33歳の平均年収と手取り・平均の貯金額|転職の状況は?

働き盛りの33歳、将来を考えて貯金をしなくてはならない年齢でもあります。人によっては自分のスタイルをしっかりと確率することができ、転職を考えるタイミングでもあるかもしれませんね。そこで今回は、33歳の職を取り巻く状況について、ご紹介していきます。

33男性の平均年収は450万円前後

賃金構造基本統計調査・民間給与実態統計調査を参考にすれば、33歳の男性の平均年収はおおよそ450万円と示されています。業種や職種によっても大きく上下するところではありますが、情報通信業や技術サービス業においては500万円を超える年収を手にしている方が多いようです。 やはり手に職をもったエンジニアやIT系の産業は報酬も多く、いかに時代の先端を捉えることができるかということが重要になってきます。

33歳女性の平均年収は380万円前後

一方で、同じ33歳の女性で見ていくと、全体的には男性よりも低めの平均年収のデータが示されているものの、こちらも男性同様に、情報サービスや技術サービスなどの手に職系の仕事が強い印象。女性が活躍することができる時代、女性でもエンジニアなど手に職系の仕事を目指している人とっては嬉しい結果でしょう。 また意外にも、運輸業や郵便業に従事する女性では平均年収で500万円以上を稼いでいる方もいるようです。

33歳時点での支給額って??

均年収に次いで気になるのは、33歳時点での一ヶ月の手取りではないでしょうか。実際に月の家計をやりくりするためには、月ごとの支給額は非常に重要でしょう。 ボーナスが支給される方の場合であれば、ボーナスを除いた月の手取りが少ない、と感じてしまうこともあるでしょう。 全体の平均年収から手取りの額を計算し、33歳の男女が月々支給される額面について考察していきましょう。

33歳男性の平均貯金額は、450万円

33歳男性の場合では、おおよそ450万円が平均的な貯金額といえるようです。平均年収の額と同額という結果です。 しかしここには定期預金や投資信託、株式所有などの条件も加わっているので、純粋に現金での貯金額というとこれよりも100万円前後下がると考えられています。 実際の数値では、おおよそ300万円台が多いといえるでしょう。急な出費に備えるためにも、平均的にこれくらいの貯金額があると安心です。

33歳女性の平均貯金額は、400万円

33歳女性の貯金額の平均は、400万円前後という統計が多いようです。 女性は男性に比べて、株式の所有や定期預金に加入している割合が少なめで、男女の貯金額はあまり変わらないケースが多いといえるでしょう。 年収で男女差が出ていることから考えれば、少し意外な結果ではないでしょうか。 これぐらいの貯金をすることができれは、休日にはゆっくりショッピングに出かけたり、お金のことを気にせずにゆったりとオフを過ごすことができるでしょう。

まとめ:転職後の環境でできること

新たな職場で自分の力を発揮するためには、これまでの人脈をしっかりと活かしていきたいもの。営業職を志す人にとっては、特に人脈が大きな強みとなることでしょう。 新規開拓をするために、これまで自分がお世話になってきた人に声をかけることができれば、自分の活躍の場はさらに広がっていきます。 しっかりと実績を積み上げていけば、転職を考える前にヘッドハンティングをしてくれる企業も出てきますから、意識するようにしましょう。