【リクルートの採用ルール】から学ぶ採用の基準や面接テクニック

今回は、大学生が最もよく使う就活サイト「リクナビ」や転職者が利用する転職支援サイト「リクナビネクスト」を運営するリクルートグループのリクルート(採用)方式について調べました。 というのも、現在の就活のあり方を作ったのはリクルートだと言われているのですが、今回、画期的とも呼べる新しいリクルート(採用)方式を公表したので、そのことについて皆さんにも知っておいて頂きたいと思ったからです。

リクルートってどんな会社!?

リクルートは1960年に東京の西新橋で創業しました。1960年代には、学生を求める会社と仕事を求める大学生をつなげるために、情報誌を利用したビジネスをスタートしました。 当時の名前は「大学新聞広告社」というものでした。1970年代になって、不動産事業も始めました。「住宅情報」という名前の情報誌を発行しました。 「間取り図」という図を作ったのも実はリクルートなのです。1980年代になるとさらに活躍の場を広げていきます。 海外旅行関係の情報誌「ab-road」、その他「とらばーゆ」、「フロム・エー」、「CAR SENSOR」、「B-ing」など次々に情報誌を発刊していきます。 1990年代には積極的にインターネットを活用し、事業を拡大していきました。このころに、今の「リクナビ」のもとになる「RECRUIT BOOK on the NET」がたちあがりました。 その他、「ゼクシィ」、「タウンワーク」、「じゃらん」など今でも有名な情報誌が次々に発刊されていきました。 2000年に入ってからも次々に事業を拡大していき、常に時代を先取りしている企業です。

リクルートグループが開始した新たな採用方式とは!?

リクルートグループは、リクナビなどで企業にエントリーして、ある特定の時期に一括で新卒を採用するという方式を作り上げた会社だと言われています。そのリクルートが、自身のグループでそれらを改革するような採用方式を発表したものだから業界で話題を呼んでいるのです。 ここで注意したいのは、リクルートグループ全体で取り入れるのではなく、一部のグループ企業だけという点で、従来の採用方式を否定するというものではありません。リクナビなどの事業もこれまで通り行っていくというものです。 それでは、新しいキャリアモデルとなるかもしれない採用方式とはどんなものか見ていきましょう。まず、この採用方式を発表した会社は、「リクルートライフスタイル」というグループ会社です。 リクルートライフスタイルは2012年に設立されたグループ内でも比較的新しい会社です。主な事業としては、旅行関連、飲食関連、美容関連、ヘルスケア関連、通販関連、チケット共同購入などを行っています。 今回、同社が発表した採用方式とは「新・新卒採用」というものです。

リクルートライフスタイルの「新・新卒採用」とは!?

これは、日本人のキャリア形成の考え方に一石を投じる画期的なシステムだと、捉えている人も多いようです。転職業界にも影響を及ぼすでしょう。 その制度について説明していきます。1つ目は、「365日、通年エントリー」というものです。 これは、27歳の人を新卒扱いとし、またエントリーの可能期間を365日いつでも可能とするというものです。大学生であれば、大学3年生の3月以降から27歳まで、すべてを新卒として扱います。 2つ目は、「2YEARパスポート」というものです。学生時代に内定を獲得すれば、「2YEARパスポート」を利用し、2年以内の好きなところで入社ができます。 これにより、大学卒業後でも、留学や世界一周旅行、起業などさまざまなことにチャレンジする機会を若者に提供します。この「2YEARパスポート」は正式には「入社パスポート」と「最終面接パスポート」に分かれています。 「入社パスポート」は先ほど説明した内容のもので、卒業後2年以内であれば、4月か10月の好きなタイミングで入社できるというものです。「最終面接パスポート」は、2次面接通過後に2年間いつでも最終面接を受けに行くことができる権利を与えるというものです。 このことによりキャリア形成、特に若者のキャリアに対する考え方の幅を広げてあげることができます。

リクルートライフスタイルの「新・新卒採用」から学ぶ採用に関する変化について

リクルートライフスタイルはこのような制度を設けることで、日本社会にもはや大学卒業して1年目ということに、それほど価値は高くなくなってきていますよ、と伝えたいのです。そして、いい会社に就職するためだけに堅実な生活を送ろうとしている若者にも警鐘を鳴らしています。 今、日本社会に求められているのは、これまでよしとされてきた、人と衝突なく無難に仕事ができるだけの人材だけではなく、新しいことにチャレンジする能力や、ピンチを乗り越えられる能力を期待しています。 そのため、リクルートライフスタイルでは、積極的にこの制度を活用し、大学卒業後に会社に入社する前に、本人のやりたい何かにチャレンジしたいと思っていますし、例え、他の会社に行って後悔している人がいても、早い段階で気づいたなら、もう一度リクルートライフスタイルに来ればいいさと2YEARパスポートを用意してあげたのです。 もし、全企業がこのような考え方で採用方式を変えてくれると新卒のゴールデンパスポートと呼ばれるキャリア形成の考え方も大きく変わってくることでしょう。

リクルートの採用ルールから学ぶ採用の基準や面接テクニック

遍の優秀な学生だけを求めておらず、面接でもしっかり自分のやりたいことや、意思を伝えることが大事だと教えてくれています。 面接においても自分に自信を持っていることや、やりたいことに目を輝かしている人に良い印象を持ってもらえることでしょう。もちろん、基本的な面接テクニックを疎かにしていいというわけではありません。 面接に適した服装、挨拶の仕方、これらは時代が変わっていっても、日本ではなかなか大きく変化することはありませんので、社会常識として身につけておくようにしてください。

【リクルートの採用ルール】から学ぶ採用の基準や面接テクニック!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?やはり、これまで業界で様々なチャレンジを続けてきたリクルートグループだけあって、やることが大胆ですね。 この結果が今後どうなるかについては、みんなでこれからもウォッチしていきましょう。