転職失敗する人の共通点や後悔しない転職術を一挙公開!

転職で失敗する人の共通点は5つあります。どれも共通して言えるのが現実逃避と転職後に過度な期待や希望を持ちすぎている事です。転職して後悔する前に自分自身が該当していないか確認していきましょう。詳しくは以下で詳細を解説していきますので参考にしてみてください。

転職に失敗しないために:転職後は別の職種を希望している人

転職で失敗する人の共通点1つ目は、転職後は別の職種を希望している人です。 なぜ転職後に別の職種を希望している人は転職後に失敗してしまうのでしょうか。 それは興味本位で転職してしまう事にあります。 例えば現在営業をしているとします。営業は毎日歩いて疲れるので、次は室内で体力的に楽に働けるように見える事務職を希望し転職したとします。 室内なので体力的には大変ではないでしょう。しかし黙々と作業をする事もあるため、営業の頃は外で体を動かす事が出来たのに、事務ではそうした事もできないためストレスで辞めたくなってしまうでしょう。 こうなってしまうと転職した事を後悔し営業職に戻りたいとまで思ってしまうでしょう。 このように興味本位での転職は後悔する可能性があるためしない方が良いでしょう。

転職に失敗しないために:何事も他人のせいにしてしまう人

転職で失敗する人の共通点2つ目は、何事も他人のせいにしてしまう人です。 なぜ何事も他人のせいにしてしまう人が転職後に失敗してしまうのでしょう。 転職する理由も他人のせいにしてしまう思考のクセが大きな原因です。 例えば前職でも他人のせいで辞めたとします。 こうした人は転職後も同じ理由で不満を溜めて辞めてしまうのです。 それは思考のクセがついてしまっているため、いつも転職を決める時は誰かのせいであり、自分は悪くないと思っています。 こうした悪い思考はどこかで断ち切らない限りいつまでもいつまでも続きます。 もしあなたもそうした思考のクセに思い当たる節があり、転職後に後悔したくないのでしたら、一旦立ち止まって自分を見つめ直す事をおすすめします。

転職に失敗しないために:海外勤務に憧れている人

転職で失敗してする人の共通点3つ目です。 海外勤務に憧れている人です。 なぜ海外勤務に憧れている人は転職で失敗するのでしょう。 転職先の国によっては日本よりも給料が下がってしまう国もある事や言葉の壁が主な原因です。 特にアジア圏は思っている以上に給料が日本で働くよりも下がります。 そして言葉の壁があります。現地の言語をしっかりと話すことができるのなら問題はないのですが、話せないのはかなり大きな壁です。 言葉が話せなくても有利な資格を所持しているならばアピールする事ができますが、言葉が話せないというのはそこまで大きな壁なのです。 そのため海外勤務に憧れている人は憧れだけで転職して後悔する可能性が高いです。海外でどうしても働きたいならばそれなりの覚悟が必要なのです。

転職に失敗しないために:将来の夢や目標が不明確な人

転職に失敗する人の共通点4つ目です。 将来の夢や目標の無い人です。なぜ将来の夢や目標が無い人は転職に失敗してしまうのでしょうか。 将来の夢や目標が明確でない事が原因です。 将来の夢や目標が無いという事はどこかに自分が求めている仕事を常に探している事になります。 そこで友人が転職で成功したり、仕事で成功した話を聞くと、羨ましくなり自分もそうなりたいと思って焦って行動してしまいます。 転職では焦りは禁物です。やりたい仕事や学びたい事が明確であれば良いのですが、このような考えでいると、手っ取り早く目の前にある仕事をなんとなく始めてしまうのです。 明確な目的も無く、友人を羨んで動くというのは良い傾向ではありませんよね。そのため将来の夢や目標の無い人は、なんとなく転職を始めて転職後にこんなはずではない!と後悔してしまうのです。 何か将来の目標を見つける事から始めた方が良いかもしれませんね。

現在の職場での実績がない・実績と言えるほどの内容じゃない人

転職に失敗する人の共通点5つ目です。 現在の職場で実績が全くない人です。 なぜ現在の職場で実績が無い人は失敗するのでしょうか。 転職とはつまり中途採用ですよね。中途採用に求められているのは即戦力であるため、現在の職場で実績が無いのは転職するにあたり不利ですし、転職後もできる事は限られているわけですから、前の職場の方が良かったと必ず後悔してしまう事でしょう。 新たな職場で新鮮な気持ちで働きたい気持ちは分かりますが、中途採用は一から育てる人材よりもそれなりの実績を持っている人をほしいわけですので、もし転職を考えているのなら、それなりに実績を積んでからでも遅くはないでしょう。

後悔しないための転職術:理想と現実の差を埋める事が重要である

後悔しないための転職術についてご紹介します。 実践する事で転職で後悔する可能性を減らす事ができます。 転職で二度と後悔したくないなら面倒でも実践し、次の転職先をあなたの天職にしていきましょう。以下に詳しく解説していきますので、参考にしてください。

リアルな体験談を聞く

後悔しないための転職術2つ目はリアルな体験談を聞く事です。 リアルな体験談とは実際にその業界で働いている人や面接先の企業の人と会い実際に話を聞いて見るのです。 また同じような業種の人や面接先の企業と取引をしている企業で働いている人に実際に話を聞いて見るのも良い方法です。 こうしたリアルな体験談を聴く事であなたの中のイメージとリアルな話の差異が少しずつ減っていくはずです。 自分の中のイメージとリアルな話の差を埋めていく事は大事な事ですので、積極的に行動していきましょう。

入社の前に労働条件通知書を確認

後悔しないための転職術5つ目は入社前に労働条件通知書を確認する事です。 これは面接で内定をもらい承諾した後のお話しになります。 入社の前に通知書との話の相違があって、入社日の前に内定を断った場合は、キャリアとして含まれなる事が無いので、次の職を探すために面接を受けても、職を転々としている悪い印象を持たれなくて済みます。 逆に言うと入社して1週間程度で自己都合で辞めてしまった場合は、悪い印象しかもたれないので入社前に事前に確認する事はとても重要になりますので、必ず労働条件通知書は確認しておきましょう。

後悔をしたからこそ見える物がある

今回は転職で失敗する人の共通点と後悔しない転職術の話をしてきました。 転職を失敗してしまう人に共通している事は理想が高く、現実との差がある事です。まずは今の自分には何があるのか、何ができるのかをしっかりと見つめ直す事から始めていくのが大事な事だと分かりましたね。 生きていると後悔する事が必ずあります。 しかし後悔したからこそ見えてくる物があるんです。 失敗は成功の母という諺があるように、失敗から見えてくる事が人生には多くあり、失敗したからこそ見えてくる物があるのです。 それは転職にも言える事ですね。後悔から失敗から見えてくる事の一つ一つを改善し生まれ変われば良いのです。一歩ずつでも良いのです。信じて進んでいきましょう。