30代・40代が「転職成功率」を上げるためのポイント

誰でも成功する転職をしたい。『成功する転職』にするには就職活動の時から努力や工夫が必要です。転職をする時は、誰しも何かしらの理由があって転職をします。理由は“他にやりたい仕事がある。”“給与や勤務時間に不満がある。”“転勤がない企業に就職したい。”など様々です。 同じ転職理由でも、30代と40代では努力や工夫の方法が違います。それは、求める収入や現在の職業スキル・家族構成が違うからです。成功する転職のポイントと30代と40代、それぞれの転職成功の考え方・努力や工夫をまとめてみます。

30代・40代。転職成功率アップの共通点

30代でも40代でも『成功する転職』には共通点があります。 第一に、転職理由をはっきり認識することです。“なぜ、今、転職をしたいのか?”頭の中で考えるだけでなく、紙に書けるぐらいはっきり認識しましょう。 収入アップを目指して転職したはずなのに、転職したら収入ダウンしてしまった。転勤のない会社に転職したつもりだったのに転勤があった。技術職を希望していたのに、営業だった。このように後悔してしまう『成功しなかった転職』の話はいっぱいあります。“どうして転職したいのか。”就職できるまでぶれることなく、妥協せず、強い気持ちを持って就職活動をしましょう。 第二に、自分の今の職業スキルを客観的に認識することです。 成功する転職には、職業スキルの自己アピールが正確にでき、かつ就職後そのスキルを発揮できることが大事です。転職してよかったと感じるには、転職後の周りの評価も重要だからです。そのために、自分の職業経験・技術・資格を客観的に見つめ直し、整理しておきましょう。できれば、第三者に内容を確認してもらい、自分の市場価値を再確認しましょう。

30代・40代の転職成功率は経験よりも「伸びしろ」に期待。

「この不況下では、企業は “きちんと仕事に取り組める人”を採用したいと思うものです。経験者の場合、以前のやり方に固執したり、経験があるからこそ頭でっかちになって柔軟性に欠けるなど、悪い意味で経験が邪魔をする時がある。 そのリスクを比較して、経験はなくとも『伸びしろが期待できる』未経験者に魅力を感じるというわけです。 そこで、伸びしろの大きそうな、できるだけ早く成長できそうな『本気度の高い人』を、厳選して採用しようと考えているのです」

30代・40代の転職成功率はは「共通のスキル」を探すこと

「やりたい」といくら熱く語ったところで、それだけでは意欲は伝わりにくいもの。 うわべだけのきれいごとに終止しても、何も心には残りません。アピールに説得力を持たせるためには、未経験なりにも前職で経験した「事実」を具体的に、かつ志望職種でも活かせることをアピールする必要があります。 一見、関係のない職種でも、希望する職種に求められるスキルを分析してみれば、これまでに得たスキルの中に共通するものが必ずあるはず。まずはその共通点を探すことから始めてみましょう。

30代・40代の転職成功率はリーダー経験を活かす

役職のあるなしにかかわらず、責任ある立場を任されたことは貴重な経験。大きなアピールの一つになります。 ただし、「課長として10人の部下をまとめた」と書くだけでは、採用担当者も評価しづらいところ。リーダー経験があれば誰でもいいわけではないからです。「与えられた場所で何を学ぼうと努力したか、自分なりにどう頑張って、どのような成果を残したか」こそが、採用担当者の知りたいこと。 そのうえで、その経験をどう活かしたいのかを具体的に伝えなくては、うわべだけの熱意しか伝わりません。 また、「独自の育成プログラムを企画した」など、リーダーとして行った仕事の中で、転職後に活かせそうな経験は必ず書きましょう。 ほかにも、業務で活かせる資格を独自に取得したなど、「その仕事に就くためにこれだけ頑張っている」ことが伝えられれば、採用担当者の印象に残る応募書類になるはずです。

まとめ:30代・40代の転職率は?!

いかがでしたでしょうか。 30代・40代の転職成功率はこれまでの経験を活かしつつ、 共通スキルを見出すことです。また、30代・40代もこれから伸びる世代となりますので、経験だけを評価されるのではなく、伸びしろも期待できることを見せつつ良い転職先を見つけ成功率をアップさせてましょう。