【源泉徴収票はいつもらえる?】意外と知らない源泉帳票の内容について

さて、今年2017年も11月の後半に差し掛かり、いよいよ年末調整についての手続きなどの準備をする時期が近付いてまいりました。生命保険料などの年末調整に必要な書類を用意したり、扶養家族に関する情報を会社に提出したりといった事務を行っていく一方で、年末調整という話があると、合わせて気になるのが源泉徴収票がいつ作成・発行されるかですよね。 源泉徴収票が作成・発行されるのは、なんとなく12月というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?知り合いに話を聞くと1月にもらっているという話を聞くようなこともあります。 年末調整と源泉徴収票の関係や、転職などを行った際に源泉徴収票の扱いがどのようになるのか、退職金をもらった場合は源泉徴収票にはどのように記載されるのかなど、いくつか疑問があるかと思います。 今回は、源泉徴収票が作成・発行される時期を中心に源泉徴収票について徹底的に調べました。

源泉徴収票がいつ作成・発行されるかの前に源泉徴収票そのものについて理解しよう

今回は源泉徴収票の作成・発行時期についての解説を行うことをメインテーマとしますが、ここで今一度、源泉徴収票そのものについて理解を深めておきましょう。源泉徴収票とは、いったい何か皆さんはご存知でしょうか? 源泉徴収票とは、「年末調整を行った結果が反映された最終的な、源泉徴収の結果を表す書類」のことを言います。そもそも「源泉徴収」とは何を示すかというと、「会社が給料を社員に支払う前にあらかじめ税金や社会保険料を差し引いて差額を社員に渡す」という仕組みのことを言います。 「源泉徴収」のことを、「天引き」と呼ぶこともあります。この仕組みのおかげで私たちは普段、税金の支払いのことを考えなくていいようになっているのです。 裏を返せば、この仕組みのおかげで私たちは税金について考える機会を失っているということも言えます。そのため所得税が上がったり、下がったりしても、なかなか私たちは気づきにくいのです。 国からしてみれば、税金を取りっぱぐれない素晴らしい仕組みという訳です。しかも、ほとんどの場合は多めに払ってもらい、年末調整でもらいすぎた分を返すという仕組みになっています。 それが「源泉徴収」という仕組みなのです。

源泉徴収によって起こるギャップを調整するのが年末調整

これは必ず起こることなのですが、毎月給料から源泉徴収を行われていますが、その金額が1年間に支払う金額とちょうど同じということは、ほとんどありえません。会社員は必要以上に税金を国に納めているか、または必要な金額を納めていないかもしれません。 それを最後に調整するのが年末調整なのです。年末調整では、扶養控除や生命保険料控除に必要な情報を会社に提出します。

源泉徴収票がいつ作成・発行されるかについて

それでは、いよいよ源泉徴収票がいつ作成・発行されるかについてですが、12月の給与明細と一緒にもらえることが多いです。源泉徴収票には、1月1日から12月31日までの会社が社員に支払った給与の金額が必要なため、このタイミングとなるわけです。 また、12月の給与明細と同じタイミングと言いましたが、翌年1月に源泉徴収票を作成・発行する会社もあります。これは年末調整を1月に実施するタイミングの企業で起こりえます。 中小零細企業だとこのパターンがありえます。12月に年末調整だと12月の給与計算と年末調整が同時に行わなくてはならないため、事務が大変だからです。

源泉徴収票がいつ作成・発行されるかについて2

それでは、転職などで会社を退職した場合はいかがでしょうか!?こちらは法律によって発行する時限が定められています。 法律上は、退職者に源泉徴収票を作成・発行する時期は、退職後1ヶ月以内として定められています。通常は、自宅に郵送で送られてきます。 その年の1月から在籍している期間の給与所得の源泉徴収票が送られてきます。その他に、退職所得がもらえる人は、退職所得の源泉徴収票も受け取ることになります。

【源泉徴収票はいつもらえる?】意外と知らない源泉帳票の内容について!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は、源泉徴収票がいつ作成・発行されるかをメインとし、源泉徴収票について解説してきました。 もう一度おさらいしておきます。まず、源泉徴収票とは、給料から税金や社会保険料控除を1年間の間にどれほど引いたかの結果を表す書類のことを言います。 つまり、源泉徴収票とは年末調整の結果ということと考えることもできます。また、源泉徴収票は年末調整の実施時期で作成・発行される時期が異なります。 文字通り年末調整を12月の年末に行うのであれば、12月に作成・発行されますし、1月に年末調整を行う会社では、1月に作成・発行されます。 大きな会社では12月に年末調整をする会社が多いので12月に源泉徴収票が作成・発行されますが、中小零細企業では1月に年末調整をするので、1月に源泉徴収票が作成・発行されることになります。 また、退職した場合には、法的には退職後1ヶ月以内に、退職者に対して源泉徴収票を作成・発行しなければならないとされています。 だいたい、この辺りを押さえておけば、源泉徴収票の作成・発行時期についての知識としては十分かと思います。