募者は本当に自分の店で働きたいのかと疑問に思うに違いありません。 もし、ジーパンを履いて行くとしても、綺麗なジーパン、清潔感のあるジーパンを履いて行きましょう。また、ズボンはラフにしていくのだから、上は襟付きのシャツできっちりしていったほうがうよいです。 ジーパンにTシャツだと面接の場に行く格好としては不適格でしょう。

【バイト面接の服装調査】ジーパンOK?面接ウケのいい服装をご紹介!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?本日は、アルバイトの面接に着ていけばよい服装について説明しました。 ポイントは、「相手の気持ちを考える」です。服装によって、皆さんのこのバイトに対する真剣度や、皆さんの人柄までも推測しようとするのが、雇う側の心理となります。 そのため、オススメは万人に受ける「清潔感」のある服装です。もし、そのような私服がないということであれば、スーツを着ていけばよいでしょう。 さすがにラーメン屋の面接にスーツは仰々しい気もしますので、TPO(時と場合)をわきまえて面接に行って頂ければと思います。