年収1000万円、2000万円だと手取りはいくら?割合はどれくらいいる?

国税庁が毎年出している「民間給与実態統計調査」によると、年収2000万円以上の所得を貰っているサラリーマンは全体の0.4%という調査結果が出されております。 特に会社に勤めながら年収2000万円を貰う人はもっと少なく、そのほとんどが経営者や取締役といった会社内部でもかなりの上位の幹部クラスが貰う所得と言えます。 年収1000万円を超えた人でも、次の目標として年収2000万円まではかなりのハードルがあることが分かります。 年収2000万円の方の手取りは幾らなのかについて、次項目からご紹介したいと思います。

年収2000万円は手取りで1200万円程度に!

年収2000万円以上の方の手取りは大体1200万円と言われています。 ・基礎控除や社会保険控除、生命保険控除等々諸々差し引くと給与所得は1750万円程度。 ・上記で産出された1750万円が課税対象。 ・大体500万円近く所得税が掛かるので、残りは1250万円前後。 年収2000万円の方々は、毎月の手取りが100万円となります。

手取り1200万円ってどんな生活?

年収2000万円、手取りで1200万円の方の生活は良い暮らしをしていますね。 持ち家一戸建てに暮らすか、分譲マンションを購入することも可能ですし、別荘やタイムシェアホテルの権利を購入するといった資産形成に回す余裕が出てきます。 また、毎月コンスタントに多額の貯金をすることも出来ますし、海外旅行にも毎年行くこともできます! もっとも、年収2000万円を貰うということは、仕事もそれなりに大変であるということです! 年収2000万円貰っている多くの方は遊びに行く余裕がないという方です。 したがって、メリハリのあるお金の使い方をする方が多いように見受けられます。 使う時にはドーンと使う!しかし普段の生活は一般水準。といった方が多いです。

まとめ

年収2000万円、手取り1200万円を獲得するためには非常に長い道のりがあります。 また、年収2000万円の多くは経営層なので出世をしなければなりません。 出世するためには実力はもちろん、会社内での政治力も必要になってきます。 しかし働く上で目指すべき年収は2000万円、手取り1200万円で良いと思います! IT業界では新たなサービスがどんどん立ち上がっていますので、そこで結果を出すことが出来れば経営層も夢ではありませんので、頑張って下さい!