手書きの履歴書でも大丈夫?いま好まれる履歴書を調べてみた!

就職活動や転職活動では必ず履歴書を作成しなければなりません。就職の採否はほとんどの場合、履歴書と面接で決定されます。その履歴書作成にあたっては、正しい書き方や中身も非常に大切です。パソコンから簡単にダウンロードできるようになってからは、履歴書をパソコンで作成して提出する人がかなり増えています。履歴書をパソコンで作成するのも悪くはありませんが、手書きの履歴書にはそれなりのメリットがあります。

手書きの履歴書のメリット:手書きが好まれる理由

なぜ手書きの履歴書がいいのでしょうか。「手書きには味がある」と言われるように、履歴書を手書きで書くと採用担当者に与える印象が良くなります。それは、手書きで書きますと「その文字そのものに自分というものが現われる」からです。たとえ文字に自信がなくても、ていねいに書くことによって好印象を与えるのです。企業によっては、そういう部分を見極めたいという理由で、履歴書は手書きで作成するように指定してくることがあるぐらいです。 ある会社の採用担当者のお話です。 「本社では、履歴書は手書きを指定しています。応募者の中には、パソコン用紙が身近にあるのでパソコン印刷でもいいかという思いで履歴書を提出する人が多いからです。パソコンでの履歴書作成では、文字は読みやすいのですが、多くの応募者がある場合、その熱意が私に伝わってこないということもあります。手書きの場合ですと、その一つ一つの文字から、応募者の熱意を感じられることもあるのです。」 パソコンで、同じような字体が並んでいると、採用担当者の方の目にも止まらなくなってしまうことがあるようです。一生懸命考えて書いた志望動機や自己PRが見過ごされてはたまりません。手書きで履歴書を作成することが採否に対してこれほど大きな影響力を持つということです。

手書きの履歴書のデメリット:ていねいさと集中力が必要

手書きかパソコンか、手書きにもデメリットがある場合があります。パソコンでも変換間違いなどでよくある誤字・脱字です。手書きの場合に十分注意しなければならないことは、この誤字・脱字をしっかりと確認して提出しなければならないということです。また、ていねいに書いても「この字は読めないなあ。」と採用担当者に思わせるような字しか書けない人も困りますね。 もう一つのデメリットは、パソコンで作成しないと、「なぜパソコンで作成しないのか。この時代にパソコンスキルに自信がないのか。」と思われることです。多くの企業で、履歴書は手書きでもパソコン用紙に印刷しても問題はないということですが、企業の特性によって手書きかパソコンかを判断しなければなりません。 このように、手書きにもメリット、デメリットがあります。そこで、履歴書を作成するに当たって、いろいろなケースで手書きがよい場合と、パソコン用紙で印刷した方がいい場合についてみていきます。

手書きの履歴書でも大丈夫?いま好まれる履歴書1:手書きがよいケース

1.創業年が古い会社への応募の場合 創業年が古い会社に履歴書を提出するときには、必ず手書きの履歴書でいきましょう。日系企業などでは人物優先です。なぜでしょうか。上述しましたが、手書きで書くと味があり、その人らしさ、ていねいさを表すことができるからです。企業にも風潮というものもありますので手書きは歴史のある会社などの採用担当者に好印象を与えます。また、年齢の高い役職の方が採用担当の場合には、手書きで書くのが当たり前という風潮があります。 2.事務系の中で手書き作業が多い場合 事務の仕事で、書類作成や宛名書きのために手書きを求めている会社では、履歴書では手書きを指定されることが多いです。実際に手書きを見てみたいという採用担当者の思いはあるでしょう。特に、ていねいに作成された履歴書は高評価になります。受付業務でも、仕事内容の中に手書きが多い仕事の場合には、手書きでの履歴書提出を指定される場合があります。

手書きの履歴書でも大丈夫?いま好まれる履歴書2:パソコンがよいケース

1.IT関係の会社の場合 言うまでもなく、IT関係への就職や転職の場合には、パソコンでの応募です。システム管理が当たり前の会社への就職では、パソコン用紙で印刷された履歴書でいきましょう。先進的なベンチャー企業では、パソコンでの業務が主ですから誤字・脱字、行ずれなどには十分注意して書くようにしてください。 2.提出方法がWEBやメール添付の場合 WEBやメールでの申込みの場合には、パソコンでの申込みになります。会社によっては、形式を工夫した履歴書に入力するような形になります。しかし、あまり工夫しすぎて、かえって醜くなることもありますので注意が必要です。また、ここでも誤字・脱字、行ずれには十分注意して作成するようにしてください。

迷ったら手書きの履歴書で作成・・・留意点は

必ず黒色のボールペンで作成します。なぜかといいますと、油性で作成するということです。水性ボールペンで書いてにじんでしまうことや、消せるボールペンを使うことなどは、絶対に避けるようにしましょう。また、手書きの履歴書でたいへんなのが、書き直しが効かないことです。ただこのことは採用担当者にも評価されるポイントでもあります。 パソコン用紙への印刷で作成した履歴書では、書き直しや書き足しが何度でもできますが、手書きの場合には、正式な文書ですから、一文字でも誤れば、一から書き直すことになります。よく、修正ペンや訂正印で対応される方もいますが、採用担当者に与える印象は、間違いなく悪くなります。それだけに時間もかかりますし、集中力も必要なのです。

やっぱりパソコンで作成する!・・・留意点は

パソコン用紙に印刷して履歴書を作成するときには、まずダウンロードして入力していきます。志望動機や特技、好きな学科、自己PRなど自由記述の欄があります。見やすくするためには、文字サイズやフォントなどは、画面上揃えておきましょう。文字サイズは一般的に10.5ptでしょう。フォントは明朝体にしておきます。 履歴書サイズは、最近ではA4(A3二つ折りです。パソコン用紙に印刷するときには、A3になります。一般家庭にはA3を印刷できるプリンターはないことが多いですので、コンビになどを利用するようにしましょう。

履歴書に貼る写真は何がベスト?

履歴書に貼る写真は、街中にある自動写真撮影機での撮影でもいいですが、あなたの本気度を見せたいのなら、きちんと写真屋さんで撮ってもらいましょう。貼付する際には、裏面には応募番号と氏名を油性ボールペンで書くようにします。パソコンで作成する場合にもパソコン用紙に印刷してから写真を貼付します。WEBでの応募については、履歴書送付の際に写真を添付して送信するようにします。

手書きの履歴書でも大丈夫?いま好まれる履歴書を調べてみた!まとめ

手書き指定、パソコン指定、どちらでもOK・・・いろいろな場合があります。場合によって手書きの履歴書でも大丈夫だということです。なぜ手書きがいいか、パソコンかお分かりいただけたでしょうか。ここで言えることは、読みにくい履歴書にならないことです。手書きで作成してもパソコンでも、しっかりと考えて作成した履歴書の中身を採用担当者に読んでもらうための留意は必要です。