給料が安い・上がらないときの対処方法。「給料が安い」は転職理由になる?

生活をしていくのには、資産が必要ですよね。 その資産を増やすために、私達は日々働いて、収入を得ています。 働くことは、収入に直結しており、生きることにも繋がっているというわけです。 しかし、働いて得られる収入が少なかったり安すぎたりすると、生活をすることすら一苦労。やはり、働くからには少しでも多く給料をもらって、収入を安定させたいところですよね。 一方で、契約で1度決められた給料をより高いものにするのは、なかなか難しいことです。キャリアアップしたり、昇給したりすればよりたくさんの収入をことは可能ですが、それらは一筋縄ではいきません。 そこで今回は、給料が安かったり上がらなかったりした時、どのようにすれば良いのか、対処法をご紹介していきます。

給料が安い・上がらない理由

給料が安かったり、なかなか昇給できなかったりする場合の対処法を見ていく前に、そもそもなぜ昇給が難しかったり、仕事に対して給料が安かったりしてしまうのでしょうか? その理由について考えていきたいと思います。 昇給については、上司の方から話を持ちだしてもらえるケースもありますが、待っているだけではなかなか難しいものでもあります。 企業にとって、社員に支払う給料というのは、人件費になるわけですから、なるべく安く済ませたいのが本音です。 そのため、企業によっては、昇給願などが提出されないと、昇給に関する審議や選考を行わない方針の所もあるかもしれません。 そのような場合は、どんなに良い成績や働きをしていても、本人が昇給願などでアピールしない限りは、昇給することが難しいと考えられます。 自分から昇給できるような頼むのは気まずいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、待っているだけよりも昇給の確立は遥かに上がるでしょう。 また、普段の自分の仕事や態度を見直すことも大切です。 例えば、上司から言われたことや与えられた仕事だけしかしない方。 また、どんなに良い成績を残したり仕事をしたりしても、上司にアピールをしない方。 このような人々は、昇給することが難しいと一般的に言われているようです。

給料が上がらない時の対処法

毎月の給料にどうしても納得できないのであれば、より高い給料を支払ってくれる企業へ、転職するのも1つの方法です。 しかし、転職は簡単にできることではありませんよね。 更に、転職したものの、退職金がどうなるのかなどは、また別の問題。退職金や福利厚生などの待遇を考えると、最終的には転職しない方が稼げたというケースも、有り得ないことではありません。 とはいえ、給料の金額や、業務内容や時間と給料のバランスに不満があって転職を考える方は、少なくないでしょう。「給料が安い」は、「転職の動機」にはなり得るというわけです。 もし、給料が安い為に転職を決意したとしても、転職活動中に志望企業などで「転職理由」として「給料が安い」と話すのは、避けましょう。 基本的に、転職活動の書類や面接で転職理由などを話す際は、ネガティブな内容は避けた方が良いと言われています。志望企業に、「愚痴が多い人」「採用しても、またすぐ辞めてしまいそう」などと思われる可能性がある為です。 その為、「給料が安い」という理由で転職を考えたとしても、本音と建て前を使い分け、「前職の給料が安いので、転職を決意しました」とは、話さないようにしましょう。

給料が上がらない時の対処法として副業の選択肢も

「今の企業では昇給は望めない。 でも、転職はリスクが大きい…」という場合、給料アップは諦めるしかないのでしょうか? 結論から言うと、昇給やキャリアアップ、転職以外にも、毎月の収入を増やす方法はあります。その方法とは、副業をすることです。 しかし、副業は企業によっては、できない場合もあります。会社の規約で副業が禁止されている場合、それを破ることでペナルティなどが発生する可能性も。 そのような決まりがある企業に勤めている方は、副業で収入を増やすのは、やめておいた方が無難ですよ。 また、残業代によって給料を増やす場合と同様に、労働時間は長くなります。体力の消耗なども激しくなるので、副業をする際は健康管理にも気を付ける必要があります。

労働時間などに対して、あまりにも給料が安い場合は要注意

今回は、給料が上がらなかったり、安いと感じたりしている時の対処法についてご紹介しました。 昇給願を提出してみたり、業績を上げたみたり。 また、副業や転職活動を始めるなど、給料を上げる為の対処法はいくつかありますが、現在の給料が労働時間に対してあまりにも安い場合などは、要注意。 ブラック企業の可能性もあります。 ちなみに、業界や職種、年齢などに関係なく統計されたデータによると、2015年の労働者全体の平均年収は440万円だそうです。 この440万円という金額より給料・年収が安いからといって、必ずしもブラック企業であるとは言いきれません。 しかし、こういった基準と自分の給料を比較してみて、自分の給料の方が明らかに安い場合は、ブラック企業である可能性も考えた方が良いでしょう。

まとめ

業績を上げたり昇給願を提出したりといった、自分の努力で給料が上がる可能性も十分考えられます。 また、転職や副業、残業時間を利用すれば、給料や1カ月あたりの収入を上げれらる可能性は高いでしょう。 給料を上げる方法はたくさんあり、可能性は無限大。自分の状況や性格に合ったやり方で給料をアップさせて、より豊かな生活を送れるようにしましょう!