【31歳の平均年収】手取り・平均の貯金額・転職状況についてご紹介

皆さんは、社会人31歳の段階でどれくらいの年収を得ることができると思いますか? 日本では、バブル時代が幕を閉じてからというものなかなか経済が 立ち直ることがありません。 不況が続いている現在、労働者への賃金の削減が多くの企業で急速に進んでいます。 そんな状況の中、31歳という社会人の中でも働き盛りと言える年齢層の人達は どれくらいの年収を得ているのでしょうか? 今回は、そんな31歳の収入事情について様々な観点から見ていきたいと思います。

31歳男性の平均年収は約450万円

31歳の収入事情を見て行きましょう。まずは、31歳平均年収を男女別に見て行きましょう。 31歳の男性の平均年収はというと、だいたい450万円程度です。 しかし、これはあくまで31歳男性の平均年収の金額であるだけであって、31歳男性であれば大半の人が年収450万円以上稼いでいるというわけではありません。

31歳女性の平均年収は約375万円

一方で、31歳女性の平均年収は一体どのくらいなのでしょうか? 31歳女性の平均年収はだいたい375万円程度です。 しかし、これもあくまで31歳女性の平均年収の金額であるだけであって 31歳女性であればほとんどの人が年収375万円以上稼いでいるというわけではありません。 実際には、31歳女性全体の内約半数近くが年収375万円未満というのが現状です。 ここまでで見てもわかるように、性別で平均年収を見ていくと、 31歳の時点で平均年収に約75万円もの差がついています。 この差は決して不況の影響によるものではなく、 日本では元々男女間での年収の差が大きい傾向がありました。 欧米と比べると、日本はまだまだ男性社会の風潮が根強いということが こういったことからわかります。

31歳男性の平均手取りは月30万円 女性は月25万円

31歳の平均年収から考えたおよその平均手取り額を見てみましょう。 まず、男性の場合は月に約30万円程度。 女性の場合は月に約25万円程度です。 生活する際に支障は起きない程度の手取り額と言えるでしょう。

31歳時点での平均年収が最も高い業種は??

今度は、31歳の平均年収を業種別に見て行きましょう。 まず31歳の時点で、最も平均年収が高い業種は「保険業・金融業」です。 他の業界と比べると、なぜ「保険業界・金融業界」では31歳時点での平均年収が高くなっているのかというと、その理由として考えられる要因として、「業務内容の重要性からくる責任の重さ」と「業務内容が比較的高度」の二つが考えられます。 31歳時点での平均年収が高めのいくつかの業界に共通して言えることは、人々の日常生活においてきわめて重要な役割を果たしていて、大きな影響力を持っているということです。 「保険会社」や「銀行」といったところで働く社員には、彼らがこなす業務一つ一つに他の業種と比べて大きな責任がかかってきます。責任が大きければ、その人が抱えるリスクも当然増えるので、その分支払われる賃金は高く設定されているというわけです。 もう一つ、「業務内容が比較的高度」であるというのも、「保険業・金融業」では31歳時点での賃金が高くなる主な要因です。 「保険業・金融業」での主な業務には、責任が発生しやすいのと同時に、その内容が高度です。そのため、会社側としてはより優秀な人材を求めます。 しかし、同じ業界の他の会社も同じ立場であるため、優秀な人材を欲します。そこで人材確保の競争が生まれます。 確実に優秀な人材を確保していき、その競争で勝ち抜いていくために、多くの「保険・金融関係の会社」では、入社初期のころから比較的高い賃金を設定しています。 そのため、自然と31歳という働き盛りの年齢においても、他の業種と比べて高い年収を獲得することができます。 ここまで、31歳の平均年収について「性別」・「業種別」に見てきましたが、次は「地域別」に見ていきたいと思います。 実は、「地域別」で31歳の平均年収を考えた場合も、地域ごとの大きな違いがあるんです。では、早速見て行きましょう。

まとめ

来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。