【転職の志望動機】書き方や面接の伝え方を事例を使ってまとめてみた

志望動機を書く目的

志望動機は、その会社に入りたいという気持ちや理由を簡潔に記したものです。採用する側は志望動機の中身を見て、自社に採用するかどうかの判断材料にします。志望動機は履歴書だけでなく、面接でもまず間違いなく聞かれます。履歴書に書いた事は記録して忘れずにいる事と、簡潔に纏めることが必要です。 特に履歴書は書き込めるスペースが限られています。そこを埋めることを目的にして闇雲に書くと、内容が薄く、相手に伝わらない内容になってしまいがちです。書き方のセオリーを踏まえた上で、自分の言葉で会社に入りたいという気持ちを伝える事が必要です。

過去を振り返って自分だけのオリジナルを探しだそう

採用を勝ち取るためには、沢山の応募者の中から選ばれる必要があります。どこからか借りた言葉や書き方では、差別化ができずに多数の中に埋もれてしまいます。ですから、自分が転職しようと思った理由や、転職することでどんな未来を手に入れたいか、などを上手く伝えることが必要です。特に、なぜ今の会社を辞めるのかは、単に仕事が嫌だから、では理由になりません。「小さい会社なので、海外と仕事が出来る会社に行きたい」「平均年齢が高くて権限がないので、若手でも抜擢される会社に行きたい」などを、自分の言葉で書くことです。 そして、これまでの経験で培ったスキルや経験を棚卸しして、他人にはない自分だけのオリジナルを見つけていくということも大事です。

志望動機は業界、会社、職種の3本立て

志望動機には3つの柱があります。1つはその業界を志望する理由、1つはその職種を志望する理由、最後ははその会社を志望する理由です。転職をする時にはこの3つの要素、業界と職種と会社をセットで考える事が基本です。 まず、業界については、その業界に関心を持った理由が必要です。同じ業界での転職であっても、改めてその業界で働きたい理由を整理しましょう。 職種を選んだ理由は、経験者であれば過去の仕事の延長ですから、その職種に掛ける熱意やスキルが大事です。未経験の場合は、挑戦したいと思った動機を明らかにしましょう。 最後に会社を選んだ理由については、他社ではなくなぜその会社でなければダメなのか?という動機が求められます。他社との違いや優位点などを比較して、他社ではなくその会社が良いと思った理由が必要です。時には他社を批判的に扱うこともあるでしょう。

志望動機の最大のポイント

3つの柱の中で一番キーになるのが、会社を選んだ理由です。業界や職種については、これまでのスキルや熱意を書けばその内容が伝わるでしょう。他の業界や職種に行けばいいのでは?とは思われません。しかし会社選びの理由が書き方として曖昧だったり的外れだったならば、ウチじゃなくてもいいのでは?他社に行っても良いのでは?と思われてしまいます。 企業文化や事業の方向性は、同じ業界でも会社によって大きく異なることがあります。社風や行動規範が一致しない人を入れてしまうと、周囲と協調して働くことが難しくなります。志望動機を書くに当たっては、それを読んだ方が「なるほど、そういう事で当社に応募したのか」と納得するだけの理由が求められます。ズバリ「他社さんへは応募されていますか?」と聞かれることもあるでしょう。 たくさんの会社に応募する時は、会社ごとに志望動機を書くのが大変なため、コピペで済ます人もいると思いますが、こうした理由から、そうした行為は望ましくはありません。出来るかぎり会社ごとにカスタマイズして納得性の高い志望動機の書き方が必要です。

転職の志望動機の書き方

転職の志望動機の書き方その① 業界研究(異業種の場合)

会社への志望動機で大事なことは、他社との比較を通じて企業の個性や優位性やを明らかにし、そこに自分の気持ちを載せる事です。そのために相手の会社を含む同業各社の業界研究をしっかりと行うことが前提となります。 特にあなたが異業種に転向するなら、この業界研究は必須中の必須です。なぜ今いる業界からこの業界への転職を決めたのか?同じ業界内での転職の方が自分のスキルを生かせるのに、どうして冒険をしてまでこの業界に来たいと思ったのか?を、採用側は突いてきます。この関門を突破するためにも、業界に関する調査研究をしっかり行って理解を深める必要があります。異業種からの転職では、自分がいた業界での知恵や経験が活きることもあります。その業界で、どんな知識やスキルが使えるか考えながら研究しましょう。

転職の志望動機の書き方その② 業界研究(同じ業種の場合)

あなたが同じ業界内での転職を考えているなら、既にその業界事情には詳しいことでしょう。そこで問われることは、その業界をどのように捉えているかです。 業界を取り巻く環境は様々です。全体として成長が著しいのか、横ばいなのか、低迷しているのか、それらに対して自分はどう考え、どう行動しようとしているのか?今いる会社から見た風景だけでなく、もっと広い視点で業界全体を考察してみてください。自分がその会社に入ったら、業界の中でどうやって位置を押し上げていくか、どんなことが出来るのか、そこに志望動機を絡めた書き方であれば、相手も興味を持つでしょう。今いる業界自体に関心あって好きである、しかし危機感も持っている。そうした姿勢は望ましいものです。

転職の志望動機の書き方 その③企業研究

その業界で働きたいというのは前提として、それではなぜ同業他社ではなくて自分の会社に入りたいのか?が採用側の関心です。その気持ちに応えるためには、何を置いても他社との違いや、会社の特性を調べることです。 まずは最低でも相手の会社のHPをじっくり読みます。チェックするのは、事業の内容や企業理念、上場をしている会社ならば、投資家向けの事業報告書を調べましょう。将来の計画や抱えるリスク、利益構造や借入金の額まで、幅広く書かれています。新聞や業界紙などもネットでかなりの範囲を読むことが可能です。 同じように同業他社を調べることで、企業ごとの違いがどんどん鮮明になっていきます。調べたこと自体が本気度の表れとなりますので、そうした書き方であれば、採用側としては大いに評価するところにもなるでしょう。

転職の志望動機の書き方 その④他社との比較

相手の心を打つには、「〜〜の理由で、他社さんではなく貴社に入社したいと思ったのです」、と言い切らなくてはなりません。そこで他社の悪口を書くのはさすがに控えた方が良いですが、他社よりも優れている点や、自分の気持ちを捉えた点、共感した点や、自分を活かせると思った点などは、しっかり書くことです。 業界の中でその会社がどんな立場にいるのか、他社との違いは何なのか?などを踏まえましょう。ナンバー2の企業でトップを狙っているのか、既にナンバー1となっているリーディングカンパニーなのか、中堅だが他社にはない独自性を持っているのか、それらを明確に理解して自分をそこに重ね合わせると、志望動機が明確になります。 また比較において企業理念を上げる人が多いのですが、単に「共感しました」だけでは弱すぎます。どの会社でも企業理念は多くの人に共感して貰えるように書いてあります。他社以上にその会社の理念に共感できた理由を、自分の言葉で見つけるようにして下さい。

転職の志望動機の書き方 その⑤会社の良い所だけを理由にしない

志望動機の書き方として「売上が好調なので成長率に引かれて」「このまま将来性があると思って」などは内容が抽象的、表面的すぎて相手の心を打ちません。そもそも誰が見ても良いと思える事は他の志望者も動機に上げてくる可能性が高く、差別化ができません。会社の調子が良い時にそう言い寄ってくる人は、会社の調子が悪くなったら逃げ出すのでは?と思われることもあるでしょう。時に会社に逆風が吹いても、それを打開してくれる創造的なマインドを持つ人材を採用側は求めています。 既に良い所を上げてそこを動機にするだけでなく、これから伸びる新しい分野などを失礼にならない程度に指摘して、そこに貢献できる事をアピールする書き方もいいでしょう。 また、会社の商品やサービスについても「自分がそれを好きだから」という理由ではただのファンであって、志望動機にはなりません。作り手側の立場になって、自分が貢献出来ることを探しましょう。

転職の志望動機の書き方 その⑥条件面を動機にする時も注意して

会社の良いところだけを理由にしないのと同様に、採用条件をよく読むことは必要ですが、それを引き合いに出して「給料がいいから」「福利厚生がいいから」をメインに書くのも問題と言えます。社員の待遇が良いことは、会社にとってはアピール点ではありますが、それはあくまで社員が会社に提供している価値への対価です。まずは会社にとって自分がどんな有益な存在であるのか?が先になります。 条件面の良さを動機にする場合は、「それによって自分がより高いパフォーマンスで働けると思うから」、あるいは「そうした制度を生んだ企業理念や経営方針に共感したから」、などとセットで語るようにしましょう。自分が魅力を感じた部分と、転職しようと思った動機がセットで志望動機として説明できると、なお良いでしょう。

転職の志望動機の書き方 その⑦これまでの経験とこれからのビジョンを

転職の場合、新卒と違って即戦力としての活躍を期待されていることが殆どです。転職後にどんな経験やスキルが活かせるのか、具体的に伝える必要があります。異なる業界からの転職でも、それまでの職場で身につけたことを明らかにして、新しい職場でどう活かせるのかを分かりやすく伝えましょう。 目に見えるスキルだけでなく、仕事を通してどんな人間になりたいかや、どんなキャリアを身につけたいかなどを伝えることも重要です。企業の理念や行動基準と個人の目指すものが一致すれば、入社後にも齟齬なく安定して働ける可能性が高いからです。福利厚生が良いなどの目の前の事ではなく、将来に対する長期的な動機があれば、仕事で大変な場面があっても乗り越えられる、と思ってもらえるでしょう。

転職の志望動機の書き方 その⑧前職を辞めた理由と志望動機を一致させる

気を付けなくはいけないのは、退職した理由と入社する理由の間に矛盾がない事です。採用する側は、前の職場を退職したのと同じ理由でまた辞められるんじゃないか?という疑念を振り払うことは出来ません。前職を辞めた理由について、かなり厳密な確認を取ってくる可能性が高いでしょう。 そんな中で、例えば「前職では人間関係が近すぎて上下関係に馴染めませんでした」と書いている人の志望動機が、「貴社の全員一丸で困難を突破する社風に惹かれました」では、果たして信頼はされるでしょうか?また辞めてしまうのでは?と思ってしまう可能性が高いでしょう。 逆に退職理由が「前職では個人主義が進みすぎてチームで仕事をするという実感が全く得られませんでした」であれば、「貴社の全員一丸で困難を突破する社風に惹かれました」という、志望動機の納得性は高いでしょう。

職種別、志望動機の文例

営業職への転職(異なる業界から)

営業職の志望動機の例文です。営業職の書き方で大事なのは、これまでの経験に加えて、扱う商品やサービスに対して関心度が高い書き方をすることです。 例文 前職は異なる業界ですが、貴社と同じく20〜30代の女性を対象にした商品を扱っており、同世代ではトップクラスの成績をキープしてきました。そこで培った営業ノウハウや新規の顧客開拓に活かせるのではないかと思います。ただ前職ではネットに対する対応が非常に遅れていたために、貴社の事業に関心を持ち、またどうせなら業界で最も成長率が高い貴社で、最大手の他社さんを追い抜くために貢献したいと思っています。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

営業職への転職(同じ業界で)

営業職の志望動機の例文です。同じ業界の場合は、前職で解決出来なかったことが、ここなら出来るという書き方です。 例文 前職では大手企業を顧客にした商品の営業をしていました。営業の現場に不満はないのですが、大人数でのチームでの活動となるため個人での貢献度が見えないことと、会社が大きすぎて現場からのフィードバックが開発チームに伝わらない事にストレスを感じていました。個人や中小企業向けにフットワークの良いサービスを提供している貴社であれば、顧客と開発を繋ぐ部分で個人の能力を発揮できると思い、志望させて頂きました。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

事務職への転職(異なる業界から)

事務職の志望動機の例文です。事務職の書き方で大事なのは、これまでの経験を元に具体的に何が出来るのかが伝わる書き方をすることです。 例文 前職は企業向けのサービスを提供する会社で事務をしておりましたが、自分とは縁のない商品だったため、もっと身近な女性向けの商品を扱う業界に転職したいと思い、普段から大好きな「○○」を扱っている貴社を志望させて頂きました。WordやExcelは勿論、前職で海外とのやり取りもしていましたので、英語を使う場面でも対応できると思います。また営業の方と仕事する機会も多かったので、成長著しい貴社の営業チームのサポートもさせて頂けたら幸いです。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

事務職への転職(異なる事務分野で)

事務職と言っても色々な種類があります。異なる分野の事務職に転職したい場合の例文です。 例文 前職では簿記の資格を取得して、伝票入力や経費の精算などの経理として働いていました。しかし営業に関わるサポート業務のの一部を担当するうちに、売上を上げていくという分野に対して関心を持つようになりました。しかし上司に相談しましたが、会社の規模や構成から専任の業務者を置くことは難しいという判断だったため、転職を決意しました。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

販売・サービス職への転職

販売・サービス職の志望動機の例文です。販売・サービス職の書き方で大事なのは、顧客への対応を重視した書き方をすることです。 例文 人と接する仕事が好きで、前職では大手FC店で販売スタッフをしておりました。ただ本部からのマニュアルが厳しく、お店で何かを考えても実行できない事ばかりでした。その点貴社は店舗ごとに自由度があり、創意工夫をこらした接客姿勢をしています。私自身が利用する中で、そこに顧客本位を強く感じたため、自分の意欲を試せるのではないかと思い、志望させて頂きました。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

エンジニア職への転職

エンジニア職の志望動機の例文です。エンジニア職の書き方で大事なのは、スキルが確実に分かる書き方をすることです。 例文 前職は大手法人向けのシステム既発で、規模も大きく安定していましたが、新しい技術や新しい方法を取り入れる気風に薄く、またエンドユーザー向けの部署がなく、自分でもインターネットを使ったサービスを立ち上げたいという気持ちを押さえきれなくなりました。 そこで今まさに成長中の貴社で働くことが出来ればと思いました。前職でエンジニアとしての基礎を身につけている他、休日を使って自分でも簡単なプログラムを書いたりしています。特に貴社が得意とするビジネスパーソン向けのサービスには貢献できるのではないかと思います。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

保育職への転職

保育職の志望動機の例文です。保育職の書き方で大事なのは、子供に対する姿勢が分かる書き方をすることです。 例文 前職では、遊びを通して子供たちを伸び伸び育てる保育をしていましたが、時間の管理が厳しいことや、周辺環境の特性もあって、どうしても十分やりきることの難しい面がありました。その点貴園の場合は、かなり大きな柔軟性を持って時間を使っていることを知りました。特に周辺環境を活かした園外での活動には心を引かれています。これまでの経験も活かして、たくさんの子供たちと時間を過ごしたいと思い、志望させて頂きました。 ※例文はあくまで参考ですので、例文にあるような内容を踏まえて自分の言葉で書きましょう。

ポイントを絞って簡潔に!

いかがだったでしょうか?転職の際に大事な志望動機について説明をしてきましたが、決していい加減に書いてはいけない事がお分かりになったと思います。 採用で最後に大事になるのは熱意ですが、それを相手に伝えるためには、しっかり研究をした上で、自分のオリジナルの言葉で論理的に書くことが求められます。志望動機は長く書く必要はありません。むしろポイントを絞って簡潔にまとめ、分かりやすいストーリーを作ることが成功の秘訣です。