手取り20 万円で生活可能?現実問題を徹底調査!

就職や転職をするときにチェックする項目のひとつとして収入があります。職業や業種にもよりますが、一般的に大卒初任給の平均額が20万円代といわれていますが、この金額は実際には多いのか少ないのか疑問が残ります。1人暮らしなら? 家族がいたら? 貯金はできるのか…。など色々なシーンを想定してその暮らしぶりを見ていきましょう。

手取りの計算ってそもそもどうすればいいの?

給料明細を手渡され見てみると、額面と実際の振込み額が違う…。そうです、みなさんすでに知っていらっしゃるかと思いますが、給与明細書の額面通りの金額が手取り給与を指すわけではありません。手取りとは、毎月会社から支払われるお給料から、所得税や雇用保険料や健康保険料、厚生年金保険料などを差し引かれた金額のことで、実際に自分に振り込まれるお金。つまりが毎月の生活費ということです。 住んでる地域や所属している健康保険組合などにもよりますが、差し引き金額を考慮すると、20万円の手取り=額面は23万から24万円ほどとなります。

“手取り”はどう算出される?

待ちに待った給料日。給料明細を手渡され見てみると、額面と実際の振込み額が違う…。 そうです、みなさんすでに知っていらっしゃるかと思いますが、給与明細書の額面通りの金額が手取り給与を指すわけではありません。 手取りとは、毎月会社から支払われるお給料から、所得税や雇用保険料や健康保険料、厚生年金保険料などを差し引かれた金額のことで、実際に自分に振り込まれるお金。つまりが毎月の生活費ということです。 住んでる地域や所属している健康保険組合などにもよりますが、差し引き金額を考慮すると、20万円の手取り=額面は23万から24万円ほどとなります。

手取り20万円の仕事ってどんなものあるの?

それでは手取り20万円の仕事についてどんな職業があるのか見てみましょう。 仕事を14種の業界に分けて平均年収を算出している、国税庁の「民間給与実態統計調査」の「業種別平均給与」によると、賞与をもらえることを前提としてサービス・飲食業を除くほとんどの業種で平均的に年収は300万円を超えています。 つまり、正規社員として働いていれば多くの業種で手取り20万円もらえるということです。

手取り20万円の生活のイメージは?

では次に手取り20万で1人暮らしをした場合は、どんなものにどれだけかかるのでしょうか。具体的に整理していきましょう。 「家賃」「食費」「日用品代」「光熱費(ガス、電気)」「水道代(2カ月に一回の支払い)」 「通信費(携帯代など)」「交際費」などが主な出費です。そしてこの中で家賃などの毎月同じ額を支払う「固定費」と通信費などの月によって変わる「変動費」があります。 節約するにはこの変動費を見直せばOK。また日用品なども、安いときに必要な分だけを購入するなど調整すれば余裕で暮らせそうです。

手取り20万円の生活で貯金はできるの??

多くも少なすぎるわけでもない手取り20万円の生活ですが貯金はできるのでしょうか? 老後などのことを考えると働き始めた時から、毎月少しずつでもこつこつ貯めていくことが大切です。 先ほどお伝えした、生活費の内訳を見直すことにより、貯金ができる可能性は十分にあります。 その為にはいくつかがまんをしなくてはいけません。 その見極めとなるのが、自分にとって何が大切かです。例えば、比較的家にいえる時間を大切にするならば、交際費や食費を削って家賃に回すなどです。 逆に、友人や職場の人との付き合いを大事にし、家にあまりいない人は、家賃を低めに設定し、食費や交際費を少し多めにしましょう。 こうして事前に今の自分が気持ちよく暮らす為には、どれにいくらかけたいかを計算しておくと良いでしょう。そしてその少し余裕あって無理のない額を毎月貯金しましょう。

手取り20万に関するまとめ

手取り20万での生活はシングルで暮らす分にはわりと有意義に過ごせそうですが、結婚や家族を持つとなるとなかなか厳しいものがありそうです。そこで転職や就職の際にチェックしたいのが年齢別のお給料。20代後半から30代前半にかけて手取りで30万円前後もらえるような会社で働くのが望ましいですね。